医学部受験専門プロ家庭教師が語る

北里大学 医学部の生物試験対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

「北里大学の生物」特徴と時間配分と攻略ポイント

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

生態と環境および植物(代謝と遺伝を除く)はあまり出ず、代謝、動物の反応、細胞、遺伝子に関する出題が多い。分野に偏りは見られるものの、それら以外の分野も出題されているため、最低限の知識は全分野押さえておく必要がある。

出題量と時間配分

約50の設問に対して50分(理科2科目100分)と試験時間は短く、実験考察問題や図表の読み取りに手間取ってしまうと時間内に終わらない。知識問題は時間を稼ぐために即答できるようにし、実験内容や図表の読み取りについては特化した訓練を積んでおくことが望ましい。

出題形式の特徴

大問3題で各大問にテーマを設けて出題されている。年度によってバラつきがみられるが、約50の設問の内、実験考察問題等の文章の読み取りと思考が必要な問題が10題程度、図表の読み取りが数題、その他は空欄補充を中心とした知識問題と若干の計算問題である。
実験考察問題は選択肢が平易ではあるが、実験内容が理解しづらいものも多い。図表の読み取りはおなじみの図を少し深掘りした内容が多い。知識問題は基本レベルがほとんどであるが、人体に関する事項で難しいものも若干出題されている。計算問題は典型的なものが多い。

解答形式の特徴

全問マーク式。選択肢数15のように大量の選択肢から選ばせる問題が多い。また、該当するものをすべて含む選択肢を選ばせる問題も例年出題されており、曖昧な記憶では点につながりにくい。計算問題に関しては、選択肢から選ばせるタイプと、答えの各桁をマークさせるタイプが混在する。

 

攻略のポイント

知識、図表の読み取りと実験考察問題は別に考えていく必要がある。勉強の順番としては知識→図表→実験考察が望ましい。
知識に関しては、教科書および傍用問題集などで整理していくが、新課程で多く採り上げられた細かいタンパク質名や遺伝子名よりも、まずは流れや仕組みといった大枠をしっかりと捉えることが重要である。また、高得点狙いではない限り、数問出される程度のマニアックな知識は余裕が出てからやればよい。

図表に関しては、資料集や推奨テキストに挙げた問題集を用いて、有名どころの図表で知らないものがないようにしておきたい。本学では有名図表の見方を知っているかだけではなく、少し掘り下げて理解を問う問題も出るので、他人に説明できるレベルまで理解しておきたい。具体的には2015年のアロステリック酵素、2014年の視細胞の閾値、目の断面図などが挙げられる。

実験考察に関しては、有名実験を教科書や資料集で整理するとともに、未知の内容に関する考察にも対応できるよう、推奨テキストに挙げた問題集を用いて読解力や考察力を養いたい。“なんとなく合っていた“は間違いだと捉え、すべての選択肢に明確な根拠を示せるようになることを目指して学習していく必要がある。

上記のいずれに関しても、間違った解釈をしたまま受験に臨んでしまっている受験生が多くいるため、十分な量の問題演習による理解の確認はもちろんのこと、少しでも不安が残る場合には信頼できる教師(講師)について学習していくことが望ましい。

知識や図表の単元別学習を一巡した後(現役生は秋から、浪人生は夏からが目途)、実験問題対策と並行しつつ、忘れてしまうことを防いだり、自分の弱点を確認したりするために、センター試験や他大も含めた過去問を週に1回分以上まわしていく。この際には、自分のレベルにあったものを選ぶことが重要で、6、7割は取れる所を選ぶと効率が良いだろう。判明した弱点が過去に学習した内容ならば、今までやった問題集の該当単元の復習を、知らないことならば一つ上のレベルの問題集に取り組むと良い。

「北里大学の生物」攻略のための学習方法

推奨テキスト

<知識編>

・『リードLightノート生物基礎(数研出版)』『リードLightノート生物(数研出版)』

対象:教科書を読み終わった初学者、基礎の漏れをチェックしたい方
教科書に載っている知識や、もはや知識に分類しても良いような典型問題の確認に役立つ問題集。市販されていない教科書傍用問題集の代わりとして最初に取り組む問題集ではあるが、多少量が多いことが難点である。しかしながら、医学部受験生なら難なくこなして欲しい量である。知識問題はあまり考え込まず、分からなければすぐに答えを見て良いので、繰り返し解いていくことが重要。

・『生物(生物基礎・生物)基礎問題精講(旺文社)』

対象:リードLight終了レベル
知識問題以外も多く掲載されているが、本書で扱っている知識問題は押さえておきたいため知識編に分類した。解説が丁寧であり、問題が解けていても解説は流し読みすることをお勧めする。記述問題に関しては、本学に限れば実際に制限字数で解答を作成する必要はなく、内容が間違っていないことを確認する程度で良いだろう。

<図表編>

・『大森徹の生物 計算・グラフ問題の解法(旺文社)』

対象:図表や計算の読み取りが苦手な方、図表の漏れをチェックしたい方
扱っている図表は資料集に比べれば少ないが、よく出題されるものに関しては網羅されており、図表に関する解説もしっかり載っているため理解を深められる。

<考察問題編>

・『生物実験考察問題入門(駿台文庫)』

対象:実験考察問題が得意な方を除く
実験考察問題に対してどのように臨み、どう考えて解いていくかを解説している問題集。取り上げられている問題の難易度の幅が広すぎ、記述問題も多いが、そのようなデメリットを差し置いても一読の価値はある。

<番外編>

総合問題演習や実験問題演習としておすすめの過去問等として、センター試験(予想問題集を含む)、東京女子医大、東邦大医学部などが挙げられる。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

ピンポイント入試解剖

リーダーズブレインのプロ家庭教師が、特定の年度の入試問題をピンポイントで徹底解剖しています。

北里大学トップページはこちら

医学部受験専門のトッププロ家庭教師をご紹介

生物(2013年)の入試情報に精通し合格実績がある「医学部受験専門プロ家庭教師」には、「医学部合格」のために短時間で最大の効果を発揮させるためのノウハウがあります。

「医学部受験プロ家庭教師陣」はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ