大学受験プロ家庭教師 上智大学 経済学部 数学
大学受験専門プロ家庭教師が語る

上智大学 経済学部 数学
入試対策と勉強法

出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

上智大学 経済学部 数学

ここでは、上智大学の経済学部を目指す方に対して、数学の試験の出題傾向や試験合格のための勉強法、さらに、おすすめのテキストをご紹介いたします。なにから始めればいいのかわからない、効率的に勉強したい受験生は、ぜひ参考にしてください。

上智大学経済学部 数学試験の出題傾向とは

出題範囲(分野)

大問の数は少ないですが、微分積分、場合の数・確率、数列、ベクトルなど幅広い分野から出題されています。
また、いくつかの分野を融合した大問も出題される場合があります。特定の分野のみに偏った学習はなるべく避けた方がよいでしょう。

出題量と時間配分

問題の難易度は標準からやや難レベルのものが中心であり、極端に難しい問題は出題されていません。ただし、処理に手間のかかる問題もあり、試験時間は短めです。
各大問は、序盤が易しく、後半に進むにつれて処理量が増え、難しくなっていく場合が多いです。時間に注意して、まずは各大問の序盤を確実に解くことが重要といえます。

出題形式

大問が3題出題される形が続いています。ただし、1つの大問に異なるテーマの問題が複数出題される場合もあります。
大問の数が少なく、1つの大問で多くの設問が用意されています。大問の序盤でミスをすると、その大問の大半を失う場合があるので、ミスにはくれぐれも注意する必要があります。

解答形式

すべて空欄補充式の問題となっており、部分点は存在しません。空欄には数字のみがあてはまりますが、桁数は解答欄からは判断できないようになっています。ただし3桁以上は入りません。途中式などは不要なので、途中式を必要以上に書く必要はありません。

 

上智大学経済学部 数学試験を攻略するための勉強法

入試問題の難易度は、標準からやや難レベルです。処理速度が重要になるので、典型的な問題は、素早く解くことができるように十分に練習しておく必要があります。実際の入試では、問題を解くのにかかる時間を予測して、解く問題を取捨選択する能力も必要です。問題の難易度や処理量の見極めも意識して学習するとよいでしょう。
ただし、各分野の土台を固める段階では、処理速度を追い求めるよりも丁寧な学習を心がける必要があります。最初からスピードを追い求めても、順調に学習を進めることはできません。ある程度土台を固めたうえで、手を動かしながら練習を繰り返すことで、処理速度が上がってくるはずです。
また、処理量の多い問題も出題されるので、単純な基礎練習だけではなく、応用問題にも取り組んでいかなければなりません。入試では答えのみが採点対象となるので、精度の高い計算力が要求されます。面倒な計算でも嫌がらずに手を動かすことが重要です。

入試問題の傾向を考えると、頻出分野に偏り過ぎた学習は望ましくありません。頻出分野を強化するとともに、極端な苦手分野をなるべく作らないことも心がけましょう。上智-経済の数学では、難問を正解することよりも、正解すべき問題で確実に得点を重ねていくことが重要です。

微分積分

重要な分野であることはいうまでもありません。かなり面倒な計算が必要な場合もあるので、十分な練習が必要です。

場合の数・確率

微分積分と同様に、非常に重要な分野です。この分野は特に丁寧な学習が要求されます。じっくり考えながら問題演習をするのがよいでしょう。
間違えた問題は、原因を徹底的に追究しなければなりません。また、いろいろな解法を考えることも重要です。

図形と式・ベクトル

出題パターンが多く、学習に時間がかかります。まずは典型的な解法の習得に集中し、正解すべき問題を正解できるようにしておいてください。
応用問題の演習は後回しでもよいでしょう。

 

推奨テキスト

ここからは、勉強に役立つテキストをご紹介します。テキストには相性がありますので、できるかぎり書店で手にとって確かめることをおすすめします。

(1)『青チャート』(数研出版)
青チャートは推奨するというより、持っている人が多いので、使い方を中心としたアドバイスをします。
いわゆる網羅系参考書です。問題量が非常に多く、一部に重たい問題も見られるので、すべての問題を解く必要性はありません。初学者向けの問題もあるが、ある程度学習が進んだ人向けの問題も載っています。したがって、学習段階によって使い方が変わります。適切な指導者にアドバイスをもらいながら使うのがよいでしょう。

(2)『Z会数学基礎問題集 チェック&リピート』(Z会出版)
教科書・網羅系参考書を一通り学んだ段階で、定着度を確認するのにおすすめです。この問題集は、じっくり考えて取り組むというよりは、スラスラ解けるかどうか確認するためのものです。はじめは多少時間がかかってもよいが、スラスラ解けるようにしっかり練習しておきたいところです。場合によっては、くりかえし練習するのもよいでしょう。

(3)『大学への数学 一対一対応の演習』(東京出版)
網羅系参考書の補充用問題集として取り組むとよいでしょう。
黄チャートのように、比較的軽めの網羅系参考書で学習してきた場合は、この本に取り組むことを特におすすめします。なお、各分野を学び始めたばかりの段階では、この本に取り組むのは厳しいので注意が必要です。

(4)『数学重要問題集―数学ⅠⅡAB(文系)』(数研出版)
文系入試を意識した良問が多いです。また、解説も丁寧なので学習しやすいと思われます。問題がABCの3段階に分類されていますが、C問題は取り組まなくても、入試には対応できます。

(5)『厳選!大学入試数学問題集 文系142』(河合出版)
時間にゆとりがある受験生にはおすすめです。問題の難易度表示がないので、問題の難易度を見極める練習をすることもできます。

大学受験を成功に導く過ごし方とは

インタビュー=大学受験、「最後の一年」の賢い過ごし方とは?

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。
高校生活最後の一年の過ごし方は、合否を分ける重要なポイント。志望校合格を勝ち取るためには、どのように一年を過ごせばいいのか…ぜひ参考にしてください。

上智大学への受験を控えている保護者様へ

上智大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な大学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京大学に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた大学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

上智大学

上智大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。