医大・医学部受験プロ家庭教師 岩手医科大学 物理の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

岩手医科大学 物理
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

近年の問題において、必須といえるのは、力学分野と電磁気分野である。その他は、原子分野や熱力学分野などが出題されている。力学分野の中では、全般的な内容が、融合された形で、出題されている。ただし、その難易度は、医学部の問題としては、かなり平易といえる。電磁気分野では、直流回路だけではなく、交流回路まで問われている。磁界内における円運動なども問われているが、やはり、医学部の問題としては、かなり平易といえる。熱力学分野も、気体の状態方程式やサイクルの問題など、極めて標準的なレベルである。全ての分野について言えるが、一問でもミスをすれば、かなり後退することになるだろう。原子分野も標準的な内容ではあるが、手薄になりがちな分野であるので、案外、差が付く可能性も否定できない。

出題量と時間配分

近年の問題では、2科目90分である。1科目当たり45分となる。さらに、後述のように、大問3問構成に変わりがないとすれば、大問1問当たり15分となる。これは、出題量に比して、短いと言わざるを得ない。一度間違えた場合に、解き直すための時間はないだろう。もっとも、そうした時間内であっても解け得るように、問題の難易度自体は、かなり低く抑えられている。とは言うものの、ミスが許されない時間配分となるであろう。過去問と同レベルの問題を数多く解き、理解度を上げておくことでミスを防ぐ、という対策が、最も重要だろう。

出題形式の特徴

近年の問題は、大問3問構成である。そして、第1問は、力学分野で、小問6問構成。第2問は、熱力学分野や原子分野などで、小問6問構成。第3問は、電磁気分野で、小問6問構成である。大問の出題分野として、力学分野と電磁気分野は外せない。そして、すべての大問が、小問6問構成である点も、要注意である。つまり、小問誘導のない、いわゆる「崖」問題は少なく、多くの小問からなる、いわゆる「階段」問題がメインであるといえよう。「階段」問題であるがゆえに、いわゆる「変わった解法」は求められていない。基本に忠実に、少しずつ、階段を登って行くように、論理的に考えることができるか否かが、問われている。

解答形式の特徴

近年の問題について言えば、基本的には、「記述式」と考えるべきである。特に、2016年度問題には、「(注)解答には必要な式と答を書くこと。」との注意書きがある。正確な「式」も書いていなければ、減点されるおそれがある。実力伯仲の受験生ばかりである。「式を書いていない」あるいは「式が不正確」であるような場合は、致命傷になりかねない。要注意である。また、なかには、条件を変えれば、結果がどうなるか、といった問い掛けもある。式変形だけでなく、現象に対する理解にも留意したいところである。さらに、「解答には単位を付けよ。」との指示がある問題もある。これも、単位を忘れれば、減点のおそれがある。普段から、単位を書く習慣を身に付けておくべきである。また、図中の該当部に、斜線を描かせる問題(P-V図)もある。図の意味もしっかり覚えておこう。

攻略のポイント

近年の問題においては、前述したように、力学分野と電磁気分野が必須である。まず、この二分野から説明する。

まず、力学分野である。出題内容としては、水平投射、斜方投射、力学的エネルギー保存則、衝突によるエネルギー損失、フックの法則、バネの単振動、2本直列バネの単振動などであるが、とても素直な内容であり、かなり平易なレベルである。前述したように、時間配分のことがあるため、ひねったような問題は出せないと思われる。したがって、こうした標準的なレベルの問題を、いかに、早く、正確に解くか、が問われている。攻略のためには、後述するような、標準的な問題集の基本例題レベル、基本問題レベルを完全に理解し、発展例題レベルまで解けるようになれば、十分だろうと思われる。

次に、電磁気分野である。まず、電気回路であるが、直流だけでなく、交流まで、しっかり理解しておく必要がある。例えば、コイルとコンデンサーの並列回路が問われている。また、ローレンツ力、磁界内における円運動、なども問われている。もっとも、力学分野と同様で、電磁気分野の問題も、医学部の問題としては、かなり平易なクラスに入るだろう。したがって、攻略方法としては、前述の力学分野と同様といえる。

他には、熱力学分野からの出題がみられる。気体の状態方程式、定積変化、定圧変化、正味の仕事量、サイクル、P-V図などを問うものであるが、その内容のレベルは、かなり平易であり、標準的な問題集の例題レベルといってもおかしくはない。医学部受験生であれば、おそらく、ほぼ全員が、全問正答すべきレベルである。であるがゆえに、一問でもミスをすれば、大きく後退するというべきだろう。

他に、原子分野からの出題もみられる。内容としては、電子の運動エネルギーと仕事の関係、特性X線、ド・ブロイの物質波の公式、ブラッグ反射などが問われている。内容のレベルは同じく平易ではあるが、原子分野自体が、手薄になりがちな分野であるため、少しでも忘れていたり、ミスをすれば、大きく後退するだろう。

全体としていえることは、再三述べているように、医学部受験レベルとしては、極めて平易なレベルの出題内容であるということである。おそらく、満点取得者も多いと思われる。したがって、何度も申し上げるが、一問でもミスをすれば、命取りである。大きく後退するだろう。攻略としては、標準的な問題集の全分野を仕上げ、穴を無くした上で、普段から、ミスを防ぐための見直しをする習慣をつけることが、重要である。最後に、改めて申し上げるが、この医学部は、ミスをしたら、負けである。

推奨テキスト

『漆原晃の物理基礎・物理(力学・熱力学編、電磁気編、波動・原子編)が面白いほどわかる本 KADOKAWA・中経出版』

問題を解くためには、まず、基礎的な内容を、頭にしっかりと入れておく必要がある。このシリーズは、できる限り、簡単な表現で、物理全体の内容を説明してくれている。全部で3冊からなり、やや多いようにも思えるが、それだけ丁寧に説明してくれているとも理解できる。まずは、本シリーズのような、いわゆる「理解本」を使って、穴を作らないように、物理全体の内容を、頭に入れるところから、始めてみるのも、一つの方法である。

『セミナー物理 第一学習社』

セミナー物理は、言わずと知れた、学校用問題集の代表格である。学校用問題集を軽視する人がいるようだが、一般論として、その見方は正しいとはいえないだろう。やはり、大変よく出来た問題集である。特に優れていると思える点は、基礎チェックレベルや、基本例題、基本問題、発展例題、そして、発展問題などという、レベル分けの細かさである。このレベル分けを大いに活用して勉強するのも、本問題集の活用ポイントの一つである。もっとも、学校用問題集にはあまりいい思い出がない、やる気が出ない、という人もいるかもしれない。そんな人のために、下記に少し紹介したい。

『良問の風 河合出版』

良い問題集とは、少なくとも、次の2点を満たしているものである。すなわち、①解説が詳しいこと。解説がある程度詳しくなければ、自習ができない。解説が詳しくない問題集は、問題演習の効率を、著しく低下させる。次に、②ほぼ全ての分野の内容を網羅していること。網羅性の低い問題集は、完全に解き終えたとしても、穴が多く残っているものである。以上の2点に注意して問題集を選べばよいが、勿論、完璧な問題集というものは、存在しない。上記2点に注意しながら、後は、自分の好み・相性も大事にして、決めればよいだろう。本問題集は、標準的なレベルの問題集である。解説はそこそこ詳しいので、自習できると思われる。網羅性は、問題数とも大いに関連するが、最初の問題集としては、適切な問題数と思われる。

『名問の森(力学・熱・波動1編、波動2・電磁気・原子編) 河合出版』

本問題集は、上記「良問の風」の上位版として知られる問題集である。本シリーズは、2冊からなっている。どの問題も有名な問題ばかりである。したがって、知らない問題があれば、それだけで、差を付けられるといっても過言ではない。医学部受験生であれば、当然知っておくべき問題である、というくらいのつもりで、取り組んでいい問題である。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

岩手医科大学への受験を控えている保護者様へ

岩手医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

岩手医科大学

岩手医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。