大学受験専門プロ家庭教師が語る

慶應義塾大学 環境情報学部入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

「慶應義塾大学環境情報学部」入試傾向と科目別攻略法

慶應義塾大学は、その入試の出題内容・形式が各学部によって工夫がなされています。複数学部を併願する受験生は、各学部の傾向を分析し、学部間の比較をすることにより、慶應義塾大学受験に向けた効率的な勉強方法を確立しましょう。

環境情報学部

湘南藤沢キャンパス
神奈川県藤沢市遠藤5322
小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄ブルーライン
「湘南台駅」より「慶應大学行き」バス約15分
TEL 03-5427-1566(慶應義塾大学入学センター)
URL http://www.sfc.keio.ac.jp/top.html

※2016年度・一般入試データです

教科

科目

時間

配点

満点

合格平均点

(2016年度)

外国語

数学

情報

『数学または情報』『外国語』『数学及び外国語』の3つの中から1つを選択(いづれも同一試験時間内実施)

 数学:数学Ⅰ・Ⅱ・A・B

 情報:社会と情報・情報の科学

 外国語:

 (a)コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ

   (b)コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ、ドイツ語

 (c)コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ、フランス語

                  ※(a)(b)(c)のうち、いずれか1つを選択

120分

200点

400点

<数学選択>

数学:117点

小論文:148点

<情報選択>

情報:161点

小論文:148点

<外国語選択>

外国語:140点

小論文:159点

<数学・外国語選択>

数学・外国語:103点

小論文:158点

 

※2013年度以降の合格最低点は非公表である。

小論文

発想、論理的構成、表現などの総合的能力を問う

120分

200  点 

※数学Aは「場合の数と確率」・「整数の性質」・「図形の性質」を出題範囲とする。
   数学Bは「確率分布と統計的な推測」・「数列」・「ベクトル」を出題範囲とする。
※選択した受験教科の得点と、小論文の採点結果を組み合わせて最終判定を行う。

すぐに役立つ!科目別攻略法

環境情報学部の英語対策

総合政策学部と同様、1200~1300語前後の読解問題が2題出題されるというのが例年の傾向である。
大学入試レベルの英文としてはかなり高いレベルの英語力が要求される。論旨そのものは把握しやすいものの、選択肢を選ぶにはかなり精度高く内容把握が出来ていなければ解けないものも多い。また、語彙のレベルも高い。

英語 出題傾向

環境情報学部の数学対策

微分積分、場合の数・確率、図形と式、数列に関する問題がよく出題されている。また、慶應の環境情報学部では、長文の文章を数学的に読みこなしながら考えていく問題やパズルのような問題も出題されている。
これらの問題は、通常の学習ではあまり触れることがない特殊なものなので、注意が必要である。

※環境情報学部と総合政策学部は出題傾向が似ている。あえて違いを述べると、環境情報学部の方が微分積分の重要度がさらに増し、幅広い分野から出題される傾向がある。

数学 出題傾向

環境情報学部の小論文対策

環境情報学部は、幅広い視野を持ち地球的規模で「問題発見・解決」できる学生を歓迎しており、入試では「SFCでこんなことをやってみたい」という「問題意識」が問われる(同学部HPより)。
本学部は「文理融合」で「文に融合した理系」(同HP)という位置づけ。従って、文理を問わず学際的で多種多様な分野からの出題があるが、同学部の「理念」や「研究内容」を理解した上での「独創的なアイデア」を構想し提示する「プレゼンテーション能力」や、複数の資料を比較・分析して一定の連関を見い出して、そこから「見解」を論述する「情報処理能力」等が問われる。

小論文 出題傾向

慶應義塾大学トップページはこちら

慶應義塾大学への受験を控えている保護者様へ

慶應義塾大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な大学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な慶應義塾大学に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

大学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた大学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら
  • 慶應大学

  • 慶應義塾大学受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

その他の学部

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ