• 鈴木先生

    慶応義塾大学法学部卒

    合格実績(五十音順)

    北里大、順天堂大、昭和大、聖マリアンナ医科大、東京慈恵会医科大、東邦大

理数科目優先の為、英語は最小限の時間で。最高偏差値75で東邦大学医学部合格!

  • 女子Tさんの場合

  • 指導を始める前の状況

    ■指導開始時期: 高3の7月
    指導科目:   英語
    指導回数:   週1回2時間 

     

    高校2年までの英語の成績は良かったようですが、3年生になってやや成績が伸び悩んでいるとのことで、指導を開始しました。
    もっとも、子供の頃から英語の専門塾に通っていたため、中学生時代に英検準1級を取得しており、優れた英語の感覚は持っていました。
    しかし、帰国子女の生徒にもありがちですが、感覚的な読み方になってしまい設問に対応できない点や、細部の読み取りが不正確になってしまうところが課題でした。

     

    理数系が苦手で、英語で大きく点数を稼ぐ必要があったため、高いレベルの仕上がりを目指しつつも、英語の勉強時間は最小限とし、他の科目の勉強時間を増やすというやや難しいバランスの指導となりました。

     

    おっとりした雰囲気を持った生徒でしたが、とても真面目で一度決めたことは絶対にやりぬくという強い意志を持っていました。また、英語が大好きでいてくれたため、とても教えやすかったです。

     

指導内容

他の生徒の指導では、英文解釈寄りの勉強になってしまい、綺麗な日本語が乗らないと内容が捉えられないという生徒が多いため、前から読み下しつつ、出来るだけ日本語にせず内容を捉えるトレーニングをすることが多いのですが、今回は逆パターンの指導になりました。

一緒に英文を読み進めながら、内容が取れなかった英文の性質を分析した結果、英文解釈のいくつかの場面で理解が不足していたため、それらをパターン化し本人の意識に留めるようにしました。

また、一定の設問形式に苦手意識があったため、全てをマニュアル化し、思考のプロセスを確立させるよう努めました。また更に、志望校の過去問を徹底的にやりこみ、設問形式が既出の物であればほぼ完全に対応できるようにしました。

 

学習状況の変化と成績の推移

■成績推移: 開始時偏差値62(駿台模試) → 最高時偏差値75(河合全統記述模試)

秋口には偏差値70台の実力は充分越えていたため、志望校の過去問を毎週2~3校分進めながら、各大学の傾向と効率的な処理手順を身に付けさせて行きました。

同じ長さやレベルの長文であっても、設問の作り方によって対応の仕方が異なります。効率的な処理手順をおさえることで、合否を左右する設問に時間を充てるようにすることが、きっちり合格ラインを越えていくポイントになります。

そのトレーニングを何度も重ねていくことで、年末には全ての志望校過去問で合格ラインを越え、且つほとんどの志望校で10~15%ほど英語で稼ぐことができるようになりました。

 

結果

■進学先:   東邦大学医学部
■他の合格校: 東京女子医(医・1次)北里(医・1次)東海(医・1次)聖マリアンナ(医)

生徒とのエピソード

雰囲気や見た目からは想像つかない程の強い意志の持ち主でした。決めたことは必ずやり遂げるという断固たる決意を感じました。

その日にやると決めたことは終わるまで寝ないため、こちらからしっかり睡眠を取るようにと何度も頼むくらいで、お母様とも「もう寝なさい!」「まだやる!」とケンカになることもあったそうです。今となっては笑い話ですが、体を壊すのではないかと気が気ではありませんでした(笑)

東邦大学医学部を目指す受験生へのアドバイス

英語の難易度が高く配点も高いため、しっかりとした英語力を身につける必要があります。全て選択式でほとんどが読解問題であるため、読解能力、特に速読力が必要となります。返り読みをせず前から読み下し、且つできるだけ日本語を介在させずに英文の内容を把握していくことが最重要課題です。

膨大な英文量をこなさなくてはならない東邦の英語では、翻訳する力は問われていないのです。英文構造をきっちり捉えた文を何度も音読し、理屈より先に型通りの内容が頭に入ってくるようにすることが大切です。

また、医系テーマが主となっているため、早い段階から読解問題の素材として医療系の問題集を使うべきです。繰り返し音読することで医系単語についても必要な分が身につくことになります。

 

志望校別対策はこちら

文法・語法の知識を読解に運用するという視点で。東邦大学医学部に合格!

  • 男子D君の場合

  • 指導を始める前の状況

    ■指導開始時期:生徒が1浪目の3月
    ■指導科目:  英語
    ■指導回数:  週1~2回(1回2時間) 

     

    高校時代はほぼ勉強しておらず、一浪したものの4科目平均すると医学部には程遠いという状態での入会でした。その中でも英語はSS60程度あり、第一志望の東邦は英語の配点が高いため、英語で稼いでなんとか合格したいとのことでした。

     

    地方出身でありながら東京での一人暮らしを選択し、自分を追い込んで1年走りきるとの強い覚悟を感じました。将来は医者になりたいものの、典型的な文系タイプで、どの科目も感覚と単純記憶でここまで来てしまったようです。

     

    英語についても、国語的な運用力は高いものの、英文構造を意識した読み方にはなっておらず、自分と距離があるトピックだと内容が掴めなかったり、精度の低い読み方になったりしていました。また、型ではなく意味に依存しすぎるため、内容のイメージが掴めるまで同じ文を何度も読んでしまい、時間がかかりすぎる読みとなっていました。一方で、体験授業時に感じた理解力の高さと、言われたことに対する素直さから、この子は伸びるとの確信もありました。

指導内容

文法・語法の知識が、短文の空所補充を処理するためだけの単純記憶されたものになってしまっていたため、読解に運用するという視点からの説明を加えました。また、それらをテキストに書き込み、単元は異なっていても理解が共通なものや、混乱しやすいものは相互参照できるよう、ページ数なども合わせて記載しました。

単語についても、1単語1訳の単純記憶になっており、英文にはうまくはまらないことも多かったため、各単語のコアとなるニュアンスや、語源・語法などもあわせて説明を書き込み、使い勝手のよい知識にしていきました。

これらがある程度入った段階で、本格的に読解メインの指導に移行しました。読解を念頭に置いたここまでの指導をしっかり身につけてくれたため、この段階では無駄な二度読みをすることなく、前から読み下しながらも意味を取れる状態となっていました。

学習状況の変化と合格までの成績推移

■成績推移 :60(模試名:河合全統)→ 最高偏差値 69.8  

入会当初はSS60程度あったものの、感覚に頼った勉強であったためムラがありましたが、基礎から改めて組み上げていったことで、5月に65、6月に69.8というところまで順調に上がっていきました。

性格的に多少雑なところがあり、自習の仕方の効率も悪く、こちらがやや厳しめに説教をするということも少なからずありましたが、持ち前の素直さですぐに元のコースに戻ることができたのも、成績が上がっていった大きな理由であったと思います。9月以降は、過去問指導に移り、年末にはほぼ合格ラインを越えることができていました。

結果

■結果(進学先):  東邦大学医学部

◎生徒とのエピソード

明るく人懐っこいタイプである半面、やや繊細なところがありました。一人暮らしでもあったため、精神的なコントロールも難しいだろうと思い、授業の後に一緒にご飯を食べながら、バカ話をよくしていました。高田馬場の有名ラーメン店はほぼ制覇したのではないかと思います。本当に頑張ってくれていたので、心に残っている生徒の一人です。
 

同じ志望校(東邦(医)大学)を目指す受験生へのアドバイス

英語の配点が高く難易度も高いため、高い英語力を身につける必要があります。

設問は選択式であるものの英文量は多く、一文一文を丁寧に英文解釈しないと意味が取れないという状態では、東邦の英語に太刀打ちできません。無駄な二度読みを排し、前から読み下し、できるだけ日本語を介在させないで英文の内容を捉えていく力を身につける必要があります。それは単語の拾い読みをするということではなく、意味の塊ごとに前から型に乗せて内容を取るということです。

そのためには、英文構造をきっちりとらえた文を何度も音読し、理屈より先に型通りの内容が頭に入ってくる状態を作る必要があります。また、医系テーマが主となっている為、読解問題の素材として早めにそれらを取り扱い、医系単語についても、英文の読み直しの中で身につけていくと良いです。

東邦大学医学部の入試傾向と対策はこちら

「医大受験 プロ家庭教師インタビュー 」一覧はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ