医大・医学部受験プロ家庭教師 岩手医科大学 数学の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

岩手医科大学 数学
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

毎年、3つの分野から出題されている。3つのうち2つは、微分積分、確率からの出題となっている。残る1つは、その他のあらゆる分野から出題されており、特に傾向は見られない。高得点が必要になるので、微分積分、確率だけでなく、幅広い分野の学習が必要になる。

出題量と時間配分

試験時間は60分で、大問題数は3題。難問や時間のかかる問題は出題されておらず、基本~標準レベルの問題が中心である。また、問題数もそれほど多くないので、時間に追われる心配は不要である。
ただし、解きにくい問題が少ないだけに、高得点が必要になるだろう。

出題形式の特徴

例年、大問が3題あり、1題は微分積分、もう1題は確率、残る1題はその他の分野から出題されている。
各大問は、いくつかの小問に分かれており、誘導形式になっている問題が多い。序盤でミスをすると、その大問の大半を失うことがあるので、慎重に解くよう心がけたい。

解答形式の特徴

すべて空欄補充式の問題である。空欄には整数しか入らないが、桁数までは分からないようになっている。最終的な答えのみが採点対象であり、途中式などは一切採点されないので、つまらないミスなどにはくれぐれも注意したい。

攻略のポイント

岩手医科大の入試問題は、典型的な問題が中心であるため、高得点を取る必要がある。大問が3題しかないので、どの大問からも得点していかなければならない。毎年出題される微分積分、確率が重要であることはもちろんだが、他の分野も決しておろそかにはできない。少なくとも、極端に苦手な分野がないようにしておく必要がある。

数学ⅠAⅡBについて

分野を問わず、土台をしっかり固めておくことが大切である。まずは、センター試験レベルの問題をスラスラ解けるようにしておくとよい。センター試験対策用の問題集は、基本事項の確認になるだけでなく、解くスピードをチェックすることにも利用できる。
センター試験レベルがクリアできたら、もう少し難易度の高い問題集に取り組めばよい。これで、数学ⅠAⅡBについては、十分対応できるだろう。

微分積分について

出題されるのは、典型的な解法で解ける問題がほとんどである。参考書の例題を中心に学習し、数多くの問題に取り組んでいくとよい。難問対策は不要だが、典型的な問題はスラスラ解けるようにしておく必要がある。
なお、微分積分は計算力が重要な分野なので、計算練習を怠らないようにしなければならない。

確率について

出題される問題は、基本~標準レベルが中心だが、原理はきちんと理解しておかなければならない。易しい問題でも、ていねいに考える習慣を身につけておくとよいだろう。この分野は、さまざまな解法で解いてみることもよい学習法である。

過去問演習について

やはり過去問演習は重要である。岩手医科大の場合、時間配分を気にするとよいだろう。高得点を取る必要はあるが、満点である必要はない。慌てることなく、確実に高得点を取れるように、時間配分を調整できるようにしておきたい。

推奨テキスト

『青チャート(数研出版)』『黄チャート(数研出版)』

いわゆる網羅系参考書である。問題量が非常に多いので、すべての問題を解く必要性はない。例題などを中心に、問題を選んでいけばよい。
岩手医科大の入試に対応するためには、黄チャートで対応は十分可能である。ただし、併願校によっては、青チャートを使って学習した方がよいケースも考えられるので、信頼できる指導者に相談してみるとよいだろう。

『教科書傍用問題集』

学校で配布されることが多い「教科書傍用問題集」だが、典型的な問題を反復演習するのに向いている。岩手医科大の入試では、このような反復演習をきちんと行っておくことが重要である。ただし、解説が詳しくない場合があるので、質問をすることができる環境が必要ではある。使用方法については、信頼できる指導者に相談するとよい。

『Z会数学基礎問題集 チェック&リピート(Z会出版)』

教科書レベルから入試の基本レベルの問題への橋渡しを目的とした問題集である。初めはやや解きにくく感じる問題もあるだろうが、なるべくスラスラ解けるようにしておきたい。また、学んだ内容の定着度の確認に利用するとよいだろう。

『数学基礎問題精講(旺文社)』

基本レベルの問題をわかりやすく説明してある。苦手分野の典型的問題を確認したり、演習量を増やしたいときに利用できる。このテキストは、隅々まで取り組むよりは、気になった問題のみに取り組むという使い方の方がよいだろう。ただし、数学Ⅲについては、多めに演習しておくとよい。

『チョイス新標準問題集(河合出版)』

基本事項がある程度身に着いた段階で取り組んでみるとよい。このレベルの問題をくりかえし解くことで、岩手医科大の問題に対応できるようになる。ただし、併願校によっては、この問題集は早期に終わらせておかなければならないので、取り組み方に注意する必要がある。

『合格る計算 数学Ⅲ(文英堂)』

「合格る」と書いて「うかる」と読む。このテキストは、数学Ⅲの計算力強化にとても役に立つ。解き方のコツが丁寧に説明されており、計算の上手・下手にまで触れている希少なテキストである。計算力強化を目的としたテキストなので、なるべく早い時期から取り組むことが大切である。

 

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

岩手医科大学への受験を控えている保護者様へ

岩手医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

岩手医科大学

岩手医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。