医大・医学部受験プロ家庭教師 順天堂大学 化学の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

順天堂大学 化学
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

全範囲から出題されるが、無機や有機の問題でも理論の計算問題に絡めて出題されることが多く、理論に重きを置いている。難易度としては、難問はほとんど出題されず、典型から標準レベルの問題が多いが、計算に時間を要する問題が毎年のように見られる。

出題量と時間配分

理科2科目120分でマーク30問弱、記述数問。時間は圧倒的に少なく、全問を解き切ることは不可能に近い。計算問題は標準的なレベルのものがほとんどであるが、一捻り加えてある問題もあり、飛ばすべき問題の判断が重要となる。また、問題集や過去問集の解答にあるような典型的な解き方では時間を要してしまうが、ひと工夫するとすぐに解けてしまう問題もあり、適切な指導者のもとでトレーニングすることをお勧めする。

出題形式の特徴

大問2題。大問1は更に3から4つの問題群に分けられ、その第1問は小問集合、第2問から第4問はテーマに沿った出題となっている。大問2は国立型の出題で、文章や図表が与えられ、論述や計算問題から構成され、まれに描写問題が出題されることもある。

解答形式の特徴

大問1はマーク式、大問2は記述式。大問1の数値計算では選択式なので、選択肢に合わせた精度で計算して差し支えない。大問2では、論述や計算問題が多く出題されるが、計算問題に関しては途中式も問われることがあり、また、しっかりと有効数字で計算することが求められている。

攻略のポイント

本学の対策は何よりも時間対策である。慈恵や慶應のような難問は出題されないため、標準レベルの問題に対する反射神経をどれだけ鍛えられるかが鍵である。また、出題分野は理論が多いとはいえ、全分野に及んでいるので、明確な弱点はなくしておきたい。

まずは教科書及び教科書傍用問題集によって、基礎知識および典型問題の解法を身に着ける。その後は、標準レベル+αまでの問題集を解いていく。間違った問題を再度解き直すことはもちろんだが、時間を要してしまった問題もチェックしておき、解き直して欲しい。解法に関しては、問題集の解法は最短とは言い難いものも多いので、適切な指導者にチェックしてもらうとよいだろう。また、頻出な分子量は覚えておくと時間短縮につながるので、ステアリン酸のみからなる油脂は890、ベンゼンは78、硫酸は98などと整理しておくとよい。

全範囲の一通りの学習が終わったら、センター試験や他大の過去問で全範囲的な復習をしつつ、様々な問題集の計算問題を解き進めていって欲しい。また、有機化学では選択式である関係から、異性体の数に関する問題が多く出題されるので、こちらも様々な問題集からかき集めて演習してほしい。

本学において過去問演習は必須である。特に現役生は直前に過去問演習を始めて、本学の膨大な問題量に対策が取れずに散っていくケースが多いので、夏ごろには一度は触れておきたい。過去問演習の際には、最後までとりあえず手が付けられるように、問題を飛ばす基準を作っていきたい。記述を嫌がる受験生も多いが、確かに複雑な計算を求める問題が多いことは事実だが、2015年大問2第2問のように設問3つを2分もかからずに解ける問題も出題されており、全問に目を通しておきたい。

推奨テキスト

『リードLight化学基礎(数研出版)』『リードLight化学(数研出版)』

対象:教科書レベルに不安が残る者
教科書傍用問題集。教科書と並行しつつ、本書で基本知識と典型的な問題を整理する。難しい問題はないので、サクッと整理して次の問題集に行きたい。

『化学重要問題集−化学基礎・化学(数研出版)』

対象:全員
基本から標準+αまで幅広く扱われている。浪人生や教科書をある程度理解できている現役生はこのレベルの問題集からスタートでもよい。A問題とB問題というように問題のレベルは分かれているが、本学においては両方とも解いておくべきである。B問題のレベルに大きな抵抗を感じなければ、初回から通してB問題も解いてしまってよい。問題集にある1周目に解くべき問題のマークなどは無視して全部解いてしまってよい。

『理系大学受験 化学の新演習(三省堂)』

対象:標準+αをしっかり押さえたい者
標準から難問まで取り扱っている。全3段階の難易度のうち、本学では☆3のような難問はほぼ出題されないので、☆1および2を解くとよい。

『有機化学演習 (駿台文庫)』

対象:有機を徹底したい者
本書をやっておけば有機は完璧という問題集。本学の構造決定及びそれに基づく異性体数の問題は少し複雑なので、反射的に解けるようにできるだけ多くの問題に触れておきたい。重要問題集のように全分野を扱っている問題集では限界があるので、本問題集で徹底的に演習して欲しい。

<番外編>

『センター試験過去問&予想問題集(各予備校等)』

忘却防止と早解き練習に最適。週に1回分以上を回し続けるとよい。目標タイムは25分程度であり、このレベルになると大問1のマークを全部解いた上で、大問2の記述に目を通せる。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

順天堂大学への受験を控えている保護者様へ

順天堂大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

順天堂大学

順天堂大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。