大学受験専門プロ家庭教師が語る

上智大学 共通問題入試対策と勉強法

出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

「上智大学共通問題」入試傾向と科目別勉強法

上智大学は、学部ごとに癖があるといった傾向が他大学ほどみられません。第一志望学部だけでなく、他学部の過去問を積極的に解くことで、上智大学受験に向けた効率的な勉強方法を確立しましょう。

すぐに役立つ!科目別対策と勉強法

科目 共通する学部名
英語共通問題 学術論文、新聞記事、映画のシナリオなどから、社会、教育、文化、科学など人文分野に関する幅広い長文が出題されています。
2018年度はこれまであまり出題されていなかった会話文が、各学部学科共に増え、その分読解問題が減っています。
とはいえ会話文も、会話特有の表現を聞くというより、文脈判断での空所補充問題で、量も多く、これまでの読解問題の難易度と大きく変わったわけではないと思っていいでしょう。
国語共通問題① 「出題科目」は「国語総合」「現代文B」「古典B」。
「現代文」は「論説文(評論文)」1題が基本。文章内容は「文化論」「文学論」「社会論」「言語論」「記号論」「美術論」「教育論」等と多種多様で、「抽象語」や「専門用語」を用いた硬質な文章も多くやや読みづらい。「知識」は「小問」として出題され、「語句の意味・用法」などが問われる。
「古典」では「古文」が1題で、主に中世~近世の「物語」「説話」「紀行文」「評論」「歌論」(当然、「和歌」も含まれる)などの題材が出題される。かつては誰も知っているようなメジャーな作品もあったが、近年は初出のものも多い。文法から解釈までの総合的読解力や、「歴史的背景」を含めた「古典常識」も問われる。
「漢文」も1題。題材は「史伝」「思想」「故事・寓話」などで(「漢詩」はほとんどない)、「基本的句法」「書き下し」「返り点」「語句の読み・意味」「内容解釈」「漢文常識」等が問われる。「漢文」も含めて「古典文学史」も頻出。 
国語共通問題② 「出題科目」は「国語総合(近代以降の文章を範囲とする)」「現代文B」。
「現代文」は2題が基本で、「論説文(評論文)」がほとんど(ただし稀に「随筆」も出題される)。文章内容内容では近年「哲学論」が頻出だが、「文学論」「芸術論」「歴史論」「言語論」「文化論」といった題材も扱われる。また、「数学」「民俗学」「精神医学」「記号論」「身体論」等に関する文章が出題される年度もある。さほど硬質な文章はなく比較的読みやすい。
「知識」は小問として扱われ、「語句の意味」「四字熟語」等が問われる(ただし出題数はわずかだ)。
もう1題は「近代以降の文章」で、「文語文」で書かれた明治期の著作が多い。内容は「芸術論」「教育論」「文学論」「修辞論」「随筆」など多彩で、夏目漱石や森鷗外といった著名な作家の著作も多く、岩倉具視を団長とした「米欧使節団報告書」(2017年度)、福沢諭吉の「外交論」(2014年度)といった出題もある。通常の「古文」とは異なるが、「文語文法」に則っており「漢語」も多用されているので、内容を正しく理解するためには基礎的な「古典」の知識が必要となる。「文学史」などの「知識」が出題される場合もある。
国語共通問題③ 「出題科目」は「国語総合」「現代文B」「古典B」。
「現代文」は1題で「論説文(評論文)」が基本。文章内容は「科学論」「教育論」「言語論」「哲学論」「コミュニケーション論」「社会論」等と多彩で、「ケア論」「感覚論」といった題材が出題されたこともある。さほど硬質な文章はなく比較的読みやすい。
「知識」は「小問」として扱われるが、直接的な出題はほとんどなく「空所補充」などで「語句の意味」が問われる程度だ。
「古典」では「古文」が1題で、古代~近世の「物語」(「歌物語」含む)「説話」「歌論」「評論」「随筆」などが多い(ただ、2015年度は「謡曲」という珍しい題材だった)。文法から解釈までの総合的読解力や、「歴史的背景」を含めた「古典常識」や「文学史」も問われる。
「漢文」も1題。題材は「史伝」「思想」「説話」「評論」などで、「漢詩」の出題もある。「基本的句法」「書き下し」「返り点」「語句の読み・意味」「内容解釈」「漢文常識」等が問われる。「文学史」も頻出。
尚、文学部の3学科では「国語」とは別に「学科試問」が課されている。「哲学科」は「小論文」、「史学科」「新聞学科」では、それぞれ「歴史学」及び「メディア/ジャーナリズム」に関する「試問」となっている。
国語共通問題④ 「出題科目」は「国語総合」「現代文B」「古典B」。
「現代文」は「論説文(評論文)」1題が基本となっている。文章内容は近年「文学論」が多いが、「思想論」「言語論」「哲学論」「文化論」など多様な題材も出題される。内容は、「抽象語」も多く硬質でやや読みづらい。「知識」は「小問」として扱われるが、直接的な出題ではなく「空所補充」などで「語句の意味」等が問われる程度だ。
「古典」では「古文」が1題で、古代~近世の「物語」(「歌物語」「軍記物語」含む)、「日記」、「史書」、「評論」等の題材が多い。文法から解釈までの総合的読解力や、「歴史的背景」を含めた「古典常識」や「文学史」も問われる。
「漢文」も1題。題材は「史伝」「思想」「説話」「評論」などで、「漢詩」を含むものもある。「基本的句法」「書き下し」「語句の読み・意味」「内容解釈」「漢文常識」等が問われる。
国語共通問題⑤ 「出題科目」は「国語総合」「現代文B」「古典B」。

「現代文」は1題で「論説文(評論文)」が出題される。文章内容は「言語論」「思想論」「国家論」「国土論」「生物論」「進化論」「美術論」「記号論」などと実に多岐に亘り、馴染みの薄い分野が題材となることも多く、硬質でやや理解しづらい。

「知識」は「小問」として扱われるが、直接的な出題は少なく「語句の意味」等が問われる程度だ。

「古典」では「古文」が1題で、「物語」「歴史書」等は勿論だが、他の日程の「学部・学科」に比べ、中世の「歌論」や近世の「歌文集」といった「和歌」にまつわる題材が多く、難易度が高いのが特徴。文法から解釈までの総合的読解力が問われ、「歴史的背景」を含めた「古典常識」「文学史」は必出だ。

「漢文」も1題。題材は「史伝」「思想」「評伝」「説話」など(日本人執筆のものもある)。「漢詩」はあまり出題されない。「基本的句法」「書き下し」「返り点」「字義」「内容解釈」「漢文常識」等が問われる。
また、「古文」と「漢文」の2題が内容的に関連しているという場合(たとえば2014年度)もある(解く際には相互連関させることが重要)。
国語共通問題⑥ 「出題科目」は「国語総合」「現代文B」「古典B」。

「現代文」1題が基本で「論説文(評論文)」がほとんど(ただし稀に「随筆」も出題される)。近年の文章内容は突出して「哲学論」が多いが、「文化論」「文学論」「歴史論」「社会論」などの出題もある。特殊な分野が題材となる場合もあるが、さほど硬質な文章はなく比較的読みやすい。「知識」は「小問」として扱われるが、直接的な出題は少なく「語句の意味」が「空所補充」などで問われる程度だ。

「古文」は1題で、「歴史物語」「物語」「説話」「紀行文」「歌論」「評論」などの出題だが、比較的「近世」の題材が多いのが特徴だ。文法から解釈までの総合的読解力が問われ、「歴史的背景」を含めた「古典常識」「文学史」は必出。

「漢文」も1題。題材は「評伝」「史伝」「思想」「日記」「随筆」などで、江戸時代の儒学者など日本人執筆のものも多い。「漢詩」の出題もある。「基本的句法」「書き下し」「返り点」「字義」「現代語訳」「内容解釈」「文学史」「漢文常識」等が問われる。

上智大学トップページはこちら

大学受験を成功に導く過ごし方とは

インタビュー =大学受験、「最後の一年」の賢い過ごし方とは?

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。
高校生活最後の一年の過ごし方は、合否を分ける重要なポイント。志望校合格を勝ち取るためには、どのように一年を過ごせばいいのか…ぜひ参考にしてください。

上智大学への受験を控えている保護者様へ

上智大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な大学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な上智大学に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

大学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた大学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら
  • jouchi

  • 上智大学受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

その他の学部

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ