中央大学附属横浜中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

中央大学附属横浜中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

中央大学附属横浜中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

中央系列の共学校。どの科目も、標準的な問題を難なく解けるようになるとともに、各科目それぞれ、中央大学附属横浜の傾向に合わせた対策を十分にしておこう。

算数 大型問題で頻出の平面図形・速さに関しては重点的に学習をしておく必要あり。
国語 長文を読むスピードは必須。記述は類似問題などで十分に慣れておきたい。
社会 リード文や資料文が多く、試験全体としての分量が多いため、スピードと手際の良さが求められる。
理科 テスト形式・問題形式に特徴があるため、そのポイントをつかんだ上でテストに臨みたい。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 150点

本校の入試問題の形式は、はじめに計算と小問集合があり、残りは大型問題となっている。小問集合では幅広い分野から出題されているが、大型問題では、平面図形・速さに関する問題がよく出題されている。大型問題で出題されやすい分野については、重点的に学習しておくとよいだろう。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と小問集合 11分
【大問2】速さ 標準 8分
【大問3】場合の数 標準 6分
【大問4】平面図形 標準 16分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 150点

論説文・小説の読解が出題されている。漢字やことばの知識は読解と合わせて出されている。
例年、素材文が15000字にもなり文量の多さが際立っている。速読の能力が必須である。
記述問題も1~2問の出題があるので、字数の近い類似問題で十分に慣れておきたい。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】論説文の読解 標準 22分
【大問2】小説の読解 やや難 28分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間: 35分
  • 満点: 100点

地理・歴史・政治経済各分野からの出題がある。問題数では政治経済がやや少なめである。
リード文や資料文が多く、試験全体としての分量が多くなっている。スピードと手際の良さが求められる。記述問題が2題出されており論述タイプもあるので、他の学校の記述問題なども取り入れて練習量を増やしたい。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理分野 標準 14分
【大問2】歴史分野 やや難 14分
【大問3】政治経済分野 標準 7分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間: 35分
  • 満点: 100点

「物理分野」…「電流」「熱の伝導」など1つのテーマにそって出題されるので、得意な分野が出た場合には大きなアドバンテージを得ることになる。本年度は「コンデンサー」を問題に組み入れることで標準的な問題に変化を持たせている。
「化学分野」…「気体の発生」に関する問題が続いてる。後半の計算問題も含め、テスト中最難関問題になることが多い。
「生物分野」…ヒトの体に関する大問が多く、本年度もそうであった。内容は基本的な知識を問うものがほとんどである。
「地学分野」…「気象」「天体」などからの出題が多い。聞かれているレベルはその多くが基本的な知識であり、得点源としたいところだ。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】電流 やや難 8分
【大問2】気体の発生 8分
【大問3】ヒトの体 標準 8分
【大問4】気象 8分

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて中学受験専門のプロ家庭教師です。

上位5.8%のトッププロ家庭教師

リーダーズブレインは指導経験7年以上の現役プロ教師の中から、わずか上位5.8%のトッププロを厳選しています。
みなさまがプロ家庭教師にもとめるクオリティをお届けします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

教師対談インタビュー -プロの視点で語る受験への取り組み方

教師対談インタビュー
-プロの視点で語る受験への取り組み方

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師が豊富な経験をもとに語りあいます。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師が豊富な経験をもとに語りあいます。

どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 中央大学附属横浜中学校
偏差値 2018予測偏差値54(四谷大塚80%)・46(サピックス80%)
併願校 日本大学附属中学校、法政第二中学校、神奈川大附属中学校、慶応中等部が多く見られる。
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低62%はクリアしよう。出身塾別で見ると、日能研が最も多く四谷大塚、SAPIXが続いている。
進学実績 中央大学への内部推薦制度があり、一定の成績基準で推薦される。2017年の卒業生の約72%が内部推薦で進学している。また、推薦権を保持したまま国公立大学や中央大学にない学部のある私大への受験制度もある。
その他 社会を生き抜く基礎的な力と、相手を思いやり尊重する謙虚さを兼ねそろえた、知・徳・体のバランスの取れた人物形成を目指す。約35の部活動と同好会があり、活発に活動している。希望性で海外研修あり。
基本情報 所在地 〒224-8515 横浜市都筑区牛久保東1丁目14番1号
最寄駅 横浜市営地下鉄 センター北駅下車 徒歩7分
連絡先 ℡:045-592-0801
沿革 1908年、母体の横浜女子商業補習学校設立。2010年に中央大学の系属校化、2012年に共学化。
  • タイトルなし

  • 中央大学附属横浜中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ