医大・医学部受験プロ家庭教師 圓井先生
指導実例インタビュー

圓井先生
指導実例インタビュー

圓井先生

圓井先生

東京大学文学部卒

合格実績(五十音順)

北海道大・弘前大・東北大・筑波大・東京医科歯科大・京都大・京都府立医科大・慶應大・東京慈恵会医科大・日本医科大・順天堂大・自治医科大・大阪医科大・昭和大・関西医科大・近畿大・杏林大・東京医科大・久留米大・岩手医科大・帝京大・東京女子医大・金沢医科大・兵庫医科大・福岡大・北里大・東海大・東邦大・日本大・愛知医科大・藤田保健衛生大・獨協医科大・川崎医科大・埼玉医科大・聖マリアンナ医科大・産業医科大 他多数

チェックテストで英語の総合力を上げ京都大学医学部に見事合格!

男子T君の場合

指導を始める前の状況

■指導開始時期: 高校3年時4月~
■指導科目:       英語 
■指導回数:       週1回(1回2時間)

 

T君は高校2年の終わりの時点で、他の理数系科目や国社に比べ英語の偏差値が60台に乗らない状態で伸び悩んでいました。高校3年になるにあたり、その他科目とのギャップを埋めたいと考え、英語の家庭教師に依頼しようと思ったとのことでした。

彼はどちらかと言うと寡黙で、器用なタイプではありませんでしたが、内に秘めた情熱とポテンシャルは接していてひしひしと感じられる好青年でした。英語に関しての問題点は、英文法の大まかな理解はしていても、初めて触れる英文に接した時に、正確な構文把握をした上での読解ができず、その原因が自覚できていないことでした

T君は中学1年生の時に、すでに京都大学医学部進学を目指すという目標を設定していたようです。そのきっかけは、幼少期からの持病を数年にわたって治療し完治させてくれた担当医師の出身校だったからだと教えてくれました。

指導内容

T君との初回授業で強く感じましたのは、単語・熟語の知識にかなりばらつきがあることでした。つまり、基本・標準・上級の知識が混在していて、その力がまとまっておらず、欠落が散見されたのです。その状態ではいくら真面目に英文法などに取り組んできたとしても、理想的な言語運用能力を身に付けることは叶わず、勉強するほどにもどかしさが募るものです。長文読解がうまく進まないのも、そうした根本的なボキャブラリー不足によるものと判断しました。

こうした問題点を踏まえ、学習方針としては、単語・熟語チェックテストを毎回厳格に範囲指定の上で行うことを大前提とし、並行して文法、例文暗記、和訳、作文、長文読解テキストも進めていき、ミクロ・マクロ両レベルでの英語の総合力を、バランスをとりながら伸ばしていく、という形を提案しました

授業では、担当し始めました高校3年4月から夏休みまではその形でコンスタントにテキストをこなし、秋以降志望校の赤本に取り組む、という計画を立てて実行しました。

 

学習状況の変化と合格までの成績推移

■成績推移 : スタート時偏差値56(河合塾高2記述模試)→ 最高偏差値82

T君はそれまで単語帳や熟語帳をまとまって取り組んだことがなかったらしく、最初の1ヵ月は習慣化するのに苦しんでいましたが、毎回一定量のチェックテストを課していましたので、良い意味で「あきらめ」、2ヶ月目からは大体9割以上の得点をキープし続け、それを入試日程終了時までひたすら反復チェックしました。

また文法、和訳、作文、長文読解につきましては、毎回課題としてノート作成をしてもらい、授業ではそれを添削・解説する形で進めました。それぞれ次回に軽い復習チェックを口頭で行い、インプットできていない知識があればその場で覚え直しを促し、フィードバックしていきました。

こうした作業を夏休みいっぱいまで続け、9月に入って京大医学部と私大各医学部の赤本に取り組み始めました。そして12月末の段階では京大医学部の過去問でも、70から80%の得点を取れるレベルとなっていました

T君の英語の成績は、担当した時点では直近の高2河合塾記述模試の偏差値が56でした。その後の偏差値は、3回受けた高3河合塾記述模試で、60 →72 →84でした。秋の河合塾京大オープン模試では70、駿台京大実戦模試では72でした。また2回受けました駿台全国模試では、58 →74でした。

結果

■結果(進学先)  : 京都大学医学部
■結果(他の合格校): 慶応大学、東京慈恵会医科大学、日本医科大学、順天堂大学、昭和大学(全て医学部)

 

生徒とのエピソード

T君と授業をする中で、時々無条件に感動することがありました。それは、彼の口癖が「間違えて覚える」というものだったからです。間違えた瞬間に、その間違いから学び、即座に新たな知識にしようという気概あふれる宣言です。

新しい知識に触れたときに、誰でも何らかの違和感を覚えます。しかし、次の瞬間にただ嫌悪感となるか、あるいはそれをマスターするべく、何回繰り返してでも覚えようとするかで、その後のその人の真の知識量は変わってきます。そしてそれは、やや大げさに言いますと、受験生活での命運を分ける知的態度です。彼はもちろん後者のタイプでした。なぜ彼がコンスタントに成績を上げていかれたかと言うと、そうした知的謙虚さを一貫して貫いていたからに他ならないと確信します。そのブレなさは、寧ろこちらが見習いたいと思うくらい素晴らしいものでした。

教える立場の教師が、教えられる立場の生徒さんから教えてもらう。この逆説的な関係性の中に、教師でいられることの喜びを体感できました。

 

京都大学医学部を目指す受験生へのアドバイス

数ある大学入試問題の中でも非常に特徴的ですが、京都大学の英語の問題は和訳と作文が大半を占めます
基礎力トレーニングは当然のことですが、始めは簡単なものでもよいので、ある程度早い段階から和訳と作文のトレーニングも並行して行った方が、基礎インプット作業と相乗効果が出ると思います。特に作文トレーニングは1番後回しにされやすいのですが、取り組みやすい例文集などの暗記をコンスタントに行いつつ、短い作文から始めアウトプットし、出来れば他者に客観的に添削をしてもらう練習も早期にする方がよいでしょう。
するとその作文力が自信となり、ご自身の英語力にとっての骨格を自然と作ってくれます。そして残りの知識が増えれば増えるほど、自然と筋力も体力もつくのです。

 

苦手だった英語の論理的文章読解を見事克服。東京慈恵会医科大学に合格!

女子Sさんの場合

指導を始める前の状況

■指導開始時期: 高校3年6月
■指導科目:   英語
■指導回数:   週1回(1回2時間)

Sさんは高校2年生の時から大手予備校に通っていましたが、3年生になりしばらくすると、自分がもうすでに知っている文法知識や長文読解テクニックなどを長い時間かけて説明されることに疑問とフラストレーションを感じていたそうです。自分に必要なことに対する端的な答えと効率良い学習アドバイスを求めて、予備校をやめ家庭教師を依頼されたという経緯で授業がスタートしました。

Sさんは幼少期からずっとピアノを続けてきた、一見かなり大人しい生徒さんでした。高校1年になるまでプロを目指すかどうかずっと悩んでいたほどの実力の持ち主でしたが、医師になりたいとの思いを捨てきれず、2年生になった時から受験勉強に入られたとのことでした。

言葉少ない中にも、医学部合格への静かな情熱を感じられる雰囲気がありました。目標は小学校の時に入院経験のある東京慈恵会医科大学(以下、慈恵医大)でした。

指導内容

初回授業のチェックテストで、文法的な知識はある程度しっかりしておられ、熟語力も相応にあることがわかりました。単語力はそれらに比べややムラがありましたが、いわゆる客観テストは苦手感がそれほどないくらいでした。

ただ、長文問題で小説タイプのものは正答率が良かったものの、評論や硬めのエッセイなど論理的な文章になると急に読めなくなりパニックになってしまうことがあるとのことでした。ご本人の第一のご要望は、医学部受験英語で必須の論理的文章読解力を何とかして磨いていきたい、というものでした。

そこで提案しました学習方針は、そうした論文調の英文に毎日一題ずつ触れ、苦手意識を克服することを一番に考え、並行して基礎力もなまらないように単語・熟語・文法・例文チェックはコンスタントに進めていく、というものでした。また大抵の私立医学部で必要な2次試験の小論文対策のテキストもご紹介し、医学入門レベルの予備知識も日本語でインプットしてみてはどうでしょうかとアドバイスしました。

以上の点を念頭に置いて、実際に授業を進めていきました。

 

学習状況の変化と成績の推移

■成績推移: 開始時偏差値58(河合塾全統記述模試) → 最高時偏差値76

Sさんは小学生の時から小説を読むのが大好きで、高校に入っても1ヶ月に2、3冊は必ず読み続けるほどとのことでした。それが功を奏し英語長文読解でも小説問題は中学生の頃からほぼ落とすことがないほどだったそうです。しかしこの嗜好が逆に仇となり、論理的な文章でも小説と同じ感覚で読み進める無意識の癖が抜けず、受験レベルの文章になると太刀打ちできなくなっていました

そこで、まず同じ長文といっても小説と論文がいかに別物であるかを図解しました。
具体的には、次の三点を特に意識するようお勧めしました。
(1) いわゆるディスコースマーカー=長文読解の指標を強く意識すること、
(2) パラグラフリーディング=段落ごとのキーワード・キーセンテンスをチェックしながら読み進めること、
(3) スラッシュリーディング=文に切れ込みを入れながらリズム良く左から右に読み進めること、です。

最初の1ヶ月間こそ戸惑い混乱気味になりながらこの三点に取り組んでもらいましたが、2ヶ月目以降のある日から、何だかこれをやらないと損だとご本人が気づき、最終的に受験期には倍速以上の読解スピードになりテスト時の精度も格段に上がりました

10月から取り組みました私立医学部の赤本でも、慈恵医科大も含めほぼ80%以上の過去問得点率を維持されました。また、3回受けられた河合塾全統記述模試では、偏差値が58→67→76と推移されました。

結果

■進学先:   東京慈恵会医科大学
■他の合格校: 日本医科大学、順天堂大学、昭和大学、東京医科大学、杏林大学(全て医学部)

 

生徒とのエピソード

Sさんとの雑談で思い出深いものがあります。

授業中、自由英作文の抜き打ちテストを始めた時のことです。突然外でお隣の犬がワン、と一声鳴いたのですが、間髪入れずSさんが、「あの子の「ワ」はいつも「ソ」の音なんですよ、高いですね。」とぽつりと言ったのです。最初何のことか分からなかったのですが、絶対音感があっていろんな音の音階が反射で分かるとのことでした。部屋の古びた換気扇のノイズや洗濯機の脱水時など、生活騒音にも「ソ」が多いそうです。

逆に僕は、Sさんのこのシャープな芸術的感性が、ゆくゆく患者さんの病気の発見に応用されますようにと密かに願いました。

 

東京慈恵会医科大学を目指す受験生へのアドバイス

色々ある私立医学部の中でも、慈恵医大の英語問題は特に長文読解のテーマがユニークです。最新の国際時事問題からディープな医学論文に至るまで、幅広く特殊なものが出がちです。大抵の受験生の方にとっては初見のネタがくると思って臨む必要があります。ですが、過去問を5年分ほどやってみるとその「偏差」を体感できます。志望校として慈恵医大を考えている方であれば、普段から色々な話題の評論文が集められている長文問題集に馴染むこと、小論文の医学関連記事や新聞・ニュースの時事問題などもある程度意識しておくこと、そして過去問で上記の独自性を体感しておくことが、本番でのリスク回避対策になると思います。

とはいえ、どんな特殊な問題でも、基礎レベルの失点を重ねていては致命的です。単語・熟語・文法力の研鑽はいくらやってもいいものです。超一流のアスリートほど、最も当たり前な毎日の筋トレや単純な反復トレーニングの重要性を強調します。受験日程最終日までその意識も高く保ちつつ対策して下さい。

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。