医学部受験専門プロ家庭教師が語る

獨協医科大学の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

医学部

大学所在地 
〒321-0293  栃木県下都賀郡壬生町北小林880

※2017年度・一般入試データです

 

教科

科目

時間

配点

 

 

 

 

外国語

コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、英語表現Ⅰ・Ⅱ

70分

200点

数学

数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(数列・ベクトル)

70分

200点

理科

「物理基礎・物理」、「化学基礎・化学」、

「生物基礎・生物」から2科目選択

100分

2科目

200点

2科目

小論文

90分

面接

※第2次試験は、第1次試験合格者に対して行われる。なお、「センター利用入試」の第2次試験と同一日に同じ内容で実施される。

英語の攻略ポイント

  • 試験時間:70分
  • 満点:200点

解答形式は全てマークシート方式で、試験時間は70分。大問4問の問題構成である。ただし、2014年度以降は大問1がA・Bに、大問2がA・B・Cに分かれており、実際上は大問が7問あるのと同じ状態になっている。獨逸学協会学校を淵源とし、伝統的に「語学の獨協」と称される獨協大学の系列校である獨協医科大学は、英語の問題は伝統的に難しい。それを勘案しても、現在の出題の難易度と量を試験時間と照らし合わせると時間内に解き切るのは難しい。実際、獨協医科大学の合格者に聞いても、完答していないことが多いというのが実際のところである。

数学の攻略ポイント

  • 試験時間:70分
  • 満点:200点

最新の出題範囲は、文字を含んだ連立不等式、記数法(n進法)、文字を含んだ確率、平面ベクトル、複素数、数列、漸化式、数学的帰納法、曲線の長さ、置換積分など、多岐に渡っている。中でも、記数法の問題は、処理方法を知らない人が、少なくないようである。処理方法を知らなければ、そのまま捨て問になるだろう。また、マーク式の場合、通常は、証明問題は出題されにくいが、本校では、マーク式であるにもかかわらず、穴埋め形式で、数学的帰納法による証明問題が出題されている。マーク式だからといって、証明問題をノーマークでは、痛い目に会うだろう。

物理の攻略ポイント

  • 試験時間:(2科目)100分
  • 満点:(2科目)200点

最新の出題範囲としては、力のモーメント、溶けた氷の質量、凹面鏡と像、「田」の字型電気回路、光の干渉計、磁界中の荷電粒子の運動、U字管内における液柱の単振動、原子核の崩壊、などの問題が、出題されている。物理の全範囲から、偏りなく出題されている印象である。受験生においては、全範囲を、偏りなく準備しておくことが重要である。苦手な範囲は、なるべく勉強したくないのが、受験生共通の心理である。また、多くの受験生が苦手とする問題もまた、不思議と共通している。そして、それらのことを、大学側も、熟知しているのである。受験生においては、自分が苦手とする範囲こそ出題される可能性が高い、と覚悟して、なるべく早い時期に、苦手範囲を克服していただきたい。

化学の攻略ポイント

  • 試験時間:(2科目)100分
  • 満点:(2科目)200点

最新の出題範囲について、検討する。まず、本校の問題は、大問5問構成である。そして、第1問は、小問9問から構成されている。その内容は、理論・無機分野から4問、有機分野から5問の出題となっている。有機分野から半分強の出題となっており、通常、よくみられる構成といえよう。とはいえ、理論・無機・有機分野すべての偏りのない準備が必要である。次に、残りの大問2~5問の内容は、大問2~4問が理論・無機分野から、第5問だけが有機分野からの出題である。この構成は、比較的、珍しい部類に属するといえるだろう。医学部の場合、通常は、もっと有機分野からの出題が多い。本校の場合、有機以外の分野の準備も、かなり重視する必要があるといえるだろう。

生物の攻略ポイント

  • 試験時間:(2科目)100分
  • 満点:(2科目)200点

大問は5題。医科大らしく刺激と反応、分子生物学、遺伝、代謝、恒常性といった分野から解き応えのある考察・思考問題が出題される一方、5題のうち1、2題は生態系や進化といった分野を主題とする傾向にある。いずれの分野でも問われる内容には典型的なものが多いが、知識の正確さが要求される。実験考察、計算の問題は一度は目にするものが多いはずだが、ある程度考察に慣れておかなければ正答できない可能性が高い。

医学部受験専門プロ家庭教師が獨協医科大学合格をサポート

医学部受験指導で40年以上の実績を誇るリーダーズブレインが紹介する教師陣は、これまで多くの医学部受験生を志望校合格に導いてきた医学部受験専門のプロ教師に限定しています。情報戦と言われる医学部受験において、正確な情報のみを精査・提供し、受験校の選択のご提案をいたします。その上で、最も効率的で個々の生徒にマッチした学習プランを策定し、合格まで徹底的にサポートいたします。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師陣

リーダーズブレインがプロと認定した教師陣は、プロ教師界でトップの実力を持つ選び抜かれたプロ家庭教師です。それは、トッププロ教師がプロを選び出す採用システムによって可能となります。30年以上にわたって構築し続けてきたトッププロ講師による妥協のない採用システムは、合格率約5%の厳しい採用基準となっています。また、この採用システムは、指導経験7年以上の現役プロ教師だけをエントリーの対象者としています。
リーダーズブレインは、皆様がプロ家庭教師に求めるクオリティをお届けいたします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

医学部受験プロ家庭教師紹介

獨協医科大学の入試情報に精通し合格実績がある「医学部受験専門プロ家庭教師」には、「医学部合格」のために短時間で最大の効果を発揮させるためのノウハウがあります

「医学部受験プロ家庭教師陣」はこちら
  • Dokkyo_Medical_University2009-s

  • 獨協医科大学受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

ページトップ