東京学芸大学附属高等学校

高校受験専門プロ家庭教師が語る

東京学芸大学附属高等学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

東京学芸大学附属高校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

国語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

「現代文」2題(「論説文」と「小説」あるいは「随筆」)、「古典」1題(「古文」がほとんどだが「漢文」も出題される。2016年度は「漢文」あり)の大問3題が基本(本年度も同)。
文章量は7000字ほど(「古典」を含む。本年度は減少して約6000字)。
解答数は30程度(本年度は27)。「設問形式」は、「選択肢」(「設問内容」は多種多様)と「記述」(「抜き出し」や「語句」「記号」などで、「説明記述」は基本的に出題されない)。
本校の特徴は、他校と比べて相対的に「古典」の配点比率が高いこと(本年度は約1/4)。したがって、「古典対策」がひとつの鍵となる。また。「内容読解の選択肢設問」の判別が紛らわしいものが多く、「設問条件」も複雑なので相当の力量が問われる。
さらに、「総合的知識問題」では「高度な語彙力」のみならず、「口語文法」も含めた「あらゆる知識」が問われると心得ておきたい。
尚、「マーク式解答」と「記述式解答」とが混在しているので、「記入ミス」には要注意。
100点満点。試験時間は50分。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】
【大問二】
【大問三】

国語の学習法・攻略法をもっと見る

数学の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

本校の大型問題では、「関数」「平面図形」「立体図形」に関する問題がよく出題されている。小問集合では、幅広い分野から出題されていて、私立高では出題されることが少ない「資料の整理」の問題も出題されることがある。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と一行問題
【大問2】一次関数
【大問3】二次関数
【大問4】平面図形
【大問5】平面図形

数学の学習法・攻略法をもっと見る

英語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

長文問題が配点の8割以上を占める。さらに設問も本文の内容を正確に読み取らなくては答えられないように作成されており、本物の読解力が試される問題となっている。精読力・速読力をバランスよく鍛えていく必要があるだろう。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】リスニング問題
【大問2】長文読解問題
【大問3】長文読解問題
【大問4】長文読解問題

英語の学習法・攻略法をもっと見る

学校概要

学校 東京学芸大学附属高等学校
偏差値 2016予測偏差値 男 SS62 女 SS60(サピックスオープン80%)
併願校 開成早大学院慶應義塾などが多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 当高校の入試は、1次で5教科の学力検査、2次で面接が行われる。平成28年度一般入試の実質倍率は、男子は6.17倍で近年で最も厳しい入試になった。女子は3.42倍で安定した入試が続いている。また、平成28年度面接該当者の学力検査得点において、男子の最低点は386点、女子は363点であった(男女ともに500点満点)。なお、平成28年度は附属中学から214名が当高校に合格している。
進学実績 平成28年度大学合格実績について、国公立大学は、東京大学に57名、京都大学に8名、一橋大学に19名、東京工業大学に13名、筑波大学に5名等、私立大学は、早稲田大学に176名、慶應義塾大学に143名、上智大学に36名、東京理科大学に87名、明治大学に94名等、難関大学へ多数の合格者を輩出している(数字は既卒含む)。
是非本サイトでご確認ください。
その他 当高校は、平成24年度から文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール」の指定を受けており、「知的総合力を持ったリーダーの育成」「化学的理解に基づいて行動できる市民の育成」を目的とした取り組みを行っている。また、早くから情報教育にも力を入れており、あらゆる教科でのコンピューターネットワークの活用など、常に先進的な情報教育を行っている。教科行事も豊富で、現代劇鑑賞、古典劇鑑賞、地理実習、野外実習、社会・科学見学実習など、校外に出て学ぶ授業も行っている。
基本情報 所在地  〒154-0002 東京都世田谷区下馬4-1-5
最寄駅  東急東横線「学芸大学駅」徒歩15分、東急田園都市線「三軒茶屋駅」徒歩20分
連絡先   ℡: 03-3421-5151
沿革   昭和29年開校。
  • 東京学芸大附属高等学校

  • 東京学芸大学附属高等学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ