難関校受験専門プロ家庭教師の視点

日比谷高校の入試傾向と対策出題分野・問題の特徴・時間配分・攻略ポイント・学習方法

数学教科の出題傾向

26年度「日比谷の数学」総括

出題分野 平方根、二次方程式、確率、作図、平面図形、二次関数、空間図形
問題の特徴 入試標準レベルの問題を素直に解かせる良問が多い。作図が難しいので注意。
時間配分

大問1の作図にこだわって、時間を浪費しないこと。

5分考えて思いつかなければ飛ばす。

独自問題である大問2の問2も素直に求める座標を文字におくと解けるが、

それ以外の解法を試すと、時間を浪費した挙句解けなくなる。

大問3、大問4は問1が易しく、それ以降が入試標準から

やや難まで難易度が散らばっている。

すべての問題に手をつけて、易しい問題、

標準的な問題を落とさないようにしたい。

攻略ポイント 高校受験の数学で問われる解法を素直に使いこなすことが求められている。
学習法

学校の定期テスト対策だけでは不十分だが、極端に設定を複雑にしたり、

マニアックな知識を網羅した問題集、参考書は不要。

標準的かやや発展的な内容までのっている問題集を一冊仕上げる。

26年度 日比谷高校の数学の各問題特徴と時間配分

小問集合(1) A(平方根) 

やや計算が複雑な平方根の問題である。速く、正確に、解答したい。難易度は教科書ワークまたは標準的な問題集の章末問題レベル。日ごろから途中式を省かずに複雑な計算になっても、確実に正答できるようにしておくことが大切である。

<時間配分:1分>

小問集合(2) A(二次方程式)       

(2)は標準的な2次方程式の計算問題。教科書章末問題レベル。確実に正答しよう。

<時間配分:1分>

小問集合(3) B(約数)

約数の数え上げ問題。「具体的に数え上げた後に、規則性や解の条件を吟味して答えを絞る」という場合の数を考える際の作法を問うている。むやみに問題集の解法を丸暗記する勉強をこなしてきた学習者の中には失点したものもいたかもしれない。そうした者は学習法を見直そう。

<時間配分:2分>

小問集合(4) A(確率)

確率の文章問題。一見、条件が複雑で座標平面と融合した面倒な問題のような印象を受けるが、実際に、条件を座標平面を使って書き出してみると存外簡単な問題であることに気づく。難易度は標準的な問題集に載っている確率の座標平面と絡めた問題よりかなり低い。問題文を読んで条件を読み取る、条件をしかるべき方法(今回は座標平面)で可視化する、という2つ基本的な作法を試しているものと思われる。

<時間配分:3分>

小問集合(5) A(作図)

やや難問。難しさの要因は立体の特定の面に注目して、辺の長さを計算する必要性と、作図の定石である線分の垂直二等分線、角の二等分線の技法だけでは作図出来ないという2点にある。平方根の作図法をその場で思いつくか、前もって練習しておく必要がある。受験生の引き出しの多さを試す問題。5分間考えて閃かなければ、先に進むのが得策であろう。

<時間配分:5分>

【数量】二次関数 C(二次関数と面積比)《独自問題》

問1は易しいが、問2は座標を文字で置く点を素直に取らないと解けなくなる。問3は「平行線と等積変形」、「頂点共通な三角形の面積は底辺の長さと比例すること」、「求める座標を文字で置く」という3つの技法を要求する本格的な入試問題。難関対応の発展的な問題集をこなしておくことが望ましい。

<時間配分:(問1)2分(問2)3分(問3)5分>

*独自問題【二次関数C/日比谷】の攻略ポイントと学習方法

高校入試の数学の問題の難易度を考えるとき、三つの基準がある。使われる解法が公立中学の定期試験で扱われる範囲を超えているかどうかと、途中の計算過程も含めた問題の設定の複雑さと、誰もが一度は解いたことのある有名問題であるかどうかの3点だ。使われる解法という点から見て、本問は公立中学校のレベルを超えている。等積変形はともかく、三角形の面積比と底辺の関係、求める座標を文字で置いてからの処理など、典型的な入試問題用の解法である。その一方で問題自体は存外シンプルであることに気づく。途中計算も係数に平方根が出てくる方程式といった、ただ手間がかかるだけの処理は出てこない。それでいて、問題集の例題となるような典型的な問題そのものでもない。多くの受験生は初見の問題として取り組んだはずである。
このようにみていくと、出題者の意図が見えてくる。試されているのは、難関高校を受験するに足るだけの最低限の解法ストックを持っているか、手持ちの解法を一問一答的な丸暗記のレベルを超えて、問題の適応条件のレベルまで理解して使いこなせるか(手を動かしながら考える習慣ができているかと言い換えてもよい)の2点である。対策としては一つ一つの定理、公式、解法テクニックの式の形はもちろんのこと、使いどころを人に説明できるレベルになるまで練習する。標準的な問題集なら章末問題まで、難関対策用の問題集であれば章末問題以外のレベルまで自然と手が動くように仕上げていくことが望ましい。

【図形】平面図形 A(円と直線図形)

(問1)(問2)ともに標準的な問題集の章末問題レベル。都立の共通問題を意識したような形式。
(問2)の(2)あたりは、出来、不出来に差が出たのではなかろうか。きっちり図を書き直して、設問条件を可視化して考える。

<時間配分:(問1)2分(問2)(1)4分(2)5分>

発展問題 A(立方体と円柱の組合せ)

大問の条件を記述するのにA41ページを使うというレイアウトが目を引くが、(問1)はサービス問題、(問2)は標準レベル、(3)が本格的な入試問題とバランスのよい構成。(問2)までを正答したい。発展的な問題集をやりこんだ受験生は(問3)を得点し、リードを作るだろう。
(問1)図に書き込みながら考えれば自然と解ける。特に迷うところもないはず。
(問2)「立体は平面に直して考える」という作法と「3辺の長さがわかっている三角形の面積を求める」解法をストックしていたか。標準的な問題集をやりこんだものは正答できるだろう。
(問3)立体を立体のまま捉え、適切な切断面を考え、体積を求めるための高さを見つける。典型的な発展問題。数学が得点源であればこのレベルまで対策を。そうでない者は解いてみて手ごたえがなければ飛ばすという戦略もありうる。

<時間配分:(問1)2分(問2)4分(問3)5分>

国語教科の出題傾向

26年度「日比谷の国語」総括

出題分野 漢字(読み書き)・文学的文章・説明的文章・古典
問題の特徴

文学的文章と説明的文章の難易度は標準的。

古典の問題は難問を含むパターン。

時間配分

とるべき問題を時間内に得点する処理能力が問われる。

攻略ポイント 記述問題の出来によって差がつくと思われる。
学習法

記述を添削してもらえる指導者につき、端的にまとめあげるスピードと、

的確なポイントを押さえた表現力を練習しておきたい。

26年度 日比谷高校の国語の各問題特徴と時間配分

漢字(読み)A

漢検3級+αの内容。手早く解答して、その分読解に時間を使おう。

<時間配分:1分>

漢字(書き)A

読み取りに準ずる。

<時間配分:1分>

文学的文章A(下村湖人『論語物語』)

読みやすい問題文に素直な設問である。満点を目指したい。
強いていえば、記述問題が少し手ごわい。設問から出題者の意図を考え、答案に書くべき語句を押さえよう。

問1 標準的な記号選択問題。消去法で対処する。手順は以下の通り。
① 傍線付近の、本文中の登場人物の心情を表す「台詞」「動作」「描写」をチェックする。
② 本問のように選択肢が長い一文のときには、意味の固まりごとに区切りを入れる。
③ 選択肢中の本文中に書かれていない部分に印をつけ、その選択肢を消す。
④ 残った選択肢が正解。
(⑤確かめとして、残った選択肢の内容が書かれている部分を問題文の中からみつける)

問2 問1同様、標準的な記号選択問題。正答したい。

問3 やや難しい記述問題。比喩の扱い方も問われている。解法の手順は以下の通り。
① 設問から、答案の形を絞る。
今回は傍線箇所に「研ぎ澄まされた刃を差し込まれたような気がした」という比喩が含まれている。比喩があったら、通常の言い方に直す。「不意に核心を突いた指摘を受けあわてた」程度の意味であろう。更に「わけ」を問うている。理由を聞かれたら「~から」と結ぶのがルール。
② 傍線部前後で「子貢が不意に核心を突いた指摘を受けあわてた理由」が書かれている部分を探す。
③ 答案をまとめる。答案をまとめるときには採点者の視点に立つ。採点者は、受験生に書いて欲しいポイントを数え上げて加点法で採点している。今回でいえば、「子貢がまだ貧富をこだわる心を持っていたこと」「そのことを孔子に指摘されたこと」「子貢は自分の考えに自信を持っていたこと」「孔子の見方の方が子貢の見方よりも鋭かったこと」「語尾を『~から』で終える」「指定字数の9割以上、かつ字数オーバーをしないこと」などだろう。誤字脱字は、1つに付き1点減点。満点は困難だが、7点中4点は取りたい。

問4 標準的な記号選択問題。後半部分で述べられる孔子の考えの趣旨を問うている。基本的には消去法で解くが、迷ったら一度設問から離れ、記述問題のつもりで本文に向かい、自分なりの解答を作ってから選択肢に戻るとよい。

問5 標準的な記号問題。消去法で対処できる。

<時間配分:10分>

説明的文章A(山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』)

記号選択の設問は易しいが、80字で筆者の考えを説明させる記述問題と、250字で問題文のテーマについて受験生の考えを述べさせる設問がついたことで、ボリュームのある問題となった。

問1 標準的な記号選択問題。問題文、設問の語彙、内容のレベルは易しくはないが、意味を取ることが出来さえすれば、消去法で確実に正答できる。選択肢を消しきれずに2つの選択肢が残った場合には、よりよい方を選ぶ。(ア)と(エ)は、それぞれ「自然科学の力で生み出された」「経験的に作り上げられた」が不適切。(イ)と(ウ)で迷ったかもしれない。(イ)は「環境を克服しながらできあがった」、(ウ)は「偶然によってもたらされた」とある。問題文中に「子供を多く残した行動や身体構造が残る」という内容が繰り返し出てくる。「子供を多く残す行動が残る」ことは、「偶然」残ったわけではない。よって(イ)がよりよい選択肢ということになる。

問2 問1と同様、標準的な記号選択問題。確実に正解したい。

問3 記述問題。この問題で、受験生間の差が付いたと思われる。記述問題は、採点者が加点すると思われる要素を問題文中から探し出し、答案に組み込むことがポイント。傍線部の直後に「たしかに~、しかし~」の形が見つかる。これは、譲歩といって「しかし~」以下に筆者の考えが来る形。従って、「しかし~」以下をまとめればよい。「しかし」の段落には具体例がつづく。筆者の考えを記述するときには入れなくてよい。

問4 やや難の記号選択問題。<生物学、進化論=生物自身にとっての目的に対する合目的性/化学、物理=外在的な視点>という対比をつかめたか。(ア)の選択肢が一番近い。他の選択肢は、ずれている。

問5 標準的な記号選択問題。消去法で対応できる。(ウ)は行動を中心とする立場と、身体構造を中心とする立場を対比していない。また、最後に生物学の重要性を強調してもいない。(エ)はまず、外在的な視点とは何かを明らかにすることが主要な話題ではない。(ア)と(イ)で迷ったら、選択肢を一言でまとめる。(ア)生命現象に関する自らの考えを提示している。(イ)現代の自然科学が抱える課題について言及している。結論は、現代の自然科学というよりも生命現象に関するものと捉えたほうがよりよい。よって(ア)が正解。

問6 記述問題。受験生によって差が付くレベルの問題。設問に、「筆者の主張を踏まえたうえで~」とあるので、初めに筆者の主張をまとめる。その上で自分の考えを書く。賛成ならば、具体例や、筆者の主張から導き出される帰結などで論を膨らませる。反対ならば、その理由を書く。一般的に考え、限られた字数で筆者の主張に十分な反論を加えるのは難しいので、賛成の立場で答案を作成した方がうまくいく。

<時間配分: 12分>

古典A(馬場あき子『日本の恋の歌-貴公子たちの恋-』)

これは難問といって良いだろう。
記述問題、記号選択問題ともに正解の根拠がやや不明確な問題を含む。

問1 やや難。消去法で選択肢を絞っても、残った2択を細かくみていかないと、正解にたどりつけない。以下プロセスを示す。(ウ)の「何か物足りなさ」、(エ)の「都を離れたむなしさ」は書いていないので×。(ア)と(イ)はどちらも間違った内容は含んでいない。どちらがよりよいか考える。(ア)は「旅」のすばらしさだけに言及している、(イ)は「旅」と「食事」のすばらしさに言及している。問題文では「旅」と「食事」のすばらしさについて述べているので、よりよいのは(イ)の選択肢となる。

問2 難しい記述問題。傍線前後の「業平の心情」と「そこに至った経緯」をまとめればよいのだが、本文の表現をそのまま抜き出して使おうとすると字数オーバーになる、または日本語として不自然になる。加点されるポイントを的確につかんだ上で、自分の言葉で言い換えてまとめる力量が求められる。加点ポイントは「折句をみごとにこなした」「都においてきた思い人を思い出した」「旅のわびしさ」の3点である。(同趣旨可)満点は取れないまでも部分点は稼ぎたい。

問3 標準的な記号選択問題。消去法で対応したい。ここは確実に正答したい問題。

問4 標準的な文法問題。文法対策は後回しになりがちだが、しっかりと準備してこなしておきたい。

問5 やや難の抜き出し問題。問題文全体から「心情」に関する語をチェックし、適当な語を選ぶ。和歌のみをみると「妻への思い」「大切な人への思い」などの意の語を探したいが、問題文中には7字でそれに当たる語はない。次善として「遠い都への思い」が答えとなる。

<時間配分: 13分>

英語教科の出題傾向

26年度「日比谷の英語」総括

出題分野 リスニング(都立共通問題)、対話文(独自問題)、物語文
問題の特徴

物語文と独自問題の組み合わせ。独自問題の傾向の偏りから英作文の比重が高い。

時間配分

問題文の量は合計5ページ程度と比較的少ない。

問題文を手早く読み、設問の解答に時間を使いたい。

攻略ポイント

設問は単に本文から根拠となる箇所を見つければ

正解にたどり着けるものばかりでなく、一部、問題文を読み取った上に

発想を飛躍させる必要があるものが出題される。

しいて言えば英語のなぞなぞに親しんでおくといいかもしれない。

学習法

日比谷を志望する受験生は、

語彙については「中学レベル+α」の準備をしておいたほうがよい。

26年度 日比谷高校の英語の各問題特徴と時間配分

対話文C(創造的思考について)《独自問題》

2ページ半ほどの対話文に手ごたえのある設問がつく。整序英作文の構文の難しさは最高レベル。空欄補充問題は記号選択ではなく、あてはまる英語を受験者に書かせる形式で、その中にはとんち的発想を求める問題も含まれる。最後に、問題文のテーマに沿って50文字程度の自由英作文を書かせる。自由英作文はあらかじめ練習しておくか否かで大きく差が出る分野なので注意。総じて英語を使って発信する力を試す問題といえる。脚注にいくつかの単語の意味が示されるが、意味が示されていない単語の一部に中学レベルを超えており、かつ設問の答えに絡むものがある。高校初級レベル(英検準2級程度)の単語が求められていると考えたほうがよいだろう。

問1 やや難。とんちの効いた空欄補充問題。面食らった受験生も多かったのではないか。奇問に分類される問題。一応、空欄直後に根拠となる部分があるので、正答は可能だが、これが出来なくても気にすることはない。

問2 やや難しい整序英作文。字面から、「this is」 や「a good example is」を作りたくなるが、そうすると、空欄直後の「Johan Gutenberg」が処理できなくなる。実際には、主語に修飾部がついて、「is」 は最後に置かれる。理詰めでさまざまな場合を考えないと正答は難しいだろう。

問3 標準的な空欄補充問題。空欄の後を読めば、答えの根拠がみつかる。

問4 標準的な空欄補充問題(ただし、語彙レベルを考えるとやや難)。文脈を押さえる力に加えて、ある程度の語彙力も求められている。

問5 やや難しい記号選択問題。空欄に入る文の順番をきめる。「指示語」「接続語」「話題」に注目して解く本格的な問題。

問6 やや難しい空欄補充問題。前に出てきた具体例に共通する、創造的思考に必要なことを読み取り、形を整え空欄を埋める。本文中に答えを明示した部分がないため、正答はある程度幅があるものと思われる。

問7 標準的な記号選択問題。ここは正解したい。

問8 標準的な記号選択問題。本文と一致する選択肢を選ぶ。国語の作法があれば正解できるだろう。

問9 自由英作文。前もって対策しておくことで満点を狙える。練習して、完答できるようにしておきたい。

<時間配分:本文通読7分+設問解答13分>

物語文A(一人の少年が家族や祖父との会話から誕生日の本当の意味を考える物語)

3ページほどの問題文に記号選択、空欄補充、整序英作文といったオーソドックスな設問が付く。設問は整序英作文以外は標準的かやや易しいレベル。最後に50字程度の自由英作文が出るのであらかじめ練習しておくとよい。

問1 標準的な空欄補充問題。空欄の前後を読んで意味から考えていけば正解できるだろう。

問2 やや難しい記述問題。解き方としては、then の指しているものを考えて、文法的に正しい英文でまとめる。

問3 やや難しい整序英作文。選択肢をみて、it is natural for her to~ の形はすぐ浮かんで欲しい。one とsoの処理に手間取るかもしれない。文と文をつなぐには接続詞が必要であり、soは接続詞になれるということを知っていれば、文頭にso が「one がa + 前に出てきた名詞」を指す代名詞になれることを知っていれば、oneが文末にきてwant one となることが分かる。

問4 やや難しい記号選択問題。問題文と設問の意味を取ることが出来れば正解できるが、選択肢と答案の根拠となる部分に、いわゆる第Ⅳ文型とその変形の英文が使われている。どれだけ精確に読めたかによって差が付いたと思われる。難関私立志望の高校初歩レベルまでガチガチに英文法を固めた受験生であれば正解に至った問題といえる。

問5 標準的~やや難レベルの空欄補充問題。最上級を比較級に書き換える。問4同様、高校初級レベルの文法知識を問うている。

問6 標準的な空欄補充問題。本文中から抜き出すという条件が付いたことで難易度が下がった。ここは正解したい。

問7 標準的な記号選択問題。問題文と設問の意味を取った上で、本文に書かれていない要素を含む選択肢を消していく。ややまぎらわしい選択肢も含まれており、英語の意味が掴めることだけでなく、国語の力も試されている。

問8 自由英作文。自分の経験について書く形式。入試基礎が固まり次第、英作文対策をしておけば満点近く狙える。この手のタイプの自由英作文は、書く内容を自分で決められるので、自分の英語力にあった話題、言い回しを選ぶことがポイントとなる(いわゆる日本語を和訳する作業)。できれば、演習した後に適切な添削を受けたい。作った英文の文法的なチェックはもちろん、考えた英文を素材とした主張と具体例による作文の膨らませ方、易しい表現を使った言い回しなどの指導は、指導者による指導が効果を発揮する領域である。

<時間配分:本文通読9分+設問解答10分>

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ