桐光学園中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

桐光学園中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

桐光学園中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

神奈川県の共学難関校。どの科目も、標準的な問題が多い。基本事項の習得から、ある程度のレベルの内容まで、地道に努力を重ねてきたのかを問われる。

算数 難問は出題されず、算数の学力がそのまま反映されやすい。したがって「計算力」と「判断力」が重要。
国語 解答数が少ないため、「ひとつのミス」が致命的になる。つまりミスをしない「慎重さ」が求められる。
社会 他校と比べ「公民」単元からの出題が多く、しかも「難問」が集中しているため対策が必須。
理科 基本問題と今まで繰り返してきた典型問題が殆ど。まずは基本テキストを徹底して身につけることが重要。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 150点

計算、和と差の文章題、速さ、平面図形、図形の移動、規則性、場合の数など幅広い分野から出題されている。
標準レベルの出題が中心で際立った難問は見られない。
本校受験者は、まずは苦手単元を作ることなく各分野の基本をしっかり固めることが大切である。
特に、確実な計算力を身につけるためにも、日々の計算練習を地道に行って欲しい。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算問題・小問集合(文章題) 10分
【大問2】小問集合(平面図形、立体図形、他) 標準 10分
【大問3】規則性に関する問題 標準 10分
【大問4】図形の移動 標準 10分
【大問5】場合の数 標準 10分

国語の攻略ポイント

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 150点

※本校は2018年度、「第1回」「第2回」「第3回A」「第3回B」、計4回の試験が実施されたが、ここでは全て「第1回」についての説明。

「小説」(あるいは「随筆」)、「論説文」(あるいは「説明文」)、「漢字問題」、各1題の大問3題という出題形式が定着している(2018年度も同)。解答数は25程度(本年度は24)。

文章量は例年5000字ほどだったが、昨年度は若干増え、本年度は一気に増加して約8200字(来年度以降も警戒が必要)。

「解答形式」は、「選択肢」(「不適切」「空所補充」「脱文挿入」「本文内容合致」などあり)、「抜き出し」(昨年度に引き続き、本年度も出題なし)、「説明記述」(例年1~2問ほど。本年度は増えて4問)、「総合的知識問題」など。

本校の特徴は、「知識問題」以外の「各設問の配点が高い」ということだ。
1問当たり「4~8点」、「説明記述」では年度によっては「20点」というものさえある。解答数が少ないということもあり、「ひとつのミス」が致命的になるので、それだけ「慎重さ」が求められる。

また、中には「複雑な設問」もあり、注意が必要だ。尚、本年度の「漢字問題」は新趣向となったので、来年度に向け要注意だ。

150点満点。試験時間は50分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】「漢字の同音異字判別」(全5問) 2分
【大問二】「小説の読解」(「説明記述」「総合的知識問題」あり) やや難 22分
【大問三】「論説文の読解」(「説明記述」「脱文内容選択肢」あり) 標準 26分

社会の攻略ポイント

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 100点

※本校は2018年度、「第1回」「第2回」「第3回A」「第3回B」、計4回の試験が実施されたが、ここでは全て「第1回」についての説明。
「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問数は例年3題(2018年度も同)。
各大問は「原則1単元対応」と「総合問題」が混在している(本年度は「総合問題」が2題)。全解答数は40前後(本年度は増えて46)。単元別の配点比率は、年度によって小異はあっても近年は「歴史」「公民」が主流(ただし、昨年度は「地理」が復権した)、本年度は「歴史」4割、「公民」3割強、「地理」2割で、「時事」は1割弱。
設問では、「リード文」や「単一テーマについての説明文」などに関するさまざまな「地図」「地形図」「図版」「統計資料」「写真」などからの、各単元に対応した「小問」が並ぶ(本年度は「図版」と「統計資料」)。
解答形式は、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」、「空所補充」「整序」などあり)、「事項(人名)等記述」(「空所補充」、種々の「指定」あり)、「説明記述」(2015年度までは例年数問程度あったが、本年度も含めここ3年はなし)など。
最大の特徴は、他校に比較して「公民」の出題が多く、かつ、他の単元に比べて「難問」が多いということだ。また、「直接出題」は少ないが「時事」に関連するものが多いことも特色。
100点満点。試験時間は40分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】「総合」(「地理」「歴史」)(「都道府県の形状」あり) 標準 17分
【大問2】「総合」(「公民」「時事」)(「アルファベット指定」あり) 標準 14分
【大問3】「歴史」(「年代整序」あり) 9分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 100点

物理、化学、生物、地学の4分野から出題されている。ここ数年、地学分野からの出題は少なかったが、今年度は天体について出題されたことが注目される。全体的に、標準レベルの知識を問う問題が多く、思考力や計算力が必要な出題も見られる。苦手単元を作ることなく、基本知識をしっかり固めた上で、その知識を活用するための問題演習にも重点を置いて学習して欲しい。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】生物 植物の働き 標準 13分
【大問2】化学・物理 水と氷 標準 14分
【大問3】地学 天体 標準 13分

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて中学受験専門のプロ家庭教師です。

上位5.8%のトッププロ家庭教師

リーダーズブレインは指導経験7年以上の現役プロ教師の中から、わずか上位5.8%のトッププロを厳選しています。
みなさまがプロ家庭教師にもとめるクオリティをお届けします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

プロに聞く!教師対談インタビュー

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。 

学校概要

学校 桐光学園中学校
偏差値 2019予測偏差値 男47/女42(四谷大塚80%)
併願校 國學院久我山中・東京都市大等々力中・清泉女学院中・成城学園中・日本女子大附属中が多くなっている。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では男子が最低60%、女子は最低50%はクリアしよう。出身塾別で見ると、日能研が多く、次いで四谷大塚、サピックスとなっている。
進学実績 首都大学東京・横浜国立大・東京工業大を始めとした国立大に1割、早稲田大慶應義塾大上智大に4割、MARCHに9割強が合格している。
その他 中学での成績が基準に達していれば併設の高校へ進学できる。
基本情報 所在地 〒215-8555 神奈川県川崎市麻生区栗木3-12-1
最寄駅 小田急多摩線「栗平」徒歩12分・京王相模原線「若葉台」などよりスクールバス
連絡先 ℡:044-987-0519
沿革 昭和57年開校。
  • 桐光学園中学校

  • 桐光学園中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ