医大・医学部受験プロ家庭教師 昭和大学 数学の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

昭和大学 数学
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

本校では、微分積分、ベクトル、確率に関する問題がよく出題されている。ただし、この三分野以外からも、指数対数、三角関数、整数など幅広い分野から出題されているので、特定分野に偏った学習は好ましくない。基本的には、ほとんどの分野から出題されると考えておいた方がよいだろう。

出題量と時間配分

試験時間は、数学・英語の両方で140分という独特の設定になっている。数学の試験時間を70分として考えると、出題量はかなり多く感じるだろう。処理能力が問われるだけでなく、問題選択と時間配分も重要である。

出題形式の特徴

大問が4題出題されており、各大問ともいくつかの設問が用意されている。これらの設問は、全く関連のない設問になっているので、単純に4題という捉え方はしにくい。
解きやすい問題を選ぶには、大問ではなく設問ごとに見ていく必要がある。

解答形式の特徴

ほとんどの問題が結果のみを解答欄に記入していく形式となっている。結果のみを答える問題では、最終的な答えのみが採点対象なので、過度に丁寧に解く必要はない。試験時間が短いので、答えを素早く求めることが優先となる。ただし、つまらないミスにはくれぐれも注意しなければならない。

攻略のポイント

本校の入試では、やや考えさせる問題も出題されているが、難易度としては標準的な問題が多い。ただし、計算処理量は多めである。
このような問題に対応するためには、まず教科書・参考書の内容をきちんと理解したうえで、典型的な問題に数多く触れておくことが重要である。多くの分野から出題されるので、苦手な分野を作らないようにしたい。

計算力・処理能力の強化

計算力・処理能力の強化は、私大医学部全般に共通していることではあるが、本校では、計算力・処理能力が特に重要である。計算練習と典型問題の確認は日常的に取り組んでおきたい。
また、問題演習をしていると、つまらない計算ミスなどをしてしまうことはある。そのときに、ミスを軽視せず、真摯に向き合うことが大切である。自らの手で正解を求められるまで格闘することが、計算力や処理能力の向上につながる。地道な努力を怠ってはならない。

微分積分について

微分積分は、極限も含めてよく出題されている。手間のかかる問題が出題されやすい分野なので、数多くの問題演習を通じて、この分野に慣れるようにしておきたい。
本校の入試では、最終的な答えのみを書くことになる。しかし、普段の学習では、途中式もきちんと書いて演習することが望ましい。

確率について

本校では確率の問題がよく出題されている。苦手にしやすい分野であるが、苦手な受験生の多くは、原理の理解が浅い状態で問題演習を繰り返していることが多い。まずは、原理を根底からきちんと理解することが重要である。そのうえで、多くの問題に取り組んでいくとよいだろう。

過去問演習について

本校は、数学・英語の両方をセットにして試験する独特の形式なので、過去問演習でも、この形式で練習するとよい。
数学では、時間配分と問題を見極める力が必要なので、そのことを意識した練習を心がけたい。時間通りに取り組むと、時間不足で解ききれなかった問題もあるだろう。そのような問題も、もう一度時間を計って挑戦してみるとよい。そうすることで、時間配分や問題選択が正しかったのか検証できる。

推奨テキスト

『青チャート(数研出版)』

いわゆる網羅系参考書である。問題量が非常に多いので、すべての問題を解く必要性はない。例題などを中心に、問題を選んでいけばよい。
なお、本校で頻出の、微分積分・ベクトル・確率は重点的に取り組むようにしたい。

『Z会数学基礎問題集 チェック&リピート(Z会出版)』

学んだ内容の定着度を確認するのによい。また、苦手分野の確認・復習にもよいだろう。この問題集を、あまり時間をかけずに解けるように練習しておくとよい。

『合格る計算 数学Ⅲ(文英堂)』

「合格る」と書いて「うかる」と読む。このテキストは、数学Ⅲの計算力強化にとても役に立つ。解き方のコツが丁寧に説明されており、計算の上手・下手にまで触れている希少なテキストである。計算力強化を目的としたテキストなので、なるべく早い時期から取り組むことが大切である。

『シグマベスト 実力強化問題集(文英堂)』

基本事項がある程度身に着いた段階で取り組むとよい問題集である。典型的かつ標準的な問題が多く掲載されている。問題数はかなり多いが、本校で出題されそうな問題も少なくない。☆印のついた問題を中心に計画的に進めていくとよいだろう。
ただし、併願校によっては、この問題集は早期に終わらせておかなければならないので、取り組み方に注意する必要がある。

『大学への数学 一対一対応の演習(東京出版)』

標準レベルの良問が多い。頻出分野を中心に演習するとよい。例題ごとにタイトルが付いており便利ではあるが、入試が近づいてきた頃には、タイトルを見ないで解く練習もしたい。その場合は、ページ下部の演習題のみをコピーして、ノートなどに貼ってみるとよいだろう。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

昭和大学への受験を控えている保護者様へ

昭和大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

昭和大学

昭和大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。