医学部受験専門プロ家庭教師が語る

北里大学 医学部の数学試験対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

「北里大学の数学」特徴と時間配分と攻略ポイント

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

微分積分に関する問題は、毎年大問として出題されている(さらに小問集合で出題されることもある)。
微分積分以外の分野からも幅広く出題されている。比較的多く出題されている分野は、数列、ベクトル、場合の数・確率である。
※2014年度入試までは、旧課程の範囲である行列の大問がよく出題されていた。今後、行列に替わる頻出分野が現れる可能性がある。

出題量と時間配分

問題の難易度は標準的なものが多く、問題ごとの難易度差が比較的小さいという特徴がある。
問題の質・量を考えると、試験時間はやや短い。難易度の差は比較的小さいが、手間のかかる問題が出題されることがある。時間がかかりそうだと感じる問題があれば、一旦後回しにした方が無難であろう。

出題形式の特徴

大問が3題出題され、毎年ほぼ同じ形式になっている。
【大問1】は小問集合に近い形式の問題。意外と時間のかかる問題もあるので注意したい。
【大問2】【大問3】は、誘導形式の大問となっている。大問では、証明問題も出題されている。

解答形式の特徴

小問集合は空欄補充式問題、大問は記述式問題となっている。
空欄補充式問題は、最終的な答えのみが採点対象なので、つまらないミスには特に注意したい。
記述式問題は、ポイントをおさえた答案にしなければならないが、冗長にならないようにしたい。

攻略のポイント

教科書・参考書の内容を、きちんと理解しておくことは大前提である。多くの分野から出題されるので、苦手な分野を作らないようにしたい。

計算力・処理能力の強化
北里大に限らず、医学部全般に共通していることではあるが、計算力・処理能力が非常に重要である。計算練習を日常的に取り入れるようにしたい。
また、問題演習をしていると、つまらない計算ミスなどをしてしまうことはある。そのときに、ミスを軽視せず、真摯に向き合うことが大切である。自らの手で正解を求められるまで格闘することが、計算力や処理能力の向上につながる。地道な努力を怠ってはならない。

微分積分について
微分積分は毎年出題されているので、最重要分野であることはいうまでもない。難問は出題されないが、手間のかかる場合がある。典型的な問題で足固めをしたうえで、標準レベルの問題を中心に取り組んでおくとよい。また、微分積分では、計算力が重要になるので、計算練習も十分に行っておく必要がある。
北里大の場合、微分積分は記述式問題として出題される。証明問題も出題されるのが特徴である。証明問題は、オーソドックスな問題なので、過去問にしっかり取り組めば、対応しやすくなる。
解答欄のスペースは十分にあるので、考え方がきちんと伝わるように書く必要がある。普段の学習から、途中式・考え方をきちんと書くように心がけたい。

微分積分以外について
標準レベルの問題が多いだけに、基本事項に漏れがないようにしておかなければならない。定期的に基本のチェックも行っておくとよいだろう。
微分積分と同様、難問まで練習する必要はないが、標準レベルの問題には数多く取り組んでおく必要がある。また、答えを求めるのに手間がかかる問題かどうか予測してみることも大切である。

「北里大学の数学」攻略のための学習方法

推奨テキスト

『青チャート』(数研出版)『黄チャート』(数研出版)

いわゆる網羅系参考書である。問題量が非常に多いので、すべての問題を解く必要性はない。例題などを中心に、問題を選んでいけばよい。
北里大の入試に対応するためには、黄チャートで対応は十分可能である。ただし、併願校によっては、青チャートを使って学習した方がよいケースも考えられるので、信頼できる指導者に相談してみるとよいだろう。

『Z会数学基礎問題集 チェック&リピート』(Z会出版)

学んだ内容の定着度を確認するのによい。また、苦手分野の確認・復習にもよいだろう。この問題集は、スラスラ解けるかどうか確認することを主な目的としている。

『合格る計算 数学Ⅲ』(文英堂)

「合格る」と書いて「うかる」と読む。このテキストは、数学Ⅲの計算力強化にとても役に立つ。解き方のコツが丁寧に説明されており、計算の上手・下手にまで触れている希少なテキストである。計算力強化を目的としたテキストなので、なるべく早い時期から取り組むことが大切である。

『チョイス新標準問題集』(河合出版)

基本事項がある程度身に着いた段階で取り組んでみるとよい。このレベルの問題をくりかえし解くことで、北里大の問題に対応できるようになる。ただし、併願校によっては、この問題集は早期に終わらせておかなければならないので、取り組み方に注意する必要がある。

『大学への数学 一対一対応の演習 数学Ⅲ微積分編』(東京出版)

標準レベルの良問が多い。北里大の【大問3】で出題される微分積分の対策に有効である。
例題ごとにタイトルが付いており便利ではあるが、入試が近づいてきた頃には、タイトルを見ないで解く練習もしたい。その場合は、ページ下部の演習題のみをコピーして、ノートなどに貼ってみるとよいだろう。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

北里大学トップページはこちら

医学部受験専門のトッププロ家庭教師をご紹介

数学の入試情報に精通し合格実績がある「医学部受験専門プロ家庭教師」には、「医学部合格」のために短時間で最大の効果を発揮させるためのノウハウがあります。

「医学部受験プロ家庭教師陣」はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ