医大・医学部受験プロ家庭教師 自治医科大学 物理の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

自治医科大学 物理
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

力学及び電磁気を中心に、波動、熱力学を含めた全分野が出題される。原子物理は出ない。25題の小問がならぶが、通して見ると毎年同じ単元のラインナップが並んでいる。多年度の過去問演習を行ってどの単元の問題がよく出るのかをしっかり把握しておこう。

出題量と時間配分

理科2科目80分。合計50題を1問あたり1分半で解いていくことになる。とにかく手早く解いていかねばならない。各問ごとの関連性はまったくないので、少しでも詰まったら飛ばして次の問題を解いていこう。一通り解き終わったら、飛ばした問題をもう一度やるとよい。見直しをする時間はおそらくないので、一問ごとに確実に解いていくことを心がけよう。

出題形式の特徴

25題の小問が並ぶ。各問ごとに独立した問いになっており、力学、熱力学、波動、電磁気の各分野がばらばらに混在して出題される。内容も定性問題、簡単な計算問題、かなり重い計算問題が混在している。どのタイプの問題なのかをすばやく見極め、定性問題や、わかっていればすぐ解けるタイプの計算問題は手早く片付けていこう。

解答形式の特徴

すべて5択の選択問題。計算問題では選択肢の次元はすべて同じなので、次元解析で選択肢を絞ることはできない。素直に最初から計算したほうがよい。数字や符号のみが異なる紛らわしい選択肢が並ぶことが多いので、マークミスに気をつけよう。定性問題の選択肢も順列組み合わせですべての可能性が列挙されているだけなので、こちらも解いてから選択肢を見たほうが早い。

攻略のポイント

この学校は上記のように択一式の小問のみが出題される。しかし、択一だからといって侮ってはならない。
定性問題にしても通常とは違った角度から問われるので、物理的な性質や公式の意味をしっかり理解していれば解けるが、公式を覚えて適用しているだけでは手も足も出ない問題が多い。
計算問題でも通常の問題ではたいてい設定されている質量mや距離L,磁束密度Bなどが問題文で設定されていないことがある。これらは解答に際しては必ず消えるが、計算の課程では自分で設定する必要がある。
限られた時間の中で自分で問題の設定を補い、計算して答えを出すのはかなりの重労働である。
    
またすべての問題がいわゆる良問なので、センスのよい解答過程を選択できれば難なく正解できるが、そうでない場合は計算で嵌ってしまうことになる。普段の学習の中で問題に対する最適な解法をすばやく選択する訓練を積まないと、時間内に解答を終えることは困難である。

攻略のためにはまずは教科書や『セミナー物理基礎・物理』などを用いて各分野の内容や公式を完全に理解しよう。公式はすべて自分で導出できるようにしておく必要がある。その後『物理重要問題集』などで演習をおこないつつ、『名問の森』などの問題集で最適解をすばやく探す訓練を積むとよい。この問題集は解き方を誤ると解答不能になる問題がそろっているので、いい練習になるだろう。少なくとも2周はやるようにしよう。これらの演習の課程で、同じ事柄をどのような角度から聞かれても対応できる対応力を身につけていこう。

その後は入試問題演習であるが、この学校は独特の出題形式と設問形式を備えているので、この学校自身の過去問を5~6年、できれば10年、解いていくのがよいだろう。解いていく中で、この学校独自の出題の癖(ばねはたいてい両端に物体がついている、磁束の上にコイルを通す問題はほぼ毎年出る、など)を体に刻み付けていこう。2周目は早解きにチャレンジしてみよう。30分で全問解くのを目標に手早く処理する練習を積んでいこう。

推奨テキスト

『セミナー物理基礎+物理(第一学習社)』

定番の教科書傍用の問題集。基礎事項の定着に向いているので、はじめにやるテキストとして最適。まずは基本問題をしっかり解いていこう。基本問題をきっちり解けるようになったら、発展問題に進もう。指導者がついている人向き。市販されていないので手に入らない人はネットで落札するか、『リードα』などの学校で配られる問題集でもよい。

『物理のエッセンス(力学・波動)』『物理のエッセンス(熱・電磁気・原子)』

こちらも基礎事項の定着に用いる問題集。問題を解く前の説明が詳しいので、読み物として読みながら問題を解いていこう。物理的なものの見方・思考法を身に着けるのにとてもよい。独学の人はセミナーよりもこっちが使いやすいかもしれない。

『名問の森(河合出版)』

手ごたえのある難問がそろっている。じっくり考えながら解いていこう。センスを問われる問題が多く、解法を間違えると計算不能になる問題が多い。最適解を短時間で見つける練習になるので、この学校の受験者はこれをメインテキストにするといいだろう。最低でも2~3周は解いてみよう。
難しいと感じる人はまず同じ出版社の『良問の風(河合出版)』からはじめるといいかもしれない。こちらは問題数が比較的少なく典型問題が網羅されている。

『物理重要問題集−物理基礎・物理(数研出版)』

基本から難問まで幅広く扱われている定番問題集。おそらく一番売れている問題集だろう。典型的な問題はすべて入っていると考えてよい。この問題集の最大の特徴は、初見ならば絶対引っかかるトラップ問題がすべて網羅されていることである。一度引っかかっておけば本番で引っかかることがないので安心である。AB両方の問題を2周程度はやっておこう。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

自治医科大学への受験を控えている保護者様へ

自治医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

自治医科大学

自治医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。