早稲田大学本庄高等学院

高校受験専門プロ家庭教師が語る

早稲田大学本庄高等学院の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

早稲田大学本庄高等学院の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

国語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

語彙力・読解力の2つの分野から出題される。語彙力は、難易度の高い文章を読むために、書き言葉に慣れておく必要はある。読解力は、細かな択一や抜き出しが中心となっている。また、古典(古文・漢文)は、長文としては出題されていないが、古典教養は必要となる。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
[大問1]長文読解(説明文 約3000字)
[大問2]長文読解(説明文 約3000字)

国語の学習法・攻略法をもっと見る

数学の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

計算分野・図形分野ともに、高い思考力が求められる。単元としては、図形の融合問題の比率が高いので、解法に精通できるように、演習を重点的にしておきたい。また、記述式の解答が求められているので、対策が必要になる。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】出題単元:四則計算、因数分解、確率、平面図形
【大問2】出題単元:関数と平面図形の融合問題
【大問3】出題単元: 関数と平面図形の融合問題
【大問4】出題単元: 立体図形、三平方の定理

数学の学習法・攻略法をもっと見る

英語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

出題方針が明確であり、毎年、高校受験の最高難易度の長文が出題される。長文に沿って、語彙力・文法力・読解力の3つの分野が問われる。また、英文和訳・和文英訳(英作文)も、ほんの数問だが出題される。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】長文読解(説明文 約580語)
【大問2】長文読解(説明文 約370語)

英語の学習法・攻略法をもっと見る

学校概要

学校 早稲田大学本庄高等学院
偏差値 2016予測偏差値 男 SS55 女 SS57(サピックスオープン80%)
併願校 「私立高校」では早大学院慶應義塾志木開成など、「都立高校」では西日比谷など、「県立高校」では浦和・浦和一女・大宮などが多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 2016年度の入学試験結果について、一般入試の実質倍率は男子で3.2倍、女子で5.0倍、自己推薦入試(α選抜)の倍率は男子で2.3倍、女子で4.8倍であった。また、自己推薦入試(α選抜)の出願資格については、中学校第1学年から第3学年2学期末までの9教科5段階評価の合計が115以上で、各学年における9教科5段階評価に1または2を含まないことなどがある。なお、過去の入試問題がHPに公開されているので確認することをお勧めするhttp://www.waseda.jp/inst/admission/others/attached/past-test/
進学実績 2016年の3月卒業生は321名、うち319名が早稲田大学に進学した。
*是非本サイトでご確認ください。
その他 当学校は文部科学省から平成27年度スーパーグローバルハイスクールの指定を受けている。また、スーパーサイエンスハイスクールにも2002年度に指定校となっており、2005年度には再指定を受けた。国際交流も盛んで、シンガポールや台湾、韓国には姉妹校、アメリカ・インドネシア・タイ・中国などの高校とも交流を深めている。
基本情報 所在地  〒367-0032 埼玉県本庄市栗崎239-3
最寄駅  JR高崎線「本庄駅」徒歩30分、または南口から路線バス「栗崎」下車徒歩10分、スクールバスも利用可
連絡先  ℡: 0495-21-2400
沿革   昭和57年開校。
  • 早稲田大学本庄高等学院

  • 早稲田大学本庄高等学院受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ