医大・医学部受験プロ家庭教師 慶應義塾大学 英語の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

慶應義塾大学 英語
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

読解問題3題、自由英作文1題の計4題の問題構成が過去3年間続いている。記述問題の比率が高く国立型の問題といえる。
読解問題の英文は年により長短に差があるが3題トータルで1500~1800語程度であるものの語彙レベルは高く、また内容真偽や和訳問題も難易度が高い。
自由英作文は比較的柔らかいテーマが多いがどう書くべきかすぐには思いつかないものが出題されることもある。

出題量と時間配分

試験時間は90分。
読解問題は600~800語程度のものが多い。自由英作文に15分確保し、読解問題3題を75分で解くことになるが、英文が短めであったり、記号問題のみの読解問題は15~20分程度で解き、英文和訳・和文英訳が多い問題にはやや多めの時間を確保するように現場で調整する必要がある。

出題形式の特徴

英文和訳・英作文・説明問題など記述問題を中心にその内容真偽や語彙について幅広く問われている。国立型の出題と言え、速読も重要であるが精読力がより強く問われる出題といえる。
自由英作文は80~100語程度の記述が求められている。

解答形式の特徴

前述のとおり記述問題が多く出題され、難関国立と同様の対策が必要だ。年によっては説明問題も出題される。

攻略のポイント

読解問題

トータルの英文量はそれほど長いわけではないが、記述問題部分に十分な時間を書けるためにはそれ以外の部分を速読出来る能力を鍛える必要がある。
意味のかたまりごとに前から訳し下していく事ができなければ時間内に設問処理まで含めて解答を終わらせることは出来ない。句・節ごとに意味をとらえ、ニュアンスの分かるものは日本語に訳さず読み進める力を身につけたい。

一定レベル以上の英文解釈能力を身につけたら、句・節ごとにスラッシュを入れながら前から訳し下すトレーニングをしよう(スラッシュ・リーディング)。最初のうちはやや多めにスラッシュを入れることになるだろうが、慣れてくればそれほど入れずに前から訳し下していくことができるようになる。
併せて行いたいのが音読だ。一度解き、しっかり復習した英文を用いて、必ず英文音読の時間を設けるようにしよう。音読することで、強制的に前から読み下す習慣を身に付けることが出来る。その際には必ず意味のかたまりごとに内容を把握する意識を持つようにすること。漫然と読んでいては効果は半減だ。
音源付きの長文問題集であれば、それを利用することでさらに効果を高めることが出来る。

また、本学部では精読力の向上が欠かせない。難関国公立大学対策用の問題集を用い、高い英文解釈能力と下線部からだけではなく内容の流れから下線部分の英文の意味を限定していくという作業をトレーニングする必要がある。

自由英作文

まずは英文エッセイの基本的な構成・書き方を身に付ける必要がある。Introduction(導入・主旨)→Body(内容)→Conclusion(結論)という3部構成をおさえ、それぞれのPartの内容を書くにあたっての典型的なフレーズを身につけておくことで、現場では純粋に内容面のみを考えることが出来る。
書きたい英語ではなく、書ける英語、論理を一貫させられる内容を選択するのも重要だ。いずれにしても実際に手を動かして書くトレーニングを重ねよう。

単語・イディオム

単熟語のレベルが高いのが医学部の特徴でもある。常に語彙のレベルをあげる勉強をしておかなくてはならない。ただ、同時に、意味を知らなくても前後の流れや語源からおよその意味を類推する力を身につけておきたい。
また、アクセントも出題される年があるため、意味を覚えると同時にアクセントまで必ず意識をするようにしたい。

推奨テキスト

*テキストには相性があります。できれば書店で手にとって確かめてから選びましょう。

英文解釈

①『英文解釈の技術100』(桐原書店)
英文構造の把握を身につけるための良書。この1冊を7~8割程度消化したら、あとは速読のトレーニングをすることに注力しよう。

②『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)
講義仕立てで読みやすく、量も絞ってある分、時間をかけずに終えることが出来る。①をやる時間がない人はこちらでも良いだろう。

③『Rise構文解釈1・2』(Z会出版)
2までやれば英文解釈に不安はなくなる。精読力が問われる本学部を受験するのであればここまでやっておきたい。

長文読解

①『パラグラフリーディングのストラテジー1・2』(河合出版)
ある程度の英文解釈力が身についたら取りくむべきシリーズで、速読するためのエッセンスが詰まっている。パラグラフリーディングの基本を1で身につけ、2でトレーニングする形。難関国公立向けであるため3までやっておきたい。

②『やっておきたい英語長文500・700・1000』(河合出版)

③『英語長文レベル別問題集5・6』(東進ブックス)

④『過去問』
当然ながら、最高の実践的トレーニングとして最も重要なものだ。近年の1年分については、レベル・形式を把握するために早い時期に解いておこう。

単語・イディオム

①『速読英単語[必修編・上級編]』(Z会出版)
学校使用の単語帳を用いるのが効率的ではあるが、使いづらかったり相性が悪かったりするのであれば、CD音源付きで速読の練習も兼ねられるこちらを利用すると良い。上級まで回せれば単語力に不足はない。

②『解体英熟語』(Z会)
ボリュームはあるが、テキストの後ろにある前置詞・副詞の整理ノートがよくまとまっており、効率的に覚えられるだけではなく、未知のイディオムもニュアンスを類推することができるようになる。

③『システム英単語Premium(語源編)』(駿台文庫)
語源ごとに編集された単語帳。単語としてはやや難易度の高いものが多いが、語源については分かりやくまとまっているため、自分の使っている単語帳では覚えにくい単語があるときに参考程度に利用するとよい。

英作文

①『英作文ハイパートレーニング自由英作文編』(桐原書店)
自由英作文の構成の仕方、基本フレーズを修得することが出来る。政経受験者であるならぜひ取り組んで欲しい。

②『英作文のトレーニング[自由英作文篇]』(Z会出版)
やや②と説明の仕方が異なるところがあるものの、学習した手順をさらにこちらで深めることが出来る。

慶應義塾大学への受験を控えている保護者様へ

慶應義塾大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

慶應義塾大学

慶應義塾大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。