大学受験プロ家庭教師 早稲田大学 文化構想学部 国語
大学受験専門プロ家庭教師が語る

早稲田大学 文化構想学部 国語
入試対策と勉強法

出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

早稲田大学 文化構想学部 国語

ここでは、早稲田大学の文化構想学部を目指す方に対して、国語の試験の出題傾向や試験合格のための勉強法、さらに、おすすめのテキストをご紹介いたします。なにから始めればいいのかわからない、効率的に勉強したい受験生は、ぜひ参考にしてください。

※本大学の全学部では2021年度より大幅な「入試制度改革」が実施される予定です。
詳細については HP等でご確認ください。
尚、以下の「入試傾向」は、2018年度までの「入学試験」に準拠しています。

 

早稲田大学文化構想学部 国語試験の出題傾向とは

出題範囲(分野)

出題科目は「国語総合」「現代文B」「古典B」の3つです。
現代文は、論説文(評論文)と随筆が中心です。本学部は、一つの大問にいくつかの文章が出され、その中には必ずといっていいほど 「文語体」のもの(明治~昭和初期の著作)が含まれます。
さらに、現代文・古文・漢文融合問題としても出題されるといった、早稲田の他学部や他校にもあまり類例のない特殊な出題形態が見られます。
したがって、同一年度の試験で実に多彩な内容のいくつもの現代文を読み解かなくてはならないことになります。
古典は、それぞれが関連する現代文・古文・漢文融合問題になっています。
古文は、中世~近世までの幅広い題材(「和歌」含む)、漢文も多様な分野から出題されます。
知識問題は、小問として扱われ、漢字、語句、慣用句(表現)、四字熟語、文学史等の幅広い分野から出題される。また、さまざまな古典常識も問われます。

出題量と時間配分

本文の文章量は、現代文全てを合わせて10000字程度と他校と比較しても多いでしょう。ただ、古文は少なめで500字ほどです。
漢文は150字程度で標準的です。
90分の試験時間なので、現・古・漢融合問題を30分強、現代文は60分弱で解いておきましょう。

出題形式の特徴

大問3題が定着しています。
例年、大問(一)が文語体のものも含め2~3の文章が並びます。
大問(二)が現代文で、小問は各6~8問程度、解答数は計15~20ほどです。
大問(三)が現代文・古文・漢文融合問題で、小問は近年10問が定着、解答数は10~15ほどです。

解答形式の特徴

解答形式は、「マーク方式」と「記述式」があります。
マーク方式は、傍線部内容や空所補充、内容合致(不適切説明あり)、理由説明、乱文整序、脱文挿入、漢字(同音・同訓異字)、四字熟語、語句の意味、国語常識(文学史必出。古典常識含む)などが問われます。
記述式は、抜き出しや語句記述が主で、説明記述の出題はほぼないでしょう(稀に短文説明記述あります)。

 

早稲田大学文化構想学部 国語試験を攻略のための勉強法

知識問題

漢字の同音・同訓異字だけではなく、類義語、対義語、四字熟語、ことわざ、慣用句(表現)、故事成語、誤使用の多い語句の意味、さらには文学史までも確実に定着させることが必要です。その為にも、先ずは己が実力を把握することが重要となります。                                    センター試験の漢字問題(要は「同音・同訓異字」判別)がひとつの目安となります。最低10年分以上の過去問をこなしてみてください。その結果次第で、具体的な学習を進めていきましょう。

尚、以下のサイトは漢字問題だけがあります。
http://www.kanjijiten.net/center/index.html

解法①

文化構想学部の特殊な出題形態に対処すべく学習していくことが肝要になります。
ひとつの大問に並立する2~3の文章、それらは全て密接に関連しているということを常に意識しながら読解する練習を重ねましょう。その際、各文章を行きつ戻りつすることを心がけてください。
また、文語体の文章(いわゆる擬古文)が必出なので、明治~大正期の文章を数多く読んでおきましょう。
さらに、文章量がとても多いので、速読のコツを習得しましょう。
論説文(評論文)であれば、意味段落の序論、結論は論旨が述べられているので確実に読み、本論は、段落相互関係に着目しながら、各形式段落の最初と最後を中心に読み進めるといった手法を身につけましょう。

解法②

論説文(評論文)と随筆に特有の解法、そして全てに共通する解法があります。それらを体系的に理解し定着させ、応用する為に肝要なのが復習の仕方です。
考え方のプロセスをトレースすることが必須です。特に間違った問題が肝要です。誤ってしまった分岐点をしっかりと確認しておきましょう。
さらに、多くの練習問題を通じて同種の設問内容に共通する解き方のプロセスを習得しましょう。それが解法となっていきます。

尚、具体的解法に就いては本HPの別サイト「大学入試”王道現代文”」を御覧ください。

古典

古文は、先ず文法を徹底的に習得しましょう
特に、助動詞、助詞の意味・用法・接続、そして敬語(敬意の方向は頻出)は完全に定着させる必要があります。その上で、多様な分野の文章になじみ、主語(動作主)特定を意識して読み解く練習を重ねましょう。
また、和歌修辞などの古典常識、文学史の習得も必須です。

漢文は文の構造、訓点、句法等の基礎知識を習得した上で、練習問題を通じて読解力を養いましょう。
また、漢詩、文学史・思想史についても備えましょう。
書き下し、返り点の打ち方など白文対策も必要です。

 

推奨テキスト

ここからは、勉強に役立つテキストをご紹介します。テキストには相性がありますので、できるかぎり書店で手にとって確かめることをおすすめします。
ここではテキストを知識編、現代文編、古文編、漢文編に分けてご紹介します

知識編

(1)『漢字 一問一答【完全版】』(東進ブックス)                           (2)『現代文最重要語句 暗記いらずのらくらく練習帳』(学研)                     (3)『頻出現代文重要語700(三訂版)』(桐原書店)                          (4)『現代文キーワード読解(改訂版)』(Z会出版)                           前項のセンター試験(漢字問題)チェックで、5割未満の場合は(1)から、6割(2)から、7割は(3)から、8割は(4)から始めるのが目安です。
反復練習して完全習得しましょう。

尚、文化構想学部必須の文学史対策としては、『SPEED攻略 10日間 国語 文学史』(Z会出版)が時系列も理解でき、コンパクトにまとめられているので覚えやすいです。

現代文編

(1)『システム現代文 バイブル編(改訂新版)』(水王舎)
 解法って何? といった方にお薦めの入門書です。根本を徹底的に解説しており、マスターすれば解法は一通り理解できます。

(2)『現代文読解力の開発講座(新装版)』(駿台文庫)
 中級レベル。文章(テクスト)を客観的に捉える術が説明されており、G-MARCHから早稲田へのステップアップ段階の一冊です。

(3)『現代文と格闘する(三訂版)』(河合出版)
 上級レベル。文章を読み繋ぐことを主眼として、その為のシンプルな視点を提案している。早稲田合格を確実にする一冊です。

(4)『近代文語文 問題演習』(駿台文庫)
 必出の擬古文対策用。過去問、サンプル問題、創作問題と多彩な問題を収録されてます。文化構想学部特有の問題に対応する為の一冊です。

(5)『早稲田大学文化構想学部(過去問)』
 実践レベル。特殊な出題形態に慣れ対応していく為には、徹底した過去問演習が欠かせません。とにかく数をこなしましょう。本学部合格への最終チェックです。

古文編

(1)『重要古文単語315(三訂版)』(桐原書店)                             (2)『標準古文単語650(三訂版)』(桐原書店)
 前者を反復して完全定着させた上で、後者を数回丁寧に通読しましょう。これで語彙はほぼ心配ないでしょう。

(3)『ステップアップノート30 古典文法基礎ドリル(三訂版)』(河合出版)
 文法の基本が分かりやすくまとめられています。例文は必ず品詞分解し、現代語訳もこなしましょう。

(4)『古文上達 読解と演習56』(Z会出版)                              (5)『最強の古文 読解と演習50』(Z会出版)
 前者は入試古文の全てを凝縮し、後者はその応用篇です。古文への自信がみなぎる二冊です。

漢文編

(1)『漢文必携(四訂版)』(桐原書店)
 漢語の構造から句法まで、基礎力養成の一冊です。

(2)『ステップアップノート10 漢文句形ドリルと演習』(河合出版)
 基礎定着確認用。

(3)『漢文(河合塾SERIES―入試精選問題集/改訂版)』(河合出版)
 読解力アップへの道標となります。

大学受験を成功に導く過ごし方とは

インタビュー=大学受験、「最後の一年」の賢い過ごし方とは?

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。
高校生活最後の一年の過ごし方は、合否を分ける重要なポイント。志望校合格を勝ち取るためには、どのように一年を過ごせばいいのか…ぜひ参考にしてください。

早稲田大学への受験を控えている保護者様へ

早稲田大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な大学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な東京大学に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた大学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

早稲田大学

早稲田大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。