東工大附属科学技術高等学校

高校受験専門プロ家庭教師が語る

東工大附属科学技術高等学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

東京工業大学附属科学技術高等学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

国語の攻略ポイント

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

※本校は例年、「推薦入試」・「一般入試」と2回の筆記試験が実施されているが、ここでは全て「一般入試」についての説明とする。
「現代文」の大問3題が定着している。文章内容は「論説文」「説明文」「小説」「随筆」などだが、組み合わせは年度によって異なる(2017年度は「説明文」と「随筆」2題)。「総合的知識問題」は小問扱い。「古文」「漢文」は基本的に出題されない(ただし、小問として「古文」の「知識」が求められる年度もある。本年度も然り)。文章量は例年5000字ほどだったが、昨年度は一気に増加(約9200字)、その反動なのか、本年度は減少して約7000字(安定していないので、今後の動向に要注意)。解答数は30ほど(本年度は32)。「設問形式」は、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「脱文挿入」などと「説明記述」(数問。本年度は2問。「要旨」が出題される年度もある)。本校の特徴は「説明記述問題」にある。「長文説明記述」(「100字」ほど)もあり、「過不足なく」まとめるのは容易ではない。また、本校の性格上、「理数系的素養」が求められる場合もある。いずれにしても、本校に備えた「万全の対策」が必要になる。100点満点。試験時間は50分。

数学の攻略ポイント *

  • 試験時間:70分
  • 満点:150点

中学数学の基礎分野と、応用分野に分けて出題がされる。機械的な計算力はあまり求められていないが、思考力を重視している。設問文が独特であり、「確率」「立体図形」などの特殊な単元の解法に精通しておく必要がある。

英語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

配点の8割近くが長文読解問題である。読解能力の向上が合格に向けた大きな鍵となる。英文量が多いうえ様々な形式で内容把握を問う問題が出題されているため、速読力を身に付けるだけでなく、設問に応じた効率的な問題処理の手順を身に付ける必要がある。
早い段階から様々な設問形式を含んだ読解問題の演習を普段の学習の中に取り入れていきたい。また、自由英作文は配点も大きいと思われるため、十分な訓練が必要だ。

高校受験専門プロ家庭教師が東工大附属科学技術高等学校合格をサポート

高校受験指導で40年以上の実績を誇るリーダーズブレインが紹介する教師陣は、これまで多くの高校受験生を志望校合格に導いてきた高校受験専門のプロ教師に限定しています。プロたちは、入試問題に精通し、数々の合格実績があります。生徒の「合格のため」に必要で最適な学習プランを策定し、限られた時間の中で最大限の力を発揮できるよう、「生徒を信じる力」で合格へと導きます。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師陣

リーダーズブレインがプロと認定した教師陣は、プロ教師界でトップの実力を持つ選び抜かれたプロ家庭教師です。それは、トッププロ教師がプロを選び出す採用システムによって可能となります。30年以上にわたって構築し続けてきたトッププロ講師による妥協のない採用システムは、合格率約5%の厳しい採用基準となっています。また、この採用システムは、指導経験7年以上の現役プロ教師だけをエントリーの対象者としています。
リーダーズブレインは、皆様がプロ家庭教師に求めるクオリティをお届けいたします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

高校受験プロ家庭教師紹介

東工大附属科学技術高等学校の入試に精通し合格実績がある「高校受験対策プロ」には、「志望校合格」のために生徒一人ひとりにとって効果的な学習計画を立て、実行させるためのノウハウがあります。

家庭教師ラインナップはこちら

学校概要

学校 東工大附属科学技術高等学校
偏差値
併願校 「私立高校」では広尾学園、青陵、早大学院など、「都立高校」では戸山青山・新宿などが多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 2018年度の一般入試出願者数は399人、推薦入試出願者数の総数は111人であった。推薦入試について、募集人員は各分野定員40名中30%となっており、出願資格は評定平均値が5段階評価で4.0以上、かつ評定に1がない者等がある。推薦の選考方法は面接と小テストがあり、小テストについては数学と理科(第1分野)が実施される。
進学実績 2018年3月卒業生のおもな進学先については、国公立大学は東京工業大学に13名、横浜国立大学に2名、電気通信大学に6名、東京農工大学に6名、首都大学東京に5名等、私立大学では早稲田大学に12名、慶應義塾大学に8名、東京理科大学に30名、明治大学に18名、芝浦工業大学に22名等となっている。
*是非本サイトでご確認ください。
その他 当学校は文部科学省から平成22年度にスーパーサイエンスハイスクールに指定され、現在は指定スーパーサイエンスハイスクール研究開発における経過措置校として活動をしている。また、平成27年度には同じく文部科学省からスーパーグローバルハイスクールにも指定されており、当学校の活躍がこれからますます期待される。
基本情報 所在地  〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6
最寄駅  JR山手線・京浜東北線「田町駅」徒歩2分、都営三田線「三田駅」徒歩5分(田町キャンパス)
連絡先  ℡: 03-3454-8529・8530(入試、学校説明会、体験入学に関する問合せ先)
沿革   明治19年創立。
  • 東京工大附属科学技術高等学校

  • 東工大附属科学技術高等学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ