早稲田大学高等学院

高校受験専門プロ家庭教師が語る

早稲田大学高等学院の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

早稲田大学高等学院の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

国語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

読解力を中心に出題され、細かな択一や抜き出しが中心となっている。語彙力への配点は低いが、難易度の高い文章を読むために、書き言葉に慣れておく必要はある。また、古典の出題があるので、対策は必要となる。なお、記述力については、国語とは別科目として、小論文が設けられている。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
[大問1]長文読解(説明文 約4000字)
[大問2]長文読解(説明文 約3800字)
[大問3]長文読解(古文 約400字)

国語の学習法・攻略法をもっと見る

数学の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

計算分野・図形分野ともに、高い思考力が求められる。単元としては、例年、数の性質と、関数と平面図形の融合問題からの出題が続いている。また、すべての設問で、記述式の解答が求められているので、対策が必要になる。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】出題単元:数の性質、約数と倍数
【大問2】出題単元:円と接線、特殊な直角三角形、相似
【大問3】出題単元: 関数と平面図形の融合問題
【大問4】出題単元:数の性質

数学の学習法・攻略法をもっと見る

英語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

出題方針が明確であり、毎年、高校受験の最高難易度の長文が出題される。
長文に沿って、語彙力・文法力・読解力の3つの分野が問われる。一方で、リスニングなどの聴く分野と、英文和訳・和文英訳(英作文)などの書く分野からは、ほとんど出題がない。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】長文読解(物語文・会話文 約900語)
【大問2】長文読解(説明文 約800語)

英語の学習法・攻略法をもっと見る

学校概要

学校 早稲田大学高等学院
偏差値 2016予測偏差値 SS56(サピックスオープン80%)
併願校 「私立高校」では、早稲田実業慶應義塾立教新座、「都立高校」では、日比谷西国立、「県立高校」では、横浜翠嵐・湘南・浦和などが多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 一般入試では、2016年度の実質倍率が2.5倍、2015年度は2.6倍、2014年度は2.4倍となっている。なお、自己推薦入試の場合、中学校3年次第2学期の学期成績が、9教科合計(5段評価)で40以上、3年間の欠席合計が30日以内であることが条件になる。自己推薦入試の倍率は、2016年度の実質倍率が1.3倍となっている。また当高校では、海外帰国生も積極的に受け入れている。なお、過去の入試問題がHPに公開されているので確認することをお勧めする。http://www.waseda.jp/inst/admission/others/attached/past-test/
進学実績 2016年3月の卒業生は444名が早稲田大学へ内部進学している。内訳は、政治経済学部に110名、法学部に85名、基幹理工学部に45名、創造理工学部に47名、先進理工学部に42名、商学部に45名などとなっている。
是非本サイトでご確認ください。
その他 早稲田大学建学の精神に基き、一般的教養を高め、健全な批判力を養い、国家及び社会の形成者として有為な人材を養成することを教育目的としている。また、文部科学省からスーパーグローバルハイスクール、スーパーサイエンスハイスクールに指定されている。
基本情報 所在地  〒177-0044 東京都練馬区上石神井3-31-1
最寄駅  西武新宿線「上石神井駅」徒歩7分
連絡先  ℡:03-5991-4151
沿革   大正9年創立。
  • 早稲田大学高等学院中学部

  • 早稲田大学高等学院受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ