難関校受験専門プロ家庭教師の視点

青山高校の入試傾向と対策出題分野・問題の特徴・時間配分・攻略ポイント・学習方法

数学教科の出題傾向

26年度「青山の数学」総括

出題分野 平方根、二次方程式、確率、作図、平面図形、二次関数、空間図形
問題の特徴 小問がやや易しい印象。
時間配分

大問1における他校との問題の違いは誤差の範囲。作図に時間を掛けすぎない

ことも同様。大問3では着眼点に迷うかもしれない。ほかの大問については、

問1は完答必須。さらにそれ以外の標準的な問題を得点すること。

攻略ポイント 高校受験の数学で問われる解法を素直に使いこなすことが求められている。
学習法

学校の定期テスト対策だけでは不十分だが、極端に設定を複雑にしたり、

マニアックな知識を網羅した問題集、参考書は不要。

標準的かやや発展的な内容までのっている問題集を一冊仕上げる。

26年度 青山高校の数学の各問題特徴と時間配分

小問集合(1) B(平方根)

標準的な平方根の計算問題である。これも速く、正確に解答したい。教科書の章末問題または標準的な問題集のB問題レベル。テンポよく解答して次の問題につなげたい。万が一にも計算ミスをせぬよう、途中経過がわかるように計算過程を残しておき、見直しをすること。

<時間配分:1分>

小問集合(2) F(二次方程式)

標準的な2次方程式の問題。難易度は教科書章末問題レベルなので、確実に正答したい。

<時間配分:1分>

小問集合(3) G(円と角)

易しい求角問題。学校の定期試験対策の勉強をしていれば十分正解できるレベル。得点すべし。

<時間配分:1分>

小問集合(4) B(確率)

確率の文章問題。2つのさいころを投げたときのセオリーである「表を描く」という手順を踏めばすぐに正答できる。教科書例題レベルの問「場合の数」、「平方根」の各分野から抜き出して融合した問題。初見の問題であっても思考停止することなく、手持ちの解法を使って立ち向かう気概が試される。

<時間配分:3分>

小問集合(5) A(作図)

やや難問。難しさの要因は立体の特定の面に注目して、辺の長さを計算する必要性と、作図の定石である線分の垂直二等分線、角の二等分線の技法だけでは作図出来ないという2点にある。平方根の作図法をその場で思いつくか、前もって練習しておく必要がある。受験生の引き出しの多さを試す問題。5分間考えて閃かなければ、先に進むのが得策であろう。

<時間配分:5分>

【数量】二次関数 B(2つの二次関数)

問2までは標準的なレベル。完答すべし。問3は本格的な入試問題。正解までのプロセスがやや長いことに加えて、「頂点が共通な三角形の辺の比は面積比となること」を座標の差と関連づけて利用しなければならない。このプロセスは公立中学校の定期試験で扱うレベルを超えている。それでも、後の発展的な内容の問題に比べれば方針も見つけやすく平易なので、この問題を完答できたかで差がついたのではないかと思われる。
(問1)学校ワーク章末問題レベル。即答したい。
(問2)これも図を描いて値を書き込んでいけば自然に解ける。標準的な問題集の章末問題レベル。「原点を頂点にもつ三角形の面積はy座標を底辺として2つ分割して求める技法」が鍵。
(問3)直線と放物線から交点の座標を求める、面積の2等分といえば三角形の等積変形、三角形の面積比と底辺の比、という3つのプロセスを踏む必要がある。これを正解するには発展的な問題集をこなしていく必要があろう。

<時間配分:(問1)2分(問2)3分(問3)5分>

【図形】平面図形 B(正方形の折り返し)

中学受験でもおなじみの、正方形の折り返し問題に、都立の共通入試を意識したと思われる、求積、文字を使った角度の記述、証明という設問をつけた。一見易しそうだが、注目する部分を誤るとどつぼにはまる恐れもある。
(問1)面積を問われている部分に注目して折り返しの条件を使うと三平方だけですんなり解ける。相似な図形が複数あることに注目して、そこからアプローチしようとすると寧ろ解けない。
(問2)(1)折り返しの条件を使って∠MEFをa°を使って表すことができるかが鍵。(問1)同様、難しく考えないことが明暗を分かれたものと思われる。
(2)2直線が平行であることを証明するにはなにが必要か。問題文で与えられている唐突な条件。この2点に注目すれば相似な直角3角形に注目することは自然な流れであろう。
素直に典型的な問題を解かせる見本のような問題。いたずらに条件が複雑な問題でない良問を数多く解いてきた受習生は難なく正答したと思われる。寧ろ、難関対策にさまざまなテクニックを身につけた受験生のなかには、空振りの試行錯誤をして時間を使ってしまった者もあるかもしれない。学校の傾向を研究して、解法のレベルを予測せよという、過去問演習の効用を示す好例。

<時間配分:(問1)4分(問2)(1)4分(2)5分>

発展問題 A(立方体と円柱の組合せ)

大問の条件を記述するのにA41ページを使うというレイアウトが目を引くが、(問1)はサービス問題、(問2)は標準レベル、(3)が本格的な入試問題とバランスのよい構成。(問2)までを正答したい。発展的な問題集をやりこんだ受験生は(問3)を得点し、リードを作るだろう。
(問1)図に書き込みながら考えれば自然と解ける。特に迷うところもないはず。
(問2)「立体は平面に直して考える」という作法と「3辺の長さがわかっている三角形の面積を求める」解法をストックしていたか。標準的な問題集をやりこんだものは正答できるだろう。
(問3)立体を立体のまま捉え、適切な切断面を考え、体積を求めるための高さを見つける。典型的な発展問題。数学が得点源であればこのレベルまで対策を。そうでない者は解いてみて手ごたえがなければ飛ばすという戦略もありうる。

<時間配分:(問1)2分(問2)4分(問3)5分>

国語教科の出題傾向

26年度「青山の国語」総括

出題分野 漢字(読み書き)・文学的文章・説明的文章・古典
問題の特徴 説明的文章の一部の設問にやや癖があるが、おおむね素直な問題と言える。
時間配分 とるべき問題を時間内に得点する処理能力が問われる。
攻略ポイント 説明的文章の一部を除き、高得点を狙いたい。
学習法

しっかりと本文の内容を掴んだ上で、設問に取り掛かる訓練を繰り返し、

精度を磨いておこう。

26年度 青山高校の国語の各問題特徴と時間配分

漢字(読み)A

漢検3級+αの内容。手早く解答して、その分読解に時間を使おう。

<時間配分:1分>

漢字(書き)A

読み取りに準ずる。

<時間配分:1分>

文学的文章A(下村湖人『論語物語』)

読みやすい問題文に素直な設問である。満点を目指したい。
強いていえば、記述問題が少し手ごわい。設問から出題者の意図を考え、答案に書くべき語句を押さえよう。

問1 標準的な記号選択問題。消去法で対処する。手順は以下の通り。
① 傍線付近の、本文中の登場人物の心情を表す「台詞」「動作」「描写」をチェックする。
② 本問のように選択肢が長い一文のときには、意味の固まりごとに区切りを入れる。
③ 選択肢中の本文中に書かれていない部分に印をつけ、その選択肢を消す。
④ 残った選択肢が正解。
(⑤確かめとして、残った選択肢の内容が書かれている部分を問題文の中からみつける)

問2 問1同様、標準的な記号選択問題。正答したい。

問3 やや難しい記述問題。比喩の扱い方も問われている。解法の手順は以下の通り。
① 設問から、答案の形を絞る。
今回は傍線箇所に「研ぎ澄まされた刃を差し込まれたような気がした」という比喩が含まれている。比喩があったら、通常の言い方に直す。「不意に核心を突いた指摘を受けあわてた」程度の意味であろう。更に「わけ」を問うている。理由を聞かれたら「~から」と結ぶのがルール。
② 傍線部前後で「子貢が不意に核心を突いた指摘を受けあわてた理由」が書かれている部分を探す。
③ 答案をまとめる。答案をまとめるときには採点者の視点に立つ。採点者は、受験生に書いて欲しいポイントを数え上げて加点法で採点している。今回でいえば、「子貢がまだ貧富をこだわる心を持っていたこと」「そのことを孔子に指摘されたこと」「子貢は自分の考えに自信を持っていたこと」「孔子の見方の方が子貢の見方よりも鋭かったこと」「語尾を『~から』で終える」「指定字数の9割以上、かつ字数オーバーをしないこと」などだろう。誤字脱字は、1つに付き1点減点。満点は困難だが、7点中4点は取りたい。

問4 標準的な記号選択問題。後半部分で述べられる孔子の考えの趣旨を問うている。基本的には消去法で解くが、迷ったら一度設問から離れ、記述問題のつもりで本文に向かい、自分なりの解答を作ってから選択肢に戻るとよい。

問5 標準的な記号問題。消去法で対処できる。

<時間配分:10分>

説明的文章B(茂木健一郎『新しい日本の愛し方』)

記号選択の設問は、説明的文章Aに比べるとやや難しめ。
記述問題に関しては、説明的文章Aと同様の形式である。

問1 標準~やや難しい記号選択問題。問題文は難しくはないが、選択肢が少々まぎらわしい。こうした問題は、選択肢を消去する前に、記述式の問題のつもりでまずは自分の答案を作ってから選択肢にあてはめてみると正解できる。

問2 問1同様、選択肢が少々紛らわしい。主張と具体例をしっかり意識して読めているかどうかが問われている。つまり、傍線部の前の部分は「フォーカシング・イリュージュン」の説明とその具体例である。(イ)が正解。(エ)は、人が「フォーカシング・イリュージョン」を知っていて、思い込んでいるわけではない。

問3 やや難の記述問題。設問の意味するところがややあいまい。模範解答をみると、傍線部を本文の言葉で説明しなおす、という意味に解して答案を作ることを要求しているようである。

問4 標準的な記号選択問題。消去法で対応できるレベル。正解したい。

問5 問4同様、標準的な記号選択問題。こちらも正解しておきたい。

問6 標準的な記述問題。問題文のテーマに沿って自身の具体例を挙げて記述するタイプの問題。都立共通問題と同様の形である。事前に練習しておくことで点数を安定させることが出来る。満点を狙いたい。

<時間配分: 13分>

古典B(復本一郎『江戸俳句夜話』)

古文に対訳が付き、古文に対する評論が付いた問題。
このタイプの問題の解き方を身につけていれば満点が狙える。解き方とは、対訳と古文を照らし合わせながら現代文の問題として解くというものである。

問1 標準的な記号選択問題。古文と訳文を対応させながら考えれば、通常の現代文の問題となる。

問2 語彙に関する問題。難易度は普通。ここは正解したい。

問3 標準的な記述問題。古文と訳文を対応させると、ほぼそのまま答案に使える部分が見つかる。

問4 標準的な抜き出し問題。やはり古文と訳文を対応させると、標準的な現代文の問題になる。

問5 記号選択問題。難易度は標準的。本文の趣旨を踏まえた上で、消去法で対処すればまぎらわしい選択肢も特になく正答できるはず。

<時間配分: 12分>

英語教科の出題傾向

26年度「青山の英語」総括

出題分野 リスニング(都立共通問題)、対話文、説明文
問題の特徴 やや長めの対話に短めの説明文の組み合わせ。難易度は標準的。
時間配分 やや長めの対話に短めの説明文の組み合わせ。
攻略ポイント

空欄補充の割合がやや多い。

どれも空欄の前後をよく読み、指示語、接続後に

特に注意して解いていけば満点を狙える。

学習法

対話文、説明文ともにオーソドックスな問題である。

類似した問題に数多く当たっておきたい。

26年度 青山高校の英語の各問題特徴と時間配分

対話文B(じゃんけんで勝つ確率を基に理論的確立と統計的確立について考える)

3ページ半ほどの対話文に記号選択、空欄補充、整序英作文といったオーソドックスな設問に加えて、本文内容を日本語で説明させるやや特殊な問題がつく。設問の難易度は対話文Aより少し易しい。中学レベルを超える単語については脚注に意味が示されるが、そうした単語が設問の答えに絡むこともあるのは対話文Aと同様。

問1 易しめの空欄補充記号問題。空欄の前後を読んで意味を考えれば正答できる。

問2 易しめの記号選択問題。傍線部の前後と設問の意味が取れれば簡単!

問3 標準的な空欄補充問題。「空欄前後の文脈を押さえること」と、「最上級の表現を使えること」の2点がポイント。

問4 標準的な空欄補充問題。空欄前後と設問の意味が取れれば正解できるだろう。

問5 やや難しい記述問題。国語の入試問題に出題されても違和感のないレベルの問題。この問題で受験生の間に得点差がついたと思われる。記述問題を解くポイントは、設問を手がかりに採点者が加点すると思われるポイント(加点要素)を数えあげ、答案に埋め込むことである。今回の問題でいえば、「確率の二つの見方」を「じゃんけんを例に用いて具体的に」記述できたかどうかがポイントとなる。「確率の二つの見方」とは、本文上の「理論上の確率」と「統計上の確率」をさす。この二つを、じゃんけんを例に具体的に記述すればよい。
(解答例)グー、チョキー、パーが均等に出るとする理論上の確率と、実際に数えてみるとグーが出ることが多いことを示した統計的な確率(58文字)
<考えられる加点要素> 『理論上の確率』『統計上の確率』+具体的な記述

問6 やや難しい整序英作文。分詞による名詞の後置修飾を見抜けたかがポイント。

問7 標準的な記号選択問題。問題文、設問の英文の意味がとれれば正答できる。

問8 要約文の空欄補充。問題文の量が多い分、難易度が上がる。問題文を通読する際に、どの部分にどんな内容が書かれてあるかをおおまかにつかみ、空欄ごとに解答の根拠となる部分に速やかに戻れるよう訓練をしておきたい。

問9 標準的な記号選択問題。問題文の趣旨を捉えた上で、設問の意味を正確につかむことが出来れば正答できる。

<時間配分:本文通読9分+設問解答10分>

 

説明文B(渡り鳥やウミガメの生態に光害が与える影響などを述べた説明文)

2ページほどの問題文に記号選択、空欄補充、整序英作文といったオーソドックスな設問が付く。設問は整序英作文以外は標準的かやや易しいレベル。最後に50字程度の自由英作文が出るのであらかじめ練習しておくとよい。問6は近年のセンター試験の傾向を意識したと思われる問題。文章のテーマは何か、意識しながら読んでいけば解ける。

問1 易しめの整除英作文。字数が少ないので容易だろう。

問2 標準的な記号選択問題。問題文と設問の意味が取れていれば正解できるレベル。

問3 標準からやや難レベルの記号選択問題。ここで、受験生の間に差が付いたと思われる。正解するには、問題文と設問の意味を掴んだ上に、さらに国語の力が必要である。ここでいう「国語の力」とは、「趣旨を取る力」と「消去法の作法」を指す。傍線部より前の部分では、何かが汚染されることで起こる事例が書かれる。傍線部から後の部分では、light pollution とは何かが汚染されるのではなく、光が過剰にあることで起こるということが書かれる。このことを掴むことが一点。さらに、選択肢の中で問題文に書かれていない要素を含むものを消していく。すると選択肢(エ)が残る。

問4 これも受験生間で差が付くレベルの空欄補充問題。問題文と設問の英語の意味が精確に取れることは大前提。その上で、空欄の前では「光の利点」が、空欄の後では「光が過剰であることによる問題」が書かれてある。つまり、空欄の前後で内容が対立している。逆説の接続詞を含む(ウ)が正解である。必要なのは、「国語の力」である。

問5 標準レベルの空欄補充問題。空欄に入る文を並び替える。苦手意識を持っていなければ正解できるだろう。アプローチの仕方は「意味」と「形」の両方から攻めるということだ。「意味」から考えるとは、設問の選択肢を訳してみるということを指す。この段階で答えが分かってしまうものもいるかもしれない。さらに「形」から考えるというのは、今回でいえば、指示語の指す内容が何かを考えるということである。指示語は通常、指示語の前の語を指す。フィーリングで解いた場合も、見直しのときに、指示語の表す内容が、指示語の前にあるかをチェックしたい。

問6 標準的な記号選択問題。問題文の意味が取れれば簡単。

問7 標準的な記号選択問題。選択肢の中で本文に書かれてない要素を含むものを消していく「消去法」で正解できる。このとき、選択肢に関係する本文の箇所を逐一指摘できるようにしておくと間違えない。時間内に、それが出来るようになるには、一読した段階で、どこに何が書かれてあるかを素早く掴んでおく必要がある。慣れるまでは時間がかかるが、演習を重ねるごとにスピーディーかつ正確に解答できるようになるはずである。

問8 自由英作文。自分の経験ではなく、「環境問題」について意見を述べさせる形式。英語力と同時に、時事問題についての知識も試されている点で難易度が上がる。やや難しいレベル。自由英作文は入試基礎が固まっていれば、定期的に演習と添削を受けることで作れるようになる。それに加え、時事問題用の問題集または資料集を一冊読み込んでおくと万全だ。自由英作文の演習の際、時事問題のワードを英語ではなんと言うのかストックを作っておきたい。

<時間配分:本文通読7分+設問解答10分>

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ