林先生 指導実例インタビュー

  • 林先生

    学習院大学卒

    合格実績(五十音順)

    青山学院・海城・開成・学習院・暁星・慶應中等部・駒場東邦・芝・女子学院・巣鴨・城北・成蹊・世田谷学園・豊島岡女子・本郷・明大中野・立教池袋・早稲田・市川・渋谷幕張・東邦大東邦・浦和明の星・開智・栄東・立教新座・ラ・サール・(区)九段中等 他多数

無駄のない効率的な学習に切り替えて開成中合格!

  • 男子O君の場合

  • 指導を始める前の状況

    小4からSAPIXに通っているO君はとても落ち着きがあり、勤勉な生徒でしたが、算数・理科が得意、国語・社会で足を引っ張っているという典型的な算数男子でした。塾での偏差値は国社の成績が安定しないため、偏差値が4科で50台後半~60代後半と波がありα1とα2を行ったり来たりしている状況でした。O君ご本人ご両親ともに開成を強く希望、まずは国社の苦手意識をなくし成績を安定させたい、ということで国語・社会の指導を小5の12月からスタートしました。

指導内容

まずO君の今までの学習状況を確認したところ、私が担当を始める前に通っていた個別指導塾から与えられた他塾の教材など、いろいろなものに手を出していて、非常に無駄が多いことに気がつきました。そこでそれまでの教材の整理、つまりSAPIXの教材への1本化を図りました。そして私の指導でもデイリーサピックスをフル活用しました。O君には本文の重要な部分に予め線を引いておいてもらい、重要事項に関しては質疑応答による確認、その後テキストにある問題を全て一緒に解いていきました。4科の学習バランスを考えると、社会にあまり多くの時間を費やすことが出来ないので、家庭学習の内容はテキストの本文を読み重要部分に線を引くことと、分野別問題集、コアプラスのみとしました。それ以外の部分は出来るだけ私の指導時間内にこなせるように進めました。もともとO君は真面目で勤勉な性格のため、私が指示したものは全て几帳面にこなしてくれました。

結果

O君の性格上「あれもこれも全てやらなければ気が済まない」という思いからなのか、いろいろなものに手を出してしまい、結果中途半端な状態になってしまっていたものが、無駄のない学習に変えることでより深く着実に身に付くようになりました。その結果、6年生の秋以降には4科の総合偏差値が60後半に安定するようになり、特に社会に関してはO君本人から「社会は算数の次に自信のある科目」というたのもしい言葉を聞けるほどになりました。成績が安定したことで自信を持って入試本番に臨むことが出来たようです。その結果見事、開成中合格を勝ち取ることが出来ました。

開成中学校の入試傾向と対策はこちら

学習量から学習の質へ改善して女子学院中合格!

  • 女子Tさんの場合

  • 指導を始める前の状況

    早稲田アカデミーに通っていたTさんは少しクールなタイプですが、真面目で努力家、かなりの量の塾の宿題も全てキッチリこなしていました。基本的によくできる生徒でしたが、国語に関しては解答に至る思考過程に少し雑なところがあり、正答率50%以上の問題の取りこぼしが目立つような状況でした。志望校である女子学院合格のため、正確な読解力と解答力を養成してほしいとのことで、小6の3月から私の指導が始まりました。

指導内容

前述のとおり、早稲アカの教材(予習シリーズ、Wベーシックなど)はほぼ全てTさんが自分自身でこなしてしまっている状況でしたので、私の指導時間では主に上位校の入試問題を使用して、実力養成を進めていくことにしました。その際、第一志望が女子学院ですので、たとえば記述問題ばかりというような偏りがある学校のものは避け、バランスの良い学習が出来るような学校の問題を取り扱うように心がけました。Tさんが伸び悩んでいる原因は学習量不足によるものではなく、学習の中身の問題であることは明白でしたので、私からの宿題は特別に課しませんでした。その代わり学習内容をただ量をこなせば良いというものにならないよう、解答に至る過程や根拠をしっかりと理解していくことを重視させるためのアドバイスを随時、細かくしていきました。

結果

Tさんの国語の学習スタイルが量をこなすだけのものから脱却し、根本的な部分での学習の質が変わったことによって、私が指導を始めた当初の「落としてはいけない問題の取りこぼし」が徐々に目立たなくなっていきました。成績も合不合で夏前までは良くて偏差値60を超えるくらいだったのが、秋以降は60台後半に乗るようになりました。元々算数が得意で60台後半で安定していたため、総合偏差値では女子学院は80%をキープ、女子学院の合格を手にしました。少しクールなTさんが元気な明るい声で合格を報告してくれたことが、私も本当に嬉しく思いました。

女子学院中学校の入試傾向と対策はこちら

「プロ家庭教師 指導実例インタビュー 」一覧はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ