医大・医学部受験プロ家庭教師 東京女子医科大学 数学の入試対策と勉強法
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

東京女子医科大学 数学
入試対策と勉強法

特徴と時間配分

出題範囲(分野)の特徴

微分積分は毎年出題されている。その他の分野では、場合の数・確率、指数・対数、三角関数、数と式の範囲からの出題が多い。一方、ベクトルに関する問題はあまり見られない。

問題数が少ないので、あらゆる分野から出題されることはないが、年によって出題分野が変わるので、どの分野もしっかり学んでおく必要がある。

出題量と時間配分

問題の難易度は、基本~標準レベルのものが中心である。問題数はそれほど多くはないので、順調に解いていくことができれば、試験時間が不足するようなことはないだろう。ただし、問われ方にクセのある問題が出題されることもあるので、解きやすい問題から解いておくことが大切である。

出題形式の特徴

大問が4題出題される形が続いている。大問は、大がかりな設定にはなっておらず、解法のポイントが明確な問題が多い。基本的な処理能力が問われていると考えてよいだろう。

ただし、問われ方が特殊な問題やあまり見かけないような問題が出題される場合もあるので、過去問にはきちんと取り組んでおく必要がある。

回答形式の特徴

私大医学部では珍しく、ほとんどが記述式の問題である。記述式問題とはいえ、論証力を問うような問題ではなく、具体的な数値を求める問題が中心である。日頃から式をきちんと書く習慣をつけておけば、記述のための特別な対策は不要であろう。

攻略のポイント

まずは、教科書・参考書の内容をきちんと理解し、典型的な問題をくりかえし練習することで、基礎固めをしっかりしておきたい。出題分野に偏りがあるので、頻出分野を中心に学習したいところだが、まずは全分野の基礎固めを優先した方がよい。教科書の章末問題レベルが解けるようになれば、本校の多くの問題に対応できるようになるだろう。

計算力・処理能力の強化

本校の過去問を見ると、計算力・処理能力が重視されていることがよくわかる。正解できる問題を確実に得点するためにも、計算練習を日常的に取り入れるようにしたい。

微分積分について

毎年出題される重要分野である。難問は出題されていないが、本校の入試問題の中では難易度が高めである場合が多い。基本~標準レベルの問題を中心に、くりかえし練習しておくとよい。

なお、本校は積分に関する問題の出題率が多い傾向がある。積分の問題演習は多めに行っておくとよいだろう(もちろん、微分の学習も重要である)。

場合の数・確率について

この分野も、難問は出題されていない。教科書・参考書の例題がきちんと理解できていれば、対応できるようになっている。しかし、この分野に苦手意識を持っている受験生も少なくないだろう。

苦手な受験生は、基本事項の理解が不十分である場合が多い。公式などを丸暗記してしまうのではなく、考え方をきちんと理解することを心がけたい。考え方を理解しておけば、公式などを必要以上に覚える必要もなくなる。考え方や解き方を他人に説明できるようにしておくと、この分野の苦手意識もなくなるだろう。

過去問演習について

本校は典型的な問題が多いが、問われ方が特殊な問題や問題集などであまり見かけないような問題が一部存在する。これらの問題を過度に意識する必要はないが、過去問を通して見慣れておくとよいだろう。

推奨テキスト

『黄チャート(数研出版)』

いわゆる網羅系参考書である。問題量が非常に多いので、すべての問題を解く必要性はない。例題を中心に、問題を選んでいけばよい。この参考書は、解法の確認を主な目的として使うのがよいだろう。定着のための反復演習は、教科書傍用問題集などの方が向いている。

『教科書傍用問題集』

学校などで配布される傍用問題集(あるいはそれに類する問題集)には、しっかり取り組むとよいだろう。典型的な問題の反復演習は、本校では非常に有効である。素早く正確に解けるように練習するとよい。

注意しなければならない点としては、学校で配布される場合がほとんどのため、レベルが必ずしも適しているとは限らない。また解説が(学校の方針などにより)配布されないケースもあり、自習しにくいことも考えられる。

このように使用には注意も必要なため、信頼できる指導者にアドバイスをもらうことをおすすめしたい。

『合格る計算 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B/数学Ⅲ(文英堂)』

「合格る」と書いて「うかる」と読む。このテキストは、計算力強化にとても役に立つ。解き方のコツが丁寧に説明されており、計算の上手・下手にまで触れている希少な問題集である。計算力強化を目的とした問題集なので、なるべく早い時期から取り組むことが大切である。

この問題集には、使い方に関するQ&Aがかなり長く書いてあるのだが、大切なことが書いてあるので、面倒くさがらずに一度は目を通すとよい。

『チョイス新標準問題集(河合出版)』

基本事項がある程度身に着いた段階で取り組んでみるとよい。このレベルの問題に対応できるようにしておけば、本校の問題には十分対応できる。ただし、併願校によっては、この問題集は早期に終わらせておかなければならないので、取り組み方に注意する必要がある。

 

※テキストは相性があります。できれば書店で手にとって選びましょう。

東京女子医科大学への受験を控えている保護者様へ

東京女子医科大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京医大・医学部に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

東京女子医科大学

東京女子医科大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。