• 末松先生

    カリフォルニア大学卒

    合格実績(五十音順)

    北里(医)・九州(医)・杏林(医)・慶應(医)・自治医科(医)・順天堂(医)・昭和(医)・千葉(医)・筑波(医)・東京医科(医)・東京医科歯科(医)・東京慈恵会医(医)・東大(理Ⅲ)・東邦(医)・東北(医)・日本医科(医)・北海道(医)・横浜市立(医)他

インプットとアウトプットの同時並行。獨協医科大学合格!

  • 女子Nさんの場合

  • 指導を始める前の状況

    ■指導開始時期: 高卒1年時3月中旬~
    ■指導科目:       英語 
    ■指導回数:       週1回 2時間

     

    ある年の3月初旬に、Yさんは元教え子で医学部生のNさんに連れられて面談にいらっしゃいました。従姉のNさんはYさんのことを妹のように可愛がっているようで、会って早々「先生のお力で、Yちゃんを何とかして欲しい」と必死に頭を下げるのでした。Nさんの強い願いを感じた私はYさんに「今年の受験では何ができなかったのだろう。教科ごとに状況を教えてくれないかな」と尋ねました。Yさんは初対面のせいか少々緊張されてはいたものの、頭の中で1つ1つ整理しながら答えてくれました。

     

    「得意な方だと思っていた英語はいざ試験に臨んでみると全く手応えが感じられず、数学は計算ミスが多く演習不足を感じました。生物は比較的できた方ですが、分野によっては知識が不足しているようで、化学も分野によっては全く歯が立たず未習部分が多いです。」

     

    Yさんの受け答えから、彼女は理性的で日本語の運用能力が高く、自己分析がある程度できているが能力だけに頼ってしまうきらいがあり、そのせいか知識を十分に詰めていないことなどが分かりました。さらに私は2浪目となるYさんの意志を確かめるために、「どうしても医者の道をお考えですか」と尋ねてみました。Yさんは少々考えた後、「はい、私もNお姉ちゃんのように必ず医師の道へ進みたいと思っています」とはっきりした口調で仰いました。

     

    そこで私は彼女に結果が出なかった本来の原因を知ってもらうため、「英語のどこに弱点があるのか一緒に探ってみましょう」と体験授業を促すことにしたのです。

指導内容

体験授業では、準拠教材3冊(単語帳、問題集、文法書)を使って、その年に受験した杏林大学(医学部)の問題2題を一緒に解いてみることにしました。1題は語法、文法といった知識を問う問題で、もう1題は知識と読解力を要する総合読解問題でした。

まず行う作業としては、問題全体で意味を知らない英単語には黄色のマーカーで線を引いてもらいました。Yさんは予備校で1年間学習しているだけあって、線を引いた単語の数は少なくある程度の語彙力はあるようでした。

しかし線を引いていない難しめの単語の意味を何度か尋ねてみると、答えられないか少し考えてから凡その意味を答えるのでした。その時私は、Yさんは読解力があるので、文脈からその単語の意味を推測しているのだと判断しました。

この行為自体悪いことではないのですが、これに早くから特化してしまうと、受験に対応できる必要最低限の単語を覚えなくなってしまうという弊害が起きてしまいます。

私の考える必要最低限とは、厳選された単語帳に載った単語、複数の語義、派生語、語法などの知識全体の8割です。これをYさんにしっかりと把握してもらうため、解説をする際には、問題に絡む単語を一々単語帳で調べ、それがどの語義で使われているのか、どの単語の派生語であるのか、どういった語法が使われているのかなどを一緒に確認しました。それと同時に、問題に絡むイディオム、構文、文法も問題集や文法書で調べ、それに付随する重要事項も一緒に確認しました。
それら全てを押さえるといずれの問題も明確に解答が得られることを知ったYさんは、これまでの英語の学習法には大きな穴があることを痛感したようです。

そこで私は彼女に、知識の補強を目的として定期的にインプットを行っていくこと、そして得られた知識の活用と解法のテクニックを学ぶためにアウトプット(過去問演習)を一緒に行っていくことを提案しました。冷静なYさんはこの提案にすんなりと同意してくれました。

 

学習状況の変化と合格までの成績推移

■成績推移 : スタート時偏差値61.2(高卒1年時 第3回全統記述模試)→ 最高偏差値68.4(高卒2年時第
        3回全統記述模試)

Yさんの当初の英語の学力は偏差値が61.2(高卒1年時 第3回全統記述模試)で、私大医学部受験にはある程度対応できるが合格の水準には到底及ばないものでした
成績表で大問ごとの点数の内訳を見てみると、読解問題では大きく得点を伸ばし知識問題ではかなりの失点しておりました。この点をYさんに指摘するとご自身でも薄々感じていたようで、これを機に彼女は観念して知識の補強を真剣に取り組み始めました。

指導を開始してから2ヵ月が経とうとしていた初回の記述模試では、覚えた知識がまだ十分に定着しておらず偏差値が60.8(高卒2年時 第1回全統記述模試)という昨年時とは変わらない結果でした。しかし問題を解いた感触が若干変わっていたようで、Yさんの報告では「知識問題がいつもより分かって解けていた」ということでした。

その後、課題をしっかりと熟してくることで、8月下旬には全体の7割程度の知識を詰めることができました。ここでやっとその成果が表れ始めたようで、2回目の記述模試で偏差値は64.7(高卒2年時 第2回全統記述模試)でした。この模試では目に見えて知識問題の正答率が上がったのですが、知識を補強して正確に読めるようになったせいか、読解問題の得点率も少し上がりました。この頃にはYさんも十分な手応えを感じていたようで、それに味を占めた彼女はそれ以降も余念なく知識の補強に励みました。

そして3回目の記述模試では偏差値68.4(高卒2年時 第3回全統記述模試)という私大医学部受験に十分対応できるくらいの学力に至ったのです。

結果

■結果(進学先)  : 獨協医科大学医学部
■結果(他の合格校): 昭和大学、杏林大学、北里大学、聖マリアンナ医科大学、埼玉医科大学、岩手医科大学、帝京大学、金沢医科大学(全て医学部)*一次合格を含む

 

生徒とのエピソード

Yさんはクールな生徒さんで、指導教室にはいつも決まって10分前に入られ、私が入室する直前まで自習をし、指導中は私の無駄話に興ずることもなく軽く受け流し、指導後は帰りのバスの時間ギリギリまで自習をして退席されるような律儀な方でした。指導を開始した当初の私は彼女に対して「少々掴みづらいなぁ」という印象を持ったものです。

しかしその半面、特別な事由がない限り指導を休むことも課題を忘れることもない、いわゆる手の掛からない生徒さんでした。そんなクールな彼女も2回目の記述模試で初めて一志望校の判定評価がBへと上がった際には、「少し医学部が見えてきたようです」と溢れる喜びを抑えながら成績表を見せてくれました。そこで私は「これまで手を抜かずにやってきたことが結果に表れたね。今後もやるべきことをしっかりとやれば、あなたは必ず受かるよ!」とこれまでの努力を労うと共に大きな期待を示すと、Yさんはにっこりと笑って「最後まで手を抜かずにやっていきます」とはっきり断言し、その言葉通り学習に励みました。

彼女はこの年の受験で私大医学部9校1次合格という驚異的な結果を出すことになるのですが、あれから数年経った今でも律儀な彼女は毎年春には学校のご様子などを語りに会いに来てくれます。当然待ち合わせは10分前にいらっしゃって。

 

私立大学医学部を目指す受験生へのアドバイス

ここ最近では私大医学部志望者の方々が複数の医系大学を受験することは至極普通のことでしょう。
そのためでしょうか、医学部受験の皆さんから「各大学で出題傾向が異なるため、どう範囲を絞って学習していけばいいのかよく分からない」という悩みを耳にすることが多々あります。
その際私は決まって「範囲を絞る必要は全くないですね」と答えるのですが、すると大抵それを耳にした受験生からは「各大学で出題されているこの膨大な範囲を絞らずにどうやって学習するのですか!」と反論にも似た反応を受けます。そこで私はその受験生に「それでは複数の大学に受かっている方々は範囲を絞って学習しているのでしょうか」と尋ねると、大半の受験生はここで言葉に詰まってしまうようです。

実はここに盲点があるのです。

そもそも複数の大学において毎年出題内容と出題傾向が多かれ少なかれ変わっている入試問題から、学習範囲を絞ることなど不可能なのです。
ですから複数の大学に合格している受験生の多くは、範囲を絞って学習しているわけではなく、汎用性の高い学習をしているのです。

それでは汎用性の高い学習とは何かと申しますと、受験に必要となる知識を最低限インプットし、それを活用しながらアウトプット(問題演習)を行っていくことです。ここで問題となるのは、受験という限られた時間の中で、インプット&アウトプット作業がいかに効率よくできるかということです。それにはまず、受験に直結した準拠教材を選び、そこで得た知識を活用しながら、厳選された問題を解いていく必要があります。私たち講師はそのナビゲーターとして存在しているのです。

獨協医科大学の入試傾向と対策はこちら

「医大受験 プロ家庭教師インタビュー 」一覧はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ