• 原先生

    京都大学法学部卒

    合格実績(五十音順)

    大阪大・岡山大・神戸大・昭和大・聖マリアンナ医科大・東京女子医科大・兵庫医科大・横浜市立大

明確な目標設定とバランスのよい志望校選びで、東京女子医大に合格!

  • 女子Aさんの場合

  • 指導を始める前の状況

    ■指導開始時期: 高2の4月
    ■指導科目:   高2:英語 → 高3英語・国語・地理
    ■指導回数:   スタート時:週1回(2回時間) → 高3から週2回2時間

      

    Aさんは、理数系が好きで英語が苦手な高校2年生でした。中学では試験前に集中して勉強し、なんとか間に合わせるようなタイプで、中学2年生くらいまではこの方法でも大丈夫ですが、難関の中高一貫校では、中学3年生で高校の主要文法を一気に習うケースが多く、今までと同じと思っていると、3年生を終える頃には英語が嫌いになっているという生徒はかなりの数に及びます。Aさんは正に、その典型と言えるパターンの生徒でした

指導内容

高校2年生になって英語の指導をスタートし、高校の文法を1から始めて、その前段階が分からなければ中学の範囲に戻るという流れを繰り返しながら、一方で圧倒的に不足している語彙力を強化するため、単語帳を覚えていきました。単語帳を始めてみると、彼女は暗記が苦手ではないことがわかり、逆にボリュームさえ調整してあげれば、コンスタントに覚えていくことを武器にできると思うようになりました。その辺りを上手く活かした結果、1年たった頃には英語が苦手ではなくなっていました。

Aさんのご家庭は、お母様が東京女子医大出身の医師だったことから、①第一志望は東京女子医大とする②同校の英語は、センター試験と出題傾向が似ているので、センター試験で高得点を目指し、点数が良ければ二次試験が英数で受験できる地方国公立大医学部も狙う③私立大は薬学部を受験する。という目標を設定して、国公立に向けた勉強に、国語(現代文、古典)、地理を加え、センター試験で9割獲得することを目指し、できるだけ早くセンター試験の過去問演習に入れるよう、基本を徹底して繰り返しました。

急いだ結果、夏休みからは過去問演習がスタートし、センター過去問は20年分を2回繰り返すことができました。理数も予備校中心でしたが、センター過去問だけは早めから取り組んでもらいました。

学習状況の変化と合格までの成績推移

■最高成績:67  スタート時偏差値 英語62(模試名:河合塾記述模試)  

指導開始時は河合の偏差値で平均50台でしたが、高3の5月で偏差値62、10月の河合塾記述模試で最高偏差値67と、指導した期間で着実に実力を上げていきました。

センターの過去問については上述の通り早めに取り組みましたが、秋までの段階では平均すると80〜85%位の正解率でした。仕上げは12月からの1ヵ月です。だいぶ伸びてきましたが、まだまだ必ず取りこぼしもでますし、あまり出ないパターンの問題が出題される年もあります。ここからは、各分野のポイントを絞った対策をしていきます。現代文であれば論説文構成の特徴を問う問題、小説文であれば表現技法を問う問題、古文であれば和歌の技法など、間違えやすい問題をひとつずつ潰していきました。他の科目も同様です。どの問題が出ても正解できる自信がついてないと9割は取れません。

念入りに対策を進めたことで、センター試験本番では国語、英語、地理で平均9割を超え、得意な数学、理科よりも高い点数を獲得できました。全体の平均で89%を獲得できたため、秋田大医学部にエントリーしましたが、先に東京女子医大が合格となり受験しないことになりました。英語の国公立二次対策はまずまずであったため、きっと国公立医学部も合格していたのではないかと、少し惜しまれます。

結果

■結果(進学先):   東京女子医大
■結果(他の合格校): 未受験
 

生徒とのエピソード

Aさんはなんとしても現役で進学先を決めたいという強い意向があり、医学部だけに拘らず薬学部まで受験校を広げています。実際に受験する学校については、理想だけを優先すると、こだわるポイントによって対策範囲がむやみに広がり、組み合わせが上手く嵌らないことや、学習自体が非効率になる場合もあります。

Aさんはその点の考え方が堅実で、バランスよく志望校を設定していました。医学系女子の志望校として、国公立医学部、東京女子医大、私大薬学部というのはとてもいい選択であったと思います。

東邦大学医学部を目指す受験生へのアドバイス

医学部受験生は、数学と理科はほとんど皆が強いですし、差をつけるのも大変です。ではどこで差をつけるか、共通テスト英語、国語、社会は大きなチャンスです。5教科平均して高得点できる力が必要です。
東京女子医大の英語については、上述の傾向を踏まえ、共通テストの問題パターンごとに演習をしっかり行います。国公立も視野に入れる場合は、二次試験向けに英文和訳と和文英訳にも軸を置きながら進めていきます。国語、社会の共通テスト対策は9割得点できるよう早くから始め、かつ5割から6割、6割から7割、7割から8割、8割から9割と、今の段階から次の段階へ上げていくのに、何が必要かを第三者に分析してもらい、効率的に学習に取り組んでいくことをお勧めします

東京女子医科大学の入試傾向と対策はこちら

「医大受験 プロ家庭教師インタビュー 」一覧はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

  • オンラインでプロ家庭教師

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ