医大・医学部受験プロ家庭教師 東京医科大学 英語の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

東京医科大学 英語
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

大問として、発音またはアクセント問題が1題、文法・イディオム等知識問題が1題、会話文もしくは語句整序問題が1題、長文読解問題2題の計5題の出題が例年の傾向だ。全体として標準的な知識・理解が問われており解きやすい問題と言える。年によって、大問1が発音とアクセントのどちらか、大問3が会話か語句整序となっておりどちらが出題されても対応できるようにしておきたい。読解については、医療系のテーマが出題されず、人文系のテーマのみの出題となる年もある。

出題量と時間配分

試験時間は60分。大問1・2はそれぞれ小問が5~6つ程度なので併せて7~8分、大問3の語句整序(もしくは会話)も7~8分で終わらせ、読解問題2題に45分残したい。長文読解は時間をかけただけ精度が増す。知識系の大問1から3までは15分で終わらせることが出来るだけの知識の精度の高さを目指したい。

出題形式の特徴

読解問題に関しては、大問4が空所補充を中心とした問題、大問5が内容一致問題となっている。大問4の語群から適切な語句を空所に補充する問題は、語群の選択肢が16~18と多いが、各空所に付き、文法形式的な視点からある程度絞ることで効率的に解くことが出来る。大問5は内容一致問題も20~25の選択肢の中から5~8つの正しい物を選択するというもの。選択肢の並びと英文の流れが基本的には同一なので、1~2パラグラフ読むごとに選択肢をいくつか検討するという方法で進めれば、記憶が新鮮なうちに選択肢の正誤を判断できる。

解答形式の特徴

全てマークシート形式となっている。大問5については、20~25ある内容一致の選択肢が各々2~3行の英文となっているため、トータルではかなりの分量となっている。読み取りに思っている以上に時間がかかるので、前述した時間配分のとおり、やや多めの時間を確保しておきたい。

攻略のポイント

[読解問題]
読解問題の出来が合否を左右する出題となっている。したがって、読解力向上に向けた取り組みに時間をかけたい。試験時間が60分であることを併せて考えれば、速読能力の向上も必須だ。意味のかたまりごとに前から意味をとっていく事ができなければ時間内に設問処理まで含めて解答を終わらせることは出来ない。句・節ごとに意味をとらえ、ニュアンスの分かるものは日本語に訳さず読み進める力を身につけたい。
一定レベル以上の英文解釈能力を身につけたら、句・節ごとにスラッシュを入れながら前から読み下すトレーニングをしよう(スラッシュ・リーディング)。最初のうちはやや多めにスラッシュを入れることになるだろうが、慣れてくればそれほど入れずに前から読み下していくことができるようになる。併せて行いたいのが音読だ。一度解き、しっかり復習した英文を用いて、必ず英文音読の時間を設けるようにしよう。音読することで、強制的に前から読み下す習慣を身に付けることが出来るし、日本語を介在させなくとも内容が頭に入ってくるようになる英文が増えてくることになる。その際には必ず意味のかたまりごとに内容を把握する意識を持つようにすること。漫然と読んでいては効果は半減だ。音源付きの長文問題集であれば、それを利用することでさらに効果を高めることが出来る。

[文法・語句整序]
大問2で問われる事項は標準的なものであるため、後述のようなインプット系の問題集を一冊完成させれば完答を目指せる。もっともかなり短い時間で解き切ることが要求されることになるため、高い精度で完成させたい。語句整序が出題される年もあるため、こちらもしっかり対策が必要だ。場当たり的な解き方ではなく、他動詞の性質や節の個数を意識した英文の骨組みから組み上げる手順をしっかり確立しておきたい。

[単語・イディオム・会話表現]
単語レベルは標準的で、英文の素材に医療系のものが出題されることもあるが、医歯薬系の単語を覚えなくてはならないほどの出題はない。オーソドックな受験用単語帳を1冊完成させれば十分である。会話表現については、対話文読解が毎年出題されるものの、口語表現の知識を聞くというよりは内容把握を問う問題であるのであまり神経質になる必要はない。もっとも、会話文ならではの特殊性があるので、苦手意識があるのであれば後述の問題集をやっておくと良いだろう。

推奨テキスト

英文解釈

①『入門英文解釈の技術70』(桐原書店)
英文構造の把握を身につけるための良書。この1冊を7~8割程度消化したら、あとは速読のトレーニングをすることに注力しよう。

②『ポレポレ英文読解プロセス50』(代々木ライブラリー)
講義仕立てで読みやすく、量も絞ってある分、時間をかけずに終えることが出来る。①をやる時間がない人はこちらでも良いだろう。

長文読解

①『パラグラフリーディングのストラテジー1・2』(河合出版)
ある程度の英文解釈力が身についたら取りくむべきシリーズで、速読するためのエッセンスが詰まっている。パラグラフリーディングの基本を1で身につけ、2でトレーニングする形。

②『イチから鍛える英語長文300・500・700』(Gakken)
テキストの使い方から長文読解学習の方法まで丁寧な記載がなされており自習用教材としてよく出来ている。CDも付いているので有効に活用したい。

③『英語長文レベル別問題集4・5:CD付き』(東進ブックス)

④『私立医大の英語(長文読解編)』
医療系のテーマに絞った長文問題集。最新医療の時事問題、医学・生物学など医学部で出題されることの多いテーマをバランスよく扱っている。また、イラストを用いて背景知識を説明してくれているページは読み物としても面白い。長文のレベルにややムラがあるが、医学部受験生はぜひ取り組んで欲しい。

⑤『過去問』
当然ながら、最高の実践的トレーニングとして最も重要なものだ。近年の1年分については、レベル・形式を把握するために早い時期に解いておこう。

文法・語法

①『頻出英文法・語法問題1000』(桐原書店)
文法・語法系のインプット教材としてはややボリュームがあるが、比較的説明が厚めなので自分で進めやすい。

②『英文法ファイナル問題集[標準編]』(桐原書店)
全10回のテスト形式。範囲指定のない形で問題が作られているため、知識の定着度を図るのに良い。語句整序も各回に出題されているため、苦手な設問形式をピックアップして取り組むという使い方も可能だ。

単語・イディオム

①『速読英単語[必修編]』(Z会出版)
学校使用の単語帳を用いるのが効率的ではあるが、使いづらかったり相性が悪かったりするのであれば、CD音源付きで速読の練習も兼ねられるこちらを利用すると良い。上級まで回せれば単語力に不足はない。

②『解体英熟語』(Z会)
ボリュームはあるが、テキストの後ろにある前置詞・副詞の整理ノートがよくまとまっており、効率的に覚えられるだけではなく、未知のイディオムもニュアンスを類推することができるようになる。

③『システム英単語Premium(語源編)』
語源ごとに編集された単語帳。単語としてはやや難易度の高いものが多いが、語源については分かりやくまとまっているため、自分の使っている単語帳では覚えにくい単語があるときに参考程度に利用するとよい。

会話問題

『英会話問題のトレーニング』(Z会出版)
会話問題に苦手意識がある場合に取り組むべき一冊。ボリュームが多いため、時間がない場合には第3章の会話形式の長文読解25題をやるとよい。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

 

東京医科大学への受験を控えている保護者様へ

東京医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

東京医科大学

東京医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。