医大・医学部受験プロ家庭教師 日本医科大学 化学の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

日本医科大学 化学
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

全範囲から出題されるが、無機や有機の問題でも理論と絡めて出題されることが多い。
難易度としては、問題間のばらつきが多く、用語の確認レベルの基本問題から、受験生にとって馴染みのない事項を扱った問題まで出題される。

出題量と時間配分

理科2科目120分。60分ですべて解き切ることは不可能ではないが、時間は量に対して少なめであり、時間のかかる計算問題もあるので、解くべき問題の取捨を迫られる。もう一方の理科も含めて最適な時間戦略を模索していきたい。

出題形式の特徴

大問4題。各大問は特定のテーマに沿った出題となっている。語句の穴埋め、計算問題、化学反応式や構造式、論述、定性的な分析と出題形式の幅は広い。大問によっては問題文が長文になることも多いが、まとめた図表を提示してくれることも多く、問題文理解の手助けになる。

解答形式の特徴

記述式。語句の穴埋めでは、記述・選択ともに出題される。計算問題は有効数字付きのものが多く、桁数も4桁などと多い場合がある。化学式や構造式は記述が中心だが、穴埋めも出題される。論述では“簡潔に説明せよ”形式も、字数制限が明確なものも出題される。定性的な分析では論述になることも多いが、選択肢で選ばせる問題も出される。

攻略のポイント

本学の対策は標準レベルまでの問題を漏れなく解き切れるようになることである。理論化学への多少の重きは感じるが、全分野から出題されるのでバランスよく学習したい。得意不得意がある場合に、得意分野で難問が出ると大きな失点につながりかねない。

まずは教科書及び教科書傍用問題集によって、基礎知識および典型問題の解法を身に着ける。この段階で引っかかっていると、学習を進めるにあたって分からない事項がどんどん蓄積してしまうので、理解できるようになるまで何度でも繰り返して学習していって欲しい。
その後は、標準レベルを全分野バランスよくやっていく。本学では、問題集で見かけるような普通の問題もよく出されるので、間違えた問題はしっかり解き直して定着させるべきである。また、問題集の解説を読んで理解できない所は、知識分野では新研究などの辞書的な参考書に頼るなどしてしっかり解決しておきたい。本学レベルになると、難しめの問いでは本質的な理解が問われる問題も出題される。

全範囲の一通りの学習が終わったら、センター試験や他大の過去問で全範囲的な復習をしつつ、計算問題と反応速度・化学平衡あたりを難しめの問題集で強化しておきたい。総合演習用の問題としては医学部にこだわる必要はなく、中堅以上の国公立は形式も似ているので、練習になると思われる。

本学において過去問演習は必須である。時間的な厳しさや、大まかな難度は把握して勉強に臨んだ方が効率的なので、夏ごろに最低1年分は触れておくことが望ましい。問題間の難易度の差も激しいので、どの問題を飛ばすべきか、もう一方の理科も含めた時間戦略はどうするかなど、試行錯誤すべき事項は多々ある。当然、時間を計って挑むと思うが、時間が無くて解けなかった問題も、時間外枠として解いてみるようお願いしたい。

推奨テキスト

『リードLight化学基礎(数研出版)』『リードLight化学(数研出版)』

対象:教科書レベルに不安が残る者
教科書傍用問題集。教科書と並行しつつ、本書で基本知識と典型的な問題を整理する。難しい問題はないので、短期間で回して次の問題集に行きたいが、理解できずに先に進むことはないようにしたい。

『化学重要問題集−化学基礎・化学(数研出版)』

対象:全員
基本から標準+αまで幅広く扱われている。浪人生や教科書をある程度理解できている現役生はこの問題集からスタートでもよい。A問題(基礎)とB問題(応用)というよう分かれているが、本学においては両方とも解いておくべきである。B問題にある程度手が付けられるなら、初回からB問題も解いてしまってよい。

『理系大学受験 化学の新演習(三省堂)』

対象:標準から難問をしっかり押さえたい者
標準から難問まで取り扱っている。全3段階の難易度のうち、本学では☆1,☆2のすべての問題、☆3の計算及び化学反応速度と平衡の問題は解いておくとよい。

『化学(化学基礎・化学)標準問題精講(旺文社)』

対象:標準から難問をしっかり押さえたい者
ほどほどの難度の問題と詳しい解説からなる問題集。『化学の新演習』よりは少し簡単なので重問からのつなぎに使ってもよい。問題数は『化学の新演習』よりも大分少ないので取り組みやすいだろう。

『化学の新研究(三省堂)』

対象:細かい点まで気になる方
高校化学の知識事項は大体載っている参考書で、辞書的に使うとよい。はっきり言って分厚いので、通読の必要はなく、読むにしても他の科目でやることがなくなってからでよい。問題を解いていて分からなかった点や、深掘りしておきたい事項があったら本書を参照すると載っていることも多い。

 

テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

日本医科大学への受験を控えている保護者様へ

日本医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

日本医科大学

日本医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。