医大・医学部受験プロ家庭教師 自治医科大学 生物の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

自治医科大学 生物
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

大問構成が存在せず、全分野の基礎知識が満遍なく単発的に問われている。つまり、医学部入試に多い発生、代謝、分子遺伝学に関わる応用的な考察・計算問題の比重が小さい一方、どちらかと言えば軽視されがちな植生、進化に関する問題も比較的出題されるのが特徴である。また、ヒトゲノムを構成する塩基対の数や各種細胞の大きさなど、数値に関する知識を前提とした問題が存在する点にも注意が必要。

出題量と時間配分

理科2科目80分で、選択形式の設問が25題。いずれも基礎レベルであるのに加え、正しいあるいは誤っている選択肢を複数選ぶ設問では予め選択肢の組み合わせが与えられているため、考え込まなければならないような問題はほとんど存在しないはず。慎重を期して1問1分程度を目安に解くのが良いだろう。

出題形式の特徴

説明記述の正誤判断、実験考察、計算問題が存在する。実験考察では知識よりも、実験結果から推測される仮説の妥当性への判断力を問われる傾向にある。計算問題は解答数値の候補が選択肢として提示されているうえ、大部分はきれいな数字で演算できるため、暗算でもこなせる程度の難易度である。

解答形式の特徴

全問、選択肢の中から1つだけを選ぶ形式である。計算問題や正しいあるいは誤った記述を複数指摘する選択肢問題であっても、数値や組み合わせの候補が予め提示されているため答えやすい。ただし、お膳立てがある分、正しいものを選ぶのか誤りを選ぶのかへの注意が散漫になりやすいので気を付けたい。

攻略のポイント

ほとんどが教科書的な基礎知識を問う問題で構成されており、難解な計算問題や実験考察問題は見られない。そのため、出題レベルのみを考慮すれば、応用的な問題集には全く手をつける必要がないと言っても過言ではない。むしろ、医学部入試であまり出題が見られない分野まで幅広く知識が問われているので、基礎レベルの問題を漏れ無く仕上げることが重要になる。

ただし、現実には本学のみを受験する医学部志望者は極めて少数であろう。併願する場合には、他の受験校を含めた入試対策の文脈中に本学の対策演習を落とし込まなければならない。その際留意すべきことは、様々な分野の知識が散発的に選択肢形式で問われるという出題傾向の特殊さゆえに、本学の過去問を解くことが他の受験校の入試対策にあまり役立たないという点であろう。特に、正文・語文の複数選択を求められる問題は、組み合わせが限定的に提示されていることで、1つだけを選ぶよりも却って答えの判断が容易になる場合がある。その結果、中途半端な知識のまま正解してしまうことにより、自分の理解が不十分である点が自覚されないまま放置される可能性がある。基本的なことではあるが、正解・不正解問わず、解説は確認するようにしよう。

本学を併願校として位置づける際には、他の受験校の過去問演習を優先させるのが良いだろう。もちろん出題頻度の低い分野まで基礎知識が身についているというのが前提ではあるが、他の医学部の問題できちんと得点する力があれば、本学の問題は、少なくとも生物に関して言えば障害にならないはずである。

他方、本学の合格を最終目標として見据えるならば、まず目指すべき所は教科書知識を満遍なく頭に入れることである。ある用語や現象に関する内容の理解を問う設問が多いため、一問一答式の用語集や穴埋め式のワークノートよりは、基礎レベルの問題で構成された問題集が有用だろう。何冊か用意して、同じ知識を多面的に確認できると良い。

推奨テキスト

『リードLightノート生物(数研出版)』

対象:生物の教科書に沿った学習に着手する者
教科書や参考書で学んだ内容の復習に最適。解説文中の穴埋めによる用語の確認、一問一答問題による用語の暗記、頻出の図表や実験を通じた基礎知識の復習という流れで構成されており、本テキストを地道に仕上げていけば、教科書レベルの知識はほぼ身につけられるはず。ただし、ホルモンや免疫など、ほとんど扱われていない重要分野が局在する点は残念。

『生物(生物基礎・生物)基礎問題精講(旺文社)』

対象:必修レベルの問題で基礎知識の運用を練習したい者
教科書の内容をひと通り頭に入れられたら、基本事項のアウトプットを通じて知識の再構築を図りたい。本書は問題の直後に精講(当該分野に関する知識のまとめ)と解説・解答が掲載されているため、特に基礎知識への不安が拭えない学習者にとっては使い勝手が良いだろう。

『生物の良問問題集[生物基礎・生物](旺文社)』

対象:必修レベルの問題で基礎知識の運用を練習したい者
記述式問題など解き応えのある設問が基礎問題精講よりも多い印象だが、様々な現象や実験の本質を理解するうえで、記述練習は良い学習になる。題名通り頻出の良問が多いので、取り組んでおいて損はない。本学の対策のみを考えるのであれば、必須問題までの演習で十分だろう。用語レベルで設問を検索できるので、基礎問題精講と併用し、特に理解を深めたい分野のフォローアップに用いても良い。

『MY BEST よくわかる生物問題集(学研出版)』

対象:自治医科大の解答形式に即した練習を行いたい者
問題集の中では、おそらく本書が自治医科大の入試問題に近い形式の設問を最も多く含んでいると思われる。上述のテキストをしっかり仕上げていれば敢えて取り組む必要も無いだろうが、本学を第一志望とするならば、過去問演習の前に一周させてみるのも良いだろう。
 

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

自治医科大学への受験を控えている保護者様へ

自治医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

自治医科大学

自治医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。