難関校受験専門プロ家庭教師の視点

立川高校の入試傾向と対策出題分野・問題の特徴・時間配分・攻略ポイント・学習方法

数学教科の出題傾向

26年度「立川の数学」総括

出題分野 平方根、二次方程式、確率、作図、平面図形、二次関数
問題の特徴 大問4によって確率、場合の数重視となった。
時間配分

作図に時間を掛けすぎない。問1は完答必須。

大問4は実験すれば解ける問題なので、時間を確保したい。

攻略ポイント

大問4。多少複雑な問題文の条件を読み取れるか。

具体的に書き上げて実験できるか。問われていることは明確。

学習法

標準的かやや発展的な内容までのっている問題集を

一冊仕上げることに加えて、複雑な条件の付いた確率の問題を

多めに解いておくとよい。その際、表や樹形図など

具体的に書き上げる、文字が置かれていたら

仮に代入してみるといった「実験」をしながら解く。

26年度 立川高校の数学の各問題特徴と時間配分

小問集合(1) B(平方根)

標準的な平方根の計算問題である。これも速く、正確に解答したい。教科書の章末問題または標準的な問題集のB問題レベル。テンポよく解答して次の問題につなげたい。万が一にも計算ミスをせぬよう、途中経過がわかるように計算過程を残しておき、見直しをすること。

<時間配分:1分>

小問集合(2) C(連立方程式)

やや複雑な連立方程式の問題。標準的な問題集の章末問題レベル。これもスピーディーかつ正確に解答すること。

<時間配分:1分>

小問集合(3) E(二次方程式)

やや複雑な2次方程式の問題。標準的な問題集を章末問題までこなせば苦もなく正答できるはず。

<時間配分:1分>

小問集合(4) B(確率)

確率の文章問題。2つのさいころを投げたときのセオリーである「表を描く」という手順を踏めばすぐに正答できる。教科書例題レベルの問「場合の数」、「平方根」の各分野から抜き出して融合した問題。初見の問題であっても思考停止することなく、手持ちの解法を使って立ち向かう気概が試される。

<時間配分:3分>

小問集合(5) A(作図)

やや難問。難しさの要因は立体の特定の面に注目して、辺の長さを計算する必要性と、作図の定石である線分の垂直二等分線、角の二等分線の技法だけでは作図出来ないという2点にある。平方根の作図法をその場で思いつくか、前もって練習しておく必要がある。受験生の引き出しの多さを試す問題。5分間考えて閃かなければ、先に進むのが得策であろう。

<時間配分:5分>

【数量】二次関数 A(二次関数と正方形)

「図を書き込みながら考えること」と標準的な問題集ならば必ず載っている基本的な図形の性質を問うた問題。全問正解したい。
(問1)「平行四辺形の面積を二等分する直線は対角線の交点を通る」という性質が鍵。これくらいの知識を常識として使いこなせたかどうか。即答したい。
(問2)与えられた図が、あえて問題文の条件と大きくずれている。題意にあうように図を描き直すと見通しがかなりよくなる。図を描くところも含めて淀みなく正答したい。
(問3)傾きの定義に従って条件を図示していくと3:4:5の辺の比をもつ有名な直角三角形がみえてくる。正方形の長さ、鍵となる座標を文字でおくという作法は基本。方針が立った後、それを相手に伝わるように記述できたか。
いずれも扱われる題材は標準的な問題集のレベルを出ない。試されているのはそれをこなす質である。「図が与えられていなければノートに描く。」「証明問題は完答するまで練習する。」、そうした基本的な作法を守って演習を積み上げてきたかを出題者は試しているものと思われる。

<時間配分:(問1)2分(問2)3分(問3)3分>

【図形】平面図形 A(円と直線図形)

(問1)(問2)ともに標準的な問題集の章末問題レベル。都立の共通問題を意識したような形式。
(問2)の(2)あたりは、出来、不出来に差が出たのではなかろうか。きっちり図を書き直して、設問条件を可視化して考える。

<時間配分:(問1)2分(問2)(1)4分(2)5分>

発展問題 B(硬貨の確率)

(問1)、(問2)は表で書き上げて実験してみれば解ける。(問3)は設問条件が多くの場合を含んでおり、すべてを書き出すことは困難。だが、具体的にmとnを設定して、実験してみると、m、nの値に関係なく、解の条件が存在することが見えてくる。(3)相応の根気と明晰さを持ち合わせていないのであれば、時間がかかりそうだと察知したら飛ばしてしまうのも手。
確率、場合の数は「これまでどんな問題を解いてきたか」以上に、「どのように学んできたか」がものをいう分野である。端的にいって、ある一定上のレベルの問題には、解法の暗記がほとんど意味を成さない。本問はその典型である。①具体的に書き上げて、規則を見つけたら公式化すること。②別解を貪欲に吸収することの2点を日ごろから実行すること。結果の暗記でなくプロセスの探求に重点を置くと言い換えてもよい。本問を「見たことがないので解けない」と感じたら、全く基礎が固まっていないか、学習の構えそのものが間違っている。自分の学習計画を見直し、必要に応じて信頼できる指導者の助けを借りたほうがよい。

<時間配分:(問1)3分(問2)4分(問3)5分>

国語教科の出題傾向

26年度「立川の国語」総括

出題分野 漢字(読み書き)・文学的文章・説明的文章・古典
問題の特徴

文学的文章は標準的な問題。説明的文章はやや癖があり、

古典が難問というパターン。

時間配分

とるべき問題を時間内に得点する処理能力が問われる。

攻略ポイント

7校のなかでもっとも平均点が低くなる出題パターンと思われる。

合格ラインは6割弱か。

学習法

しっかりと本文の内容を掴んだ上で、

設問に取り掛かる訓練を繰り返し、精度を磨いておこう。

26年度 立川高校の国語の各問題特徴と時間配分

漢字(読み)A

漢検3級+αの内容。手早く解答して、その分読解に時間を使おう。

<時間配分:1分>

漢字(書き)A

読み取りに準ずる。

<時間配分:1分>

文学的文章A(下村湖人『論語物語』)

読みやすい問題文に素直な設問である。満点を目指したい。
強いていえば、記述問題が少し手ごわい。設問から出題者の意図を考え、答案に書くべき語句を押さえよう。

問1 標準的な記号選択問題。消去法で対処する。手順は以下の通り。
① 傍線付近の、本文中の登場人物の心情を表す「台詞」「動作」「描写」をチェックする。
② 本問のように選択肢が長い一文のときには、意味の固まりごとに区切りを入れる。
③ 選択肢中の本文中に書かれていない部分に印をつけ、その選択肢を消す。
④ 残った選択肢が正解。
(⑤確かめとして、残った選択肢の内容が書かれている部分を問題文の中からみつける)

問2 問1同様、標準的な記号選択問題。正答したい。

問3 やや難しい記述問題。比喩の扱い方も問われている。解法の手順は以下の通り。
① 設問から、答案の形を絞る。
今回は傍線箇所に「研ぎ澄まされた刃を差し込まれたような気がした」という比喩が含まれている。比喩があったら、通常の言い方に直す。「不意に核心を突いた指摘を受けあわてた」程度の意味であろう。更に「わけ」を問うている。理由を聞かれたら「~から」と結ぶのがルール。
② 傍線部前後で「子貢が不意に核心を突いた指摘を受けあわてた理由」が書かれている部分を探す。
③ 答案をまとめる。答案をまとめるときには採点者の視点に立つ。採点者は、受験生に書いて欲しいポイントを数え上げて加点法で採点している。今回でいえば、「子貢がまだ貧富をこだわる心を持っていたこと」「そのことを孔子に指摘されたこと」「子貢は自分の考えに自信を持っていたこと」「孔子の見方の方が子貢の見方よりも鋭かったこと」「語尾を『~から』で終える」「指定字数の9割以上、かつ字数オーバーをしないこと」などだろう。誤字脱字は、1つに付き1点減点。満点は困難だが、7点中4点は取りたい。

問4 標準的な記号選択問題。後半部分で述べられる孔子の考えの趣旨を問うている。基本的には消去法で解くが、迷ったら一度設問から離れ、記述問題のつもりで本文に向かい、自分なりの解答を作ってから選択肢に戻るとよい。

問5 標準的な記号問題。消去法で対処できる。

<時間配分:10分>

説明的文章B(茂木健一郎『新しい日本の愛し方』)

記号選択の設問は、説明的文章Aに比べるとやや難しめ。
記述問題に関しては、説明的文章Aと同様の形式である。

問1 標準~やや難しい記号選択問題。問題文は難しくはないが、選択肢が少々まぎらわしい。こうした問題は、選択肢を消去する前に、記述式の問題のつもりでまずは自分の答案を作ってから選択肢にあてはめてみると正解できる。

問2 問1同様、選択肢が少々紛らわしい。主張と具体例をしっかり意識して読めているかどうかが問われている。つまり、傍線部の前の部分は「フォーカシング・イリュージュン」の説明とその具体例である。(イ)が正解。(エ)は、人が「フォーカシング・イリュージョン」を知っていて、思い込んでいるわけではない。

問3 やや難の記述問題。設問の意味するところがややあいまい。模範解答をみると、傍線部を本文の言葉で説明しなおす、という意味に解して答案を作ることを要求しているようである。

問4 標準的な記号選択問題。消去法で対応できるレベル。正解したい。

問5 問4同様、標準的な記号選択問題。こちらも正解しておきたい。

問6 標準的な記述問題。問題文のテーマに沿って自身の具体例を挙げて記述するタイプの問題。都立共通問題と同様の形である。事前に練習しておくことで点数を安定させることが出来る。満点を狙いたい。

<時間配分: 13分>

古典A(馬場あき子『日本の恋の歌-貴公子たちの恋-』)

これは難問といって良いだろう。
記述問題、記号選択問題ともに正解の根拠がやや不明確な問題を含む。

問1 やや難。消去法で選択肢を絞っても、残った2択を細かくみていかないと、正解にたどりつけない。以下プロセスを示す。(ウ)の「何か物足りなさ」、(エ)の「都を離れたむなしさ」は書いていないので×。(ア)と(イ)はどちらも間違った内容は含んでいない。どちらがよりよいか考える。(ア)は「旅」のすばらしさだけに言及している、(イ)は「旅」と「食事」のすばらしさに言及している。問題文では「旅」と「食事」のすばらしさについて述べているので、よりよいのは(イ)の選択肢となる。

問2 難しい記述問題。傍線前後の「業平の心情」と「そこに至った経緯」をまとめればよいのだが、本文の表現をそのまま抜き出して使おうとすると字数オーバーになる、または日本語として不自然になる。加点されるポイントを的確につかんだ上で、自分の言葉で言い換えてまとめる力量が求められる。加点ポイントは「折句をみごとにこなした」「都においてきた思い人を思い出した」「旅のわびしさ」の3点である。(同趣旨可)満点は取れないまでも部分点は稼ぎたい。

問3 標準的な記号選択問題。消去法で対応したい。ここは確実に正答したい問題。

問4 標準的な文法問題。文法対策は後回しになりがちだが、しっかりと準備してこなしておきたい。

問5 やや難の抜き出し問題。問題文全体から「心情」に関する語をチェックし、適当な語を選ぶ。和歌のみをみると「妻への思い」「大切な人への思い」などの意の語を探したいが、問題文中には7字でそれに当たる語はない。次善として「遠い都への思い」が答えとなる。

<時間配分: 13分>

英語教科の出題傾向

26年度「立川の英語」総括

出題分野 リスニング(都立共通問題)、対話文、物語文
問題の特徴

長めの対話文に物語文の組み合わせ。

時間配分

国立の問題文の量をさらに増やしたイメージ。

攻略ポイント

空欄補充の割合がやや多い。どれも空欄の前後をよく読み、

指示語、接続後に特に注意して解いていけば満点を狙える。

学習法

本番までに英文を多読しておくことが求められる。

26年度 立川高校の英語の各問題特徴と時間配分

対話文A(3Dプリンターの性能と特徴について)  

4ページほどの対話文に記号選択、空欄補充、整序英作文といったオーソドックスな設問が付く。中学レベルを超える単語については脚注に意味が示されるが、そうした単語が設問の答えに絡むこともあるので、チェックしながら読む癖をつけるとよい。

問1 標準的な記号選択問題。設問と本文の意味を正確にとれさえすれば、正答できるだろう。単語のニュアンスで勝手に意味をでっち上げる読み方をしていると正答できないだろう。時間内に、英文の意味を正確に読み取る「速読力」がためされているといえる。

問2 空欄補充問題。やや特殊な設問。本文の意味をとった上で、意味の通る単語を正しい形に直す。「食べられるインク」でeaten が正解になる。文法、文脈を読む力の両方が試されている問題といえる。

問3 やや難しい整序英作文。字数が少なめで、難しい単語もなく、一見簡単なように見えるが、「名詞の後置修飾と使役」という中学生がつまずきやすい単元を絡めた設問である。

問4・問5 空欄補充問題。空欄に入る適切な台詞を選ぶ。標準的な難易度。空欄の前後の台詞をよく読み、質問されていないことには答えない(例えば、疑問詞を使って質問されたら、Yes/No では答えない、など)や指示語、接続語などのポイントに注意しながら解く。

問6 本文の内容と一致するイラストを選ぶ問題。標準レベル。本文中の根拠となる部分について正確に意味をとることができれば難なく正答できる。

問7 内容一致記号選択問題。標準的~やや難。設問の選択肢がやや長めの文であり、出来事の順番や原因・結果を押さえる必要がある。日ごろから、こうした問題は本文の根拠となる部分に戻って、選択肢の内容一致・不一致の理由を説明できるようトレーニングしておくとよい。

問8 内容の要約文の空欄補充。標準~やや難。問題文を通読する際、どこにどんな話題が書いてあったかを大まかにでも把握し、空欄ごとに解答の根拠となる部分に戻り、適切な語を探して抜き出す。問題文の分量が多いので、全体の構成をつかみながら読んで行けるようなるには、それなりの訓練が必要。

 

<時間配分:本文通読10分+設問解答10分>

物語文A(一人の少年が家族や祖父との会話から誕生日の本当の意味を考える物語)

3ページほどの問題文に記号選択、空欄補充、整序英作文といったオーソドックスな設問が付く。設問は整序英作文以外は標準的かやや易しいレベル。最後に50字程度の自由英作文が出るのであらかじめ練習しておくとよい。

問1 標準的な空欄補充問題。空欄の前後を読んで意味から考えていけば正解できるだろう。

問2 やや難しい記述問題。解き方としては、then の指しているものを考えて、文法的に正しい英文でまとめる。

問3 やや難しい整序英作文。選択肢をみて、it is natural for her to~ の形はすぐ浮かんで欲しい。one とsoの処理に手間取るかもしれない。文と文をつなぐには接続詞が必要であり、soは接続詞になれるということを知っていれば、文頭にso が「one がa + 前に出てきた名詞」を指す代名詞になれることを知っていれば、oneが文末にきてwant one となることが分かる。

問4 やや難しい記号選択問題。問題文と設問の意味を取ることが出来れば正解できるが、選択肢と答案の根拠となる部分に、いわゆる第Ⅳ文型とその変形の英文が使われている。どれだけ精確に読めたかによって差が付いたと思われる。難関私立志望の高校初歩レベルまでガチガチに英文法を固めた受験生であれば正解に至った問題といえる。

問5 標準的~やや難レベルの空欄補充問題。最上級を比較級に書き換える。問4同様、高校初級レベルの文法知識を問うている。

問6 標準的な空欄補充問題。本文中から抜き出すという条件が付いたことで難易度が下がった。ここは正解したい。

問7 標準的な記号選択問題。問題文と設問の意味を取った上で、本文に書かれていない要素を含む選択肢を消していく。ややまぎらわしい選択肢も含まれており、英語の意味が掴めることだけでなく、国語の力も試されている。

問8 自由英作文。自分の経験について書く形式。入試基礎が固まり次第、英作文対策をしておけば満点近く狙える。この手のタイプの自由英作文は、書く内容を自分で決められるので、自分の英語力にあった話題、言い回しを選ぶことがポイントとなる(いわゆる日本語を和訳する作業)。できれば、演習した後に適切な添削を受けたい。作った英文の文法的なチェックはもちろん、考えた英文を素材とした主張と具体例による作文の膨らませ方、易しい表現を使った言い回しなどの指導は、指導者による指導が効果を発揮する領域である。

<時間配分:本文通読9分+設問解答10分>

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ