大学受験専門プロ家庭教師が語る

法政大学共通問題の数学共通問題②試験対策と勉強法

出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

「共通問題の数学共通問題②」
出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

対象学科

  • デザイン工学部
  • 理工学部
  • 生命科学部

出題傾向の概要

出題範囲(分野)の特徴

数学Ⅲを含む学科と含まない学科があり、一部は共通問題となっている。
この他に、数学Ⅲを含む学科と含まない学科で、それぞれ専用の問題がある。
<共通問題>
様々な分野から出題されるが、微分積分の問題は出題されていない。
<数学Ⅲを含まない学科専用問題>
数学Ⅱの微分積分が最頻出であるが、その他の分野も出題される。
<数学Ⅲを含む学科専用問題>
例年、数学Ⅲの微分積分の問題のみである。

出題量と時間配分

大問数は、共通問題3題と学科別問題2題の5題。数学Ⅲを含む学科も含まない学科も試験時間は90分である。
数学Ⅲを含まない方は、十分な時間が与えられているといえるだろう。しかし、数学Ⅲを含む方の試験時間は、やや短めである。

出題形式の特徴

はじめに小問集合があり、その他は一般的な大問である。大問は、誘導形式の問題になっているので、出題者の誘導に素直にしたがって解き進めればよい。
問題冊子に、関数のグラフや図は書かれていない。図などを自分で書かないと解きにくい問題がやや目立つ

解答形式の特徴

すべてマーク式問題となっている。空欄に当てはまる数字を答えるタイプだけでなく、いくつかの選択肢から正しい答えを選ぶ問題も見られる。
途中式は不要だが、部分点は存在しないので、正確に解くことが重要である。

攻略のための勉強法

本学部の入試問題を見ると、基本~標準の問題が比較的多い。したがって、まずは基本~標準レベルの問題演習をしっかり行うことで苦手分野をなくすことが重要である。
入試本番では途中式を要求されないが、問題演習に取り組むときには、途中式などをきちんと書くことが重要である。間違えたときに、どこを間違えたのかきちんと確認するためにも、途中式を残しておく必要がある。また、間違い直しについては、つまらないミスをした問題であっても、もう一度じっくり取り組むこと。
やはり、(何の力も借りずに)自分の力で最後まで答えを出し切れるようにしないと、正確な処理能力は身につかないものである。

微分積分について

共通問題で出題されることはなく、学科別専用問題で出題されている。数学Ⅱの問題、数学Ⅲの問題ともに、誘導がとても丁寧である。微分積分における、基本的な手法が身についていれば解ける問題がほとんどである。
難問に取り組む必要はないが、典型的な問題には数多く取り組んでおきたい。積分の計算がやや面倒なことがあるので、素早く正確な処理能力を身につけておく必要がある
また、微分積分の大問では、出題者の誘導に沿った解法しか使えない問題があることに注意したい(特に数学Ⅲの場合)。
例えば、数学Ⅲの部分積分を特殊な解法で解こうとすると、空欄が埋められないことがある。教科書通りの解法が使えれば問題ないので、教科書通りの解法が使えることも確認しておくとよい。

微分積分以外の分野について

多くの分野から出題されているが、三角比やベクトルの問題など、図形的な問題がやや多い傾向にある。問題文に図が書かれていないことが多く、自分で図を書きながら考える必要があるだろう。普段の学習においても、図を書きながら解いていくことを心がけたい。
どの分野も難問は見られないが、出題者の誘導にうまく乗れないと解きにくいので、過去問を通じて、出題者の誘導に乗るための練習は重要である。過去問にじっくり取り組む時間を確保するためにも、苦手分野の集中演習などはなるべく早めに取り組むようにしたい。

 

推奨テキスト

『青チャート』(数研出版)あるいは『黄チャート』(数研出版)
いわゆる網羅系参考書である。問題量が非常に多いので、すべての問題を解く必要性はない。『青チャート』を仕上げれば到達点は高いが、かなり負担がかかる。指導者にアドバイスをもらって、取り組む問題を選択しながら進めるのが効果的である。
最初から完璧主義になるよりも、必要に応じて後から完成させていくと考えた方がよいだろう。特に、数学Ⅲなどでは、一部にかなり重い例題もあるので、立ち止まって進まなくなってしまうことのないように注意したい。
黄チャート』の場合、数学ⅡBはなるべく多くの問題に触れておいた方がよいだろう。数学Ⅲについては、学習状況によって使い方も異なってくる。したがって、指導者に相談しながら使用することをおすすめしたい。

『教科書傍用問題集』(各社)
教科書傍用問題集とは、教科書に準拠した問題集のことで各社から出版されている。書店で購入するよりも、学校で配られる場合が多いだろう。
基本事項や定石の定着に向いている問題集である。確実な処理能力が重視されているので、このような問題集で反復演習を重ねることは、大変有意義である。
特に数学Ⅲは念入りに取り組みたい。

『Z会数学基礎問題集 チェック&リピート』(Z会出版)
学んだ内容の定着度を確認するのによい。また、苦手分野の確認・復習にもよいだろう。
この問題集は、スラスラ解けるかどうか確認することを主な目的としている。問題にもよるが、スラスラ解けるようにしっかり練習しておきたい。

『チョイス新標準問題集』(河合出版)
教科書レベルをクリアした段階から、入試の標準レベルまで引き上げてくれる問題集である。このレベルに対応できるようにすれば、本学部の入試対策としては十分といえる。
したがって、なるべく早い時期から取り組みはじめて、何度かくり返して取り組むとよい。

「数学共通問題②」対象学部・学科ページへ戻る

大学受験を成功に導く過ごし方とは

インタビュー =大学受験、「最後の一年」の賢い過ごし方とは?

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。
高校生活最後の一年の過ごし方は、合否を分ける重要なポイント。志望校合格を勝ち取るためには、どのように一年を過ごせばいいのか…ぜひ参考にしてください。

  • 法政大学

  • 法政大学受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

その他の学部

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ