中央大学附属高等学校

高校受験専門プロ家庭教師が語る

中央大学附属高等学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

中央大学附属高等学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:60分
  • 満点:100点

※本校は例年、2回の筆記試験が実施されているが、ここでは「一般入試」についての説明。
「現代文」の大問2題(「論説文」と「小説」あるいは「随筆」)が定着している(2017年度も同。「古文」「漢文」は基本的に出題されない)。文章量は10000~15000字程度(本年度は約11000字)。解答数は60ほど(本年度は一気に増加して70)。「設問形式」は、「選択肢」「空所補充」「抜き出し」「乱文整序」「語句記述」など(本年度は「乱文整序」はなし。「説明記述」はほとんど出題されない)。「漢字の読み書き」や「総合的知識問題」は小問扱い。本校の特徴は、何といっても「文章量の多さ」だ。「問題文」だけでも優に1万字を超える。それだけではない。本校特有の「小問」で示される「説明文」がある(本年度は「小問」全24問中、11問)。それらだけで2千字以上に及ぶ(本年度は何と約5600字)。結局、全て合わせると1万数千字以上の「文章」を「読解」することになる(本年度は合計約17000字)。また、「選択肢設問」での各「説明」も長く(200字超のものがある年度も。本年度は最長で約120字)、「内容」も紛らわしい。「解答数」も多いので、とにかく厄介だ。圧倒的な「スピード能力」が必要となり、「完璧な対策」が求められる。100点満点。試験時間は60分。

数学の攻略ポイント *

  • 試験時間:60分
  • 満点:100点

関数、平面図形、立体図形については、他校と同じように大問としてよく出題されている。
本校の場合、数の性質に関する大問もよく出題されているのが特徴的である。小問まで含めると、非常に幅広い分野から出題されていると。どの分野もしっかりと学習しなければならない。

英語の攻略ポイント

  • 試験時間:60分
  • 満点:100点

リスニング問題、部分英作文、グラフの読み取りなど様々な事項を問うのが中大付属の特徴であるが(今年度は正誤問題が姿を消した。)、やはり、配点の多くを占める長文読解問題をいかに克服するかが合格に直結するだろう。
標準的な英文ではあるものの、かなりの量を読まなくてはならないため、速読力の向上は必須である。

学校概要

学校 中央大学附属高等学校
偏差値 2016予測偏差値 男 SS46 女 SS46(サピックスオープン80%)
併願校 「私立高校」では青山学院中央大早大学院など、「都立高校」では国分寺・立川日比谷など、「県立高校」では川和・川越・湘南などが多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 2016年度について、一般入試の倍率は男子2.97倍、女子2.64倍、推薦入試の倍率は男子2.71倍、女子2.10倍だった。また、一般入試の合格最低点は男子202点、女子197点(/300点)、推薦入試の合格最低点は男子230点、女子228点だった。推薦入試の出願資格については、3年生の必修9教科の5段階評定に1.2の評定を有しないこと、諸活動等へ積極的に参加していることなどがある。ただし、試験科目に小論文があるので注意すること。2016年度の入試問題が一般入試、推薦入試共に当学校のHP掲載されているので確認することをお勧めする。
進学実績 中央大学へは卒業生総人数の95%前後の推薦枠があり、毎年85~95%が推薦で中央大学へ進学している。また、2016年度の他大学の合格実績は、国公立大学で筑波大学2名、お茶の水女子大学1名、首都大学東京1名等、私立大学で早稲田大学13名、慶応大学5名、上智大学19名、明治大学5名等、有名大学への合格者を輩出している(数字は既卒含む)。
*是非本サイトでご確認ください。
その他 独立棟3階建ての図書館があり、16万冊の所蔵資料と4500タイトルの視聴覚資料が収められている。また年間行事も様々な行事があり、1年時のオリエンテーション旅行や3年時の研究旅行(希望者)、英国短期語学研修、古典芸能鑑賞教室、歌舞伎教室などバリエーションに富んでいる。
基本情報 所在地  〒184-8575 東京都小金井市貫井北町3-22-1
最寄駅  JR中央線「武蔵小金井駅」京王バス約6分「中大附属高校」下車、西武新宿線「小平駅」銀河鉄道バス約12分「中央大学附属中学・高等学校」下車
連絡先  ℡: 042-381-5413
沿革   昭和23年設立。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を厳選

中央大学附属高等学校の入試に精通し合格実績がある「高校受験対策プロ」には、「志望校合格」のために生徒一人ひとりにとって効果的な学習計画を立て、実行させるためのノウハウがあります。

リーダーズブレインのご紹介はこちら
  • 中央大学附属高等学校

  • 中央大学附属高等学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ6F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ