• 三上先生

    東京大学理学部卒

    合格実績(五十音順)

    岩手医科大、金沢医科大、北里大、杏林大、慶応大、埼玉医科大、順天堂大、昭和大、聖マリアンナ医科、千葉大、帝京大、東海大、東京医科歯科大、東京医科大、東京慈恵医科大、東大理Ⅲ、東邦大、東北大、名古屋市立大、日本医科大、日本大、山口大、横浜市立大

問題点を洗い出し、万全な対策で偏差値20UP。東北医科薬科大医学部合格!

  • 男子M君の場合

  • 指導を始める前の状況

    ■指導開始時期: 高3の3月
    指導科目:   数学、化学
    指導回数:   週1回 2時間

     

    医学部志望のN君は、初め英語偏差値が70、生物65、化学47、数学45という状況でした。英語と生物は良いですが、理数系が極端に弱いです。模試の結果を分析したところ、数学ⅠAは取れていましたが、ⅡBがいまひとつで、Ⅲはほとんど取れていませんでした。化学は計算問題が特に出来ていませんでした。

     

    N君は某進学校に通っており、また理系で有名な某予備校にも通塾していました。そこで扱う問題は難しいものがメインで、N君はまだ基礎が固まっておらず消化不良になっている状況でした。

     

    分析の結果、改善すべき問題点として以下の3点が挙げられました。
    ①数学ⅡBが全体的に弱く苦手としている。
    ②数学Ⅲの基本が身についていない。
    ③計算スピードが遅く、ミスも多い。

     

指導内容

上記の弱点に対して以下の対策をしました。

① 数学ⅡBの公式とその使い方をカードで確認
例えば、三角関数だけでも50もの公式が登場します。暗記しなければならない公式と、その場で導けば良い公式に分けて整理しました。それを単語カードのようにして毎週チェックしました。始めた頃は、翌週になると半分程忘れていましたが、慣れてくれば問題なく暗記できるようになり、最終的には100%身に付きました。

② 数学Ⅲの基本をマスター
教科書(基礎)→青チャート(全体を網羅)→一対一対応の数学(難しめの典型問題対策)の順番に、しつこく反復をしました。これにより、模試や本番で出てくる問題はすべてカバーできました。

③ 計算力をつける
計算練習の量を確保するため、学校の傍用問題集である4STEPを用いて1日3問ずつ(10分で出来る量)解くようにし習慣化しました。特に積分計算、面積体積計算が飛躍的に向上しました。

 

学習状況の変化と成績の推移

■成績推移: 開始時偏差値41(駿台全国模試) → 最高偏差値61

一学期の基礎固めと、模擬試験の出題範囲を該当する問題集でしっかりと対策し固めていったことが功を奏し、着実に模試の成績を上げ自信をつけていきました。

夏前の段階では、平均的な問題をマスターし公式も身に着け、8月頃には基礎がほぼ定着し、標準問題は問題なく解けるレベルまでクリア。(偏差値50台半ば

秋頃には応用も進め、医学部合格の最低ラインの力を身に付けました。(偏差値61)その後も努力を続け、直前期には感触で偏差値65以上の力は付いていたと思います。

結果、見事東北医科薬科大学の合格を勝ち取りました。

 

結果

■結果(進学先):   東北医科薬科大学
結果(他の合格校): 自治医科大学(一次合格)

 

生徒とのエピソード

模擬試験ではしばらくはE判定でしたが、D、Cを通り越しいきなりB判定が出たときの笑顔が印象的でした。

本人は基礎固めを徹底したことが正しかったと言っていました。

指導方針を信じてついてきてくれた生徒が成果を実感してくれること、その感動を共有できることは、教師冥利に尽きるとしみじみ感じました。

 

東北医科薬科大学を目指す受験生へのアドバイス

上記の学校に関しては、最近開設されたことも有り過去問も少ないです。

これは他大学の医学部を受験する場合も共通して言えることですが、どんな学校でも基礎固めが何より重要です。基礎ができていないと何もはじまらないと言っても過言ではありません。

逆に、基礎がしっかりと身についていれば、訓練次第で初見の応用問題にもひらめき、対応することが可能です。

また過去問に関して、時期としては夏ごろまでに興味のある大学の問題にある程度目を通しておく必要が有ります。その中で頻出分野を押さえ、それを補える問題集を用いて強化していきます。

ただ、個人ではどの部分を押さえればよいか判断がつかない、また対策としてどの問題集が適切かわからない場合は、プロ目線からアドバイスをもらえる家庭教師にサポートを依頼することも効果的です。

そして、問題に解答する上で重要なことは、赤本のような綺麗な解答は書くことが出来ないと割り切ることです。文章を佼成しつつ時間をかけて完成させることは出来るかもしれませんが、本番の試験ではまず不可能です。例え拙くても、正しい答えを導きだせる自分なりの解答を目指してください。

 

志望校別対策はこちら

「医大受験 プロ家庭教師インタビュー 」一覧はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ