医大・医学部受験プロ家庭教師 福岡大学
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

福岡大学
入試対策と勉強法

出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

医学部

大学所在地 
〒814-0180  福岡市城南区七隈八丁目19-1

※2020年度・一般入試データです

 

教科

科目

時間

配点

外国語

コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、

英語表現Ⅰ・Ⅱ

70分

100点

数学

数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(数列、ベクトル)

90分

100点

理科

「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、

「生物基礎・生物」から2科目選択

120分

2科目

200点

2科目

小論文・面接・調査書

60分

(小論文)

50点

※ 1次選考合格者に対し、2次選考は小論文・面接・調査書により総合的に選考される。
※ 1次選考時に小論文も課されるが、その結果は2次選考で使用される。

すぐに役立つ!科目別対策と勉強法

福岡大学の物理対策と勉強法

試験時間:
(2科目)120分
満点:
(2科目)200点

力学、電磁気、および熱力学のみ出題される。原子物理はおろか、波動も出ない。かなり偏った出題範囲であるので、まずはこの3分野を重点的に学習しよう。余力がない場合はこれらの分野に絞って徹底的な演習を行うのも手だ。ただしこの出題形式はいつ変更されるかわからないので、一応他の分野も押さえておいた方がいいかもしれない。

福岡大学の化学対策と勉強法

試験時間:
(2科目)120分
満点:
(2科目)200点

理論化学が少し混合された高分子化合物の大問が4番で出題される。糖、アミノ酸も含めて高分子化合物の分野は綿密に学習しておきたい。その他にも無機化学が他大学医学部に比べて多く出題されるので直前期には知識を総復習しておくとよい。有機化学、理論化学からもさまざまな分野から出題されている。

福岡大学の生物対策と勉強法

試験時間:
(2科目)120分
満点:
(2科目)200点

大問が5題と多く、結果として幅広い分野からの出題が見られる。その中で分子生物学、刺激と反応、発生と生殖といった内容が多いのはいかにも医学部らしい趣向だが、平成28年度には植物の系統と進化が大問のテーマとなった。平成27年度と28年度とでは出題傾向自体にも変化が見られたことから、今後は医学的な関連の薄い分野からの出題比率が高まっていく可能性も考えられる。

福岡大学の数学対策と勉強法

試験時間:
70分
満点:
100点

微分積分に関する問題が毎年出題されている。また、小問集合では、特定の分野に偏ることなく、あらゆる分野から出題されている。出題分野は多様だが、典型的な問題が多いので、苦手な分野を作らないようにしておきたい。

福岡大学の英語対策と勉強法

試験時間:
70分
満点:
100点

例年大問数は5題であり、試験時間は70分である。大問1の英文和訳のみが記述式、残りは選択式である。合格最低点は直近3年間について見るに400点満点で2016年度298点、2015年度288点、2014年度302点となっている。従って、過去問演習時には、75%を目安にすると良いだろう。

福岡大学への受験を控えている保護者様へ

福岡大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

福岡大学

福岡大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。