進学指導重点校グループ

難関校受験専門プロ家庭教師の視点

進学指導重点校グループ (日比谷高校・戸山高校・青山高校・西高校・立川高校・国立高校・八王子東高校)

進学指導重点校の特徴

難関国立大学や国公立大学医学部などへの進学実績の向上を目指し、且つ過去に進学実績があり、進学指導の組織的取り組みができる都立高校を重点校として指定し、東京都教育委員会が様々な支援を行っている都立高校。「国公立大学進学に対応した教育課程の編成」「自校作成問題による実力テストの実施」「土曜日や長期休業日等の補習・講習」「自習室の開放」といった取り組みを行う。また、学力面だけでなく、学校行事や部活動の充実、卒業生や各界の有識者による講演会の開催、生徒同士の関わり合いを重視、といった豊かな人間性や社会性を育む取り組みも併せて行っている。こうした取り組みにより、都立高校全体を牽引する役割も担っている。

各校の入試傾向と対策

26年度 都立進学指導重点校グループの入試傾向と対策

26年度 都立進学指導重点グループ数学問題の概要

数学問題出題形式

※学校名をクリックすると、該当校の「入試傾向と対策」を見ることができます。
※同グループ内で同じアルファベットの問題は、共通の問題です。(A、B…は難易度を表すものではありません)

数学日比谷戸山青山西立川国立八王子東
大問[1]

 

小問集合(1) A B

B

A B A B
小問集合(2) A F F C C B C
小問集合(3) B G G D E E F
小問集合(4) A B B B B C B
小問集合(5) A A A B A A B
大問[2]二次関数 独自 B B A A B B
大問[3]平面図形 A B B A A A A
大問[4]発展問題 A A A 独自 B A A

数学入試傾向と対策

知識自体は教科書の内容で十分であるが、それを徹底的に使いこなすことが求められる。
具体的には、「計算力」と「手を動かしながら考える習慣」の2点である。

「計算力」については、大問1でやや複雑な計算問題が出題されることに加え、それ以降の大問でも途中に出てくる計算が面倒なものであることが多い。速く、正確に、見直しもしやすいように途中式を残して計算することが求められる。進学指導重点校グループの問題は、問題文を見ただけで答えが浮かぶような問題はまず出題されない。問題文の条件を図示して、解答への道筋が見えてくるタイプの問題が大半である。日頃から「手を動かしながら考える習慣」をつけていきたい。

「手を動かして考える」とは、例えば、二つのサイコロを使った「場合の数」の問題であれば表を描いて考える、「グラフ」の問題であればグラフを自分で描き、そこに座標、グラフの表す関数、必要であれば求める変数を自ら文字で置き換えて書き込んでいくことなどを指す。簡単な問題であれば、表やグラフを描かずとも解ける、あるいはいい加減に描いても解けることもあるかもしれないが、このグループの出題レベルになるとそうはいかない。手を動かさずに頭の中だけで考えると、計算ミスをしたり、閃いた時はできるが閃かないとお手上げ、といった出来不出来の波が大きくなりやすい。出来不出来の波は意識だけでは抑えられないが、習慣づけならば今からでも始められる。日頃から手を動かして、得点力を安定させたい。

26年度 都立進学指導重点グループ国語問題の概要

国語問題出題形式

※学校名をクリックすると、該当校の「入試傾向と対策」を見ることができます。
※同グループ内で同じアルファベットの問題は、共通の問題です。(A、B…は難易度を表すものではありません)

国語日比谷戸山青山西立川国立八王子東
大問【1】漢字(読み) A A

A

A A A A
大問【2】漢字(書き) A A A A A A A
大問【3】文学的文章 A A A B A A A
大問【4】説明的文章 A A B A B A B
大問【5】古典 A B B B A A B

国語入試傾向と対策

漢字はややハイレベル、読解は問題によって難易度にばらつきがある。

大問1と大問2は、共通で漢字の読みと書きを試す問題。漢検3級から、一部それ以上の問題が出題される。大問3から大問5は文学的文章、説明的文章、古典の読解問題が出題される。問題文はいずれも標準的だが、問題によって設問の難易度にばらつきがある。
丁寧に本文から根拠を追えば満点が狙えるもの(文学的文章A、古典B)から、出題の意図が不明な難問を複数含むもの(古典A)、一部に紛らわしい設問や記述問題を入れてバランスをとっているもの(説明的文章全般)などさまざまである。しかし、問題ごとの難易度がどうあれ、受験において合格のためにすべことは、難問は飛ばし、正解すべき問題を時間内に正解するというシンプルな作業に尽きる。それには大きく分けて、「問題文が読めているか」ということと、「問題文を読めた上で、設問が解けるか」という2点にかかっている。

「問題文を読める」とは、説明的文章でいえば、指示語、接続後、話題に注意しながら、対比、具体例と主張、主張の言い換えを押さえつつ、文章のテーマを追っていけたかということであり、そのために必要な、問題文に出てきた言葉の意味とテーマについての背景知識を持っていたか、ということである。文学的文章でいえば、登場人物や場面に注意しながら、登場人物の動作、台詞、情景から登場人物の心情の変化を追えたか、ということである。

 問題文を読めたなら、設問の正解まであと一歩のはずである。その一歩を埋めるのが設問を解く手順、たとえば、「設問条件から答えの形を推測する」、「指示語を埋める」、「消去法を使う」といった方法である。特に、進学指導重点校グループ作成の国語には、200字程度で本文のテーマについて受験生の意見を記述させる問題が出題される。こうした自分の意見を述べる問題はあらかじめ対策をしておくかどうかで大きく結果が変わる問題である。問題文のテーマの要約、それに対する自分の意見、具体例、理由、これらを端的に短時間で整理して書き上げる練習をする必要がある。出来ることならば信頼できる指導者に添削してもらうことが望ましい。

問題文の読み方、設問の解き方も出来ることならば指導者の助けを借りたい分野ではあるが、どうしても独学でせざるを得ないのであれば『読解のテクニック』、出口汪の教材『解き方のわかる国語』を薦めておく。

テーマの背景知識は、文章の読み方がわかってきた段階で、数多くの問題文にふれることで身につけるとよい。言葉の意味については、問題文中に意味のあやふやな言葉が出てきたら辞書を引いて意味を調べることが基本である、漢字の学習をする際に、意味の付いた教材を使い、意味を一緒に覚えていくことも有効である。意味のついた漢字練習教材に『出口のシステム漢字』『ステップアップ1200』『ステップアップ1900』といったものがある。

26年度 都立進学指導重点グループ英語問題の概要

英語問題出題形式

※学校名をクリックすると、該当校の「入試傾向と対策」を見ることができます。
※同グループ内で同じアルファベットの問題は、共通の問題です。(A、B…は難易度を表すものではありません)

英語日比谷戸山青山西立川国立八王子東
大問【1】リスニング ※都立共通問題

 

大問【2】対話文 C独自 A B A A B A
大問【3】物語文・説明文 A B B B A A A

英語入試傾向と対策

ポイントは以下の3つ。

①大量の英文を時間内に読みこなす速読力
②文法的に正しい英文を作れること
③本文と設問から考える姿勢

都立進学指導重点校グループ問題と、都立の共通問題の英語とを比較してまず目を引くのは、問題文の量である。共通問題の長文が一問につき長いものでも2ページに満たないのに対して、グループ問題は3ページ以上になる。これだけの量をいちいち日本語に訳していてはとても時間内に解答できない。英文を左から右に英語の語順で理解していく、いわゆる「直読直解」ができるかが試されている。

次に、整序英作文の難易度にも注目したい。日本語から漠然と単語を並べたり、理解を伴わない例文の暗記程度では対応できないものが出題されている。「主語、動詞、目的語、補語という文の成分」、「文の成分がなれる品詞」、「前置詞句をはじめとした句」、「節の理解から英文を組み立てていくかまえ」が必要である。整序英作文以外の設問は、英文の意味を取れればさほど難しいものではないが、「場面から考える」、「本文から解答の根拠を探す」、「指示語がさしているものを考える」、「消去法」といった『読解の作法』が求められる。

単語のレベルはそれほど高くはなく、中学の教科書レベルが完全に身についていれば十分対応できよう(ただし日比谷の独自問題は除く)。教科書レベル以上の単語については、脚注で意味が示される。文法も一部の私立高校のように、高校で習う文法を要求するということはない。細かな知識よりも、英語文法の理解の正確さと、読み込んできた英文の量を問うている。

解答に際しては、英文を音読する速度で左から右に読んでいき、返り読みせず、意味を理解できることが前提となる。その際、空欄補充や整序英作文といった、全体を読まなくとも解答できるものを解答しておき、場面ごとの話題を大まかにつかむ。本文内容に関わる設問については、本文のどの部分が関係しているかを大まかにとらえ、本文に戻って解答の根拠を探す。あるいは問題文を読む前に、あらかじめ設問に目を通しておくのもよい方法である。ただし、その場合選択肢は読まないでおこう。先入観が入ることを防ぐためである。

①「速読力」
②「英文を文法から分析し組み上げていく力」
③「本文を理解したうえで正しい選択肢を選ぶやり方」

これら3つの力が必要となる。では、こうした力はどのような学習法をすれば身につけることができるのか。

「速読力」と「英文を文法から分析する力」はつながっている。文法的に理解した英文を大量に、音読、黙読を繰り返すことで英文を英文の語順でそのまま理解する力が鍛えられていく。

「英文を文法から分析する」と一口に言っても、いくつかのバリエーションがある。ひとつは、動詞、前置詞、接続詞などの前に切れ目をいれて、塊ごとに訳していく「スラッシュリーディング」と呼ばれる読み方。または、単語の品詞から出発して主語、動詞、目的語、補語、句、節とその修飾関係を明らかにしていく「構造分析」。あるいは「スラッシュリーディング」と「構造分析」を併用する方法もある。どの方法も一長一短あるので、指導者や学習者の手ごたえからやり方を選ぶとよい。

 ほとんどの東京都の公立中学校の授業では、「速読」も「文法的に英文を分析する方法」も指導されていないのが現状である。したがって、進学指導重点校の受験を志すのであれば、適切な指導者から指導を仰ぐか、自学自習する必要がある。高校生向けの英文解釈の入門書、たとえば『ビジュアル英文解釈』『基本はここだ』などは独習者の役に立つであろう。ただし、速読力の養成と英文の文法的な分析は、中学レベルの文法の理解、単語の習得が前提となる。公立中学で習う英語の内容があやふやなまま、速読と構造分析のトレーニングを始めても効率が悪いので注意してほしい。

 また、問題文の意味をつかめても、思うように点数がとれないことがある。そうした場合は、設問の意味をとらえて、本文から正解を考えていくやり方が身についていない可能性が考えられる。こうしたやり方は、国語の成績にも直結する。また、本来、国語の学習を通じて身につけるものでもある。問題の解き方を知らずに、いたずらに演習量を重ねても成績は上がらない。指導者から指導をうけるか、独習するならば、難関中学受験向けの『読解のテクニック』や、出口汪の一連のテキスト(論理エンジン)などが参考になる。いずれも国語の教材であるが、英語の問題を解く際にも役立つテクニックが身につけられる。ただし、文章の読み方が身についていない学習者が、独習をしても、テキストの解説を十分に理解できないまま進んでしまうことがままあるので、独習の限界を感じたらやはり信頼できる指導者の指導を受けたほうが賢明である。

 高校では、いくつもの短文が重なり一つの文となった複雑な英文を精確に和訳したり、公立中学校の英語の授業で扱った何倍もの量の英文を読み込んでいくことが求められる。高校での英語学習への正統な準備こそが自校作成問題への対策になる。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ