• 末松先生

    カリフォルニア大学芸術学部卒

    合格実績(五十音順)

    慶応義塾大学(文・経済・法・商・総合政策・環境情報・理工・漢語医療・薬)・上智大学(神・文・経済・法・外国語・総合人間・理工)・東京大学(文Ⅰ・文Ⅱ・理Ⅰ・理Ⅱ)・東京外語大学(外国語)・東京工業大(理・工)・一橋大学(商・法・経済)・早稲田大学(文・文化構想・教育・政治経済・法・商・国際教養・社学・人科・スポ科・先進理工) 他多数

明確な目標と入念な戦略(インプット&アウトプット)で。早稲田大学合格!

  • 女子Tさんの場合

  • 指導を始める前の状況

    ■指導開始時期:高1時1月末~ 
    ■指導科目:    英語・現代文 
    ■指導回数:    週3回(1回 90分/英語2回・現代文1回)

     

    私がTさんに初めてお会いしたのは、彼女が高校1年の冬1月末の事でした。彼女は物怖じしない性格で、ご面談の際には、同席されたお母様の言葉を借りずご自身の言葉で、当時の成績や学習状況をおおよそ以下のように淡々と語っておられました。

     

    「定期テストは出題内容に応用がほとんど無い分、学習に時間を費やせば一定の成果を残せるが、外部模試はどういう対策をやれば良いのか見当がつかず、結果を残すことが出来ない。そこで何とか外部模試で良い成績を取りたいので、その方法を教えてほしい」と。

     

    私はTさんの話しぶりから、彼女は向学心が高く、暗記が得意で応用が苦手、歴女(歴史好き)であり、本をあまり読まないことなどが分かりました

     

    それから私は志望校をお聞きすると、「自分の通う学校では早慶に行ける学生の数はごくわずかであるが、もし私に少しでも可能性があるのであれば、早稲田大学の商学部に行きたい」と少々恥ずかしそうに、それでもしっかりと仰いました。

     

    そこで私は、「それでは、どうすれば早稲田に通用する学力が得られるのか一緒に検討してみましょう」と体験授業を促すことにしたのです。

指導内容

体験授業では、準拠教材3冊(単語帳、問題集、文法書)を使って、当時最新の早稲田大学(商学部)の過去問1題を一緒に解いてみることにしました。

まず行う作業としては、問題全体で意味を知らない英単語には黄色のマーカーで線を引いてもらいました。するとプリント全体が真黄色になってしまい、Tさんはご自身の語彙力の無さに愕然とされていました。それから線を引かれた単語のうち主要単語だけの意味を単語帳で一緒に調べていきました。その際、第一義だけではなく、第二義、第三義でも使われていることを知ってもらい、いずれはそこまで覚える必要があることを認識してもらいました。その後設問を解く際には、1つずつ解法の手順を踏んでいき、要所々々で知っておくべき知識を各準拠教材で一緒に確認しました。

指導終了時には、Tさんに「こうすれば早稲田の問題も解ける!」という実感を持ってもらうと共に、受験に必要な知識(語彙、イディオム、構文、語法・文法、口語表現など)が全く足りていないことも痛感してもらいました。ここで私は以下のように今後の学習の進め方をTさんに提案しました。知識の補強を目的として定期的にインプット作業を行っていき、それと並行して、得られた知識の活用と解法のテクニックを学ぶために、アウトプット作業(過去問演習)を一緒に行っていく。明確なヴィジョンを持てたTさんは、清々しい表情でこの提案にすんなりと同意してくれました。

 

学習状況の変化と合格までの成績推移

■成績推移:スタート時偏差値54(全統マーク高1模試)→ 最高偏差値75.3(第2回代ゼミ早大入試プレ)

お会いした当初のTさんの英語の偏差値は54程度(全統マーク高1模試)だったと思います。彼女は言われたことを素直にやってきてくれる生徒さんでしたので、1年経った高校2年2月の時点では、同偏差値が61.1(全統マーク高2模試)となりました。その後もTさんは怠ることなく努力を続けられ、高校3年時の各模試の最高英語偏差値は70.7(第1回全統マーク模試)、63.3(第3回全統記述模試)、71.7(第2回代ゼミ早大入試プレ)でした。ちなみに、同時期の最高国語偏差値は74.3(第3回全統マーク模試)、74.3(第3回全統記述模試)、77.8(第1回代ゼミ早大入試プレ)、世界史では、72(第1回全統マーク模試)、70.9(第3回全統記述模試)、72.4(第2回代ゼミ早大入試プレ)でした。3科目総合では、70(第1回全統マーク模試)、69.5(第3回全統記述模試)、75.3(第2回代ゼミ早大入試プレ)でした。

Tさんがここまで成績を伸ばせた要因は3つあります。

1つ目の要因は受験を左右するとても重要なもので、Tさんが努力を継続できるタイプであったことです。通常、定期テスト、体育祭、文化祭といった行事があった場合、大抵の学生さんは学習ノルマが滞りがちなのですが、Tさんはいかなる時でも日頃行うべき作業は欠かさずにやっていました。

もう1つの要因はTさんが暗記型の学習を得意としていたことです。私の指示で早いうちから暗記科目である世界史の学習に取り組んでいたTさんは、高校3年に差し掛かる頃には通史の学習を終えて、それ以降は過去問演習を中心に学習しておりました。さらに読解に弱点のあったTさんはその部分を少しでも補うために、英語、古文、漢文の知識の徹底を心がけておりました。

最後の要因ですが、これはTさんが当初から明確な目標を持っており、そこまでのプロセスをしっかりと把握して、入念な戦略が練れたことでしょう。

結果

■結果(進学先)  :早稲田大学商学部
■結果(他の合格校):早稲田大学(教育・社会科・文化構想学部)、上智大学(総合人間科学部)、中央大学(商学部)、東京女子大学(現代教養学部)、日本女子大学(人間社会学部)など

 

生徒とのエピソード

Tさんは吹奏楽部に属されており、高校3年時秋口に部員の皆さんで楽曲のアルバム制作をされたことがありました。受験を控えて焦りを感じている時期でしたので、彼女はその制作への参加に少々躊躇されており、私はどうするべきかのご相談を受けました。もうその頃にはTさんの成績は第一志望校がB判定以上でしたので、私は彼女に、大変でしょうが是非制作に参加するように伝えました。

私は常日頃生徒さん方に、緊張のあまり試験前日に一睡もできなくても当日実力が発揮できるくらいの学力を持って試験に臨むようにと話しております。ですから、アルバム制作に時間が取られるくらいで学力が落ちるようでは、その学力は本物ではないとTさんに申したのです。それを耳にした彼女は、本来の負けん気でもって学力を維持すると共に、アルバム制作にも全力で取り組みました。後で感想を聞きますと、とても充実した日々が送れたそうです。

そういえばTさんは1度だけ弱音を吐いたことがありました。高校3年時最初の2つのマーク模試において現代文の成績が立て続けに振るわなかったのです。良くないといっても7割5分くらいの得点ですからそれ程落ち込むことはないのですが、古文、漢文が8割5分近くなので相対的に気になったのでしょう。Tさんは「読解がこのまま伸びないのではないのか」と不安を漏らしました。確かに読解力というものは一朝一夕では身に付かないものです。そこで私は視点を変えて、時間配分を変えたらどうかと提案しました。知識に関する設問の多い古文、漢文に充てる時間を最小限にし、そこで稼いだ時間を現代文に回したらどうかと。素直なTさんはそれを実行に移し、その甲斐もあってかその後2つのマーク模試の国語の得点は184点でした。

 

同じ志望校(早稲田大学商学部)を目指す受験生へのアドバイス

早稲田大学の入試英語には読解総合問題が多く出題されています。たとえば2018年早稲田大学商学部の入試問題では大問5題中4題が読解総合問題です。

「読解」という文字を目にしますと読解が中心の問題なのであろうと想定されるのですが、実はこの問題は読解の設問が半分くらいで、知識系(空所補充、文整序、和訳、英訳、同義語・同意表現選択など)の設問がもう半分を占めているのです。読解には多くの語彙力が関わり、語彙も知識だと考えれば、入試英語の解法には膨大な知識を要することはお分かりでしょう。

ここで私は声を大にして受験生の皆さんに申し上げたいのです。「当たり前のことですが、読解力だけでは読解問題には対応できないし、それだけでは総合問題には太刀打ちできない」と。読解力やテクニックだけに偏って知識の補強をおろそかにされている方々は、今すぐ学習方針を改善し、バランスを考えながらインプット(知識の補強)&アウトプット(過去問演習)作業を行っていくことをお勧めします。

 

早稲田大学の入試傾向と対策はこちら

「プロ家庭教師 指導実例インタビュー 」一覧はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ