大学受験プロ家庭教師 大学受験 入試傾向分析
大学受験専門プロ家庭教師が語る

早稲田大学 政治経済学部
入試対策と勉強法

出題傾向・攻略のための勉強法・推奨テキスト

「早稲田大学 政治経済学部」
入試傾向と科目別勉強法

早稲田大学は、学部によって出題傾向がきわめて多彩です。各学部の傾向を分析し、学部間の比較をすることにより、早稲田大学受験に向けた、より効率的な勉強方法を確立しましょう。

すぐに役立つ!科目別対策と勉強法

政治経済学部の英語対策と勉強法

大問2は読解問題となっているが、表やデータの読み取りを合わせた形式となることもあり、この辺りは大問1の出題内容とかかわっていると思われる。またこれまでと異なり長めの日本語による記述を要求される。大問3は従来も出題されていた意見論述型の自由英作文となっている。出題英文は政経学部にふさわしい現代的な政治・社会・経済に関わるトピックとなっている。

政治経済学部の総合問題Ⅰ(日本文)対策と勉強法

2021年度と22年度では、出題内容に大きな隔たりがある。本学部の出題者側の明確な方針が定まっておらず試行錯誤の観がある。
21年度は20年7月に本学部から出された「サンプル問題」同様に、「図表」が数多く掲載され、それに関する説明文に就いての「図表の読み取り」や「図表に基づく推論」、そして、図表を適宜用いての「条件付き見解論述」が出題された。内容は「現在の日本が直面する喫緊の課題である『少子高齢化』」だった。
22年度は図表が姿を消し、2つの「論説文(評論文)」が示され、それぞれに就いての「空所補充」「内容説明」、両者を関連づけての「具体例判別」などが問われた。ほぼ通常の「現代文問題」と同様だ。そして、両論考を踏まえての「見解論述」が出題された。2つの「論説文(評論文)」に共通する内容は「異文化理解論」。
出題内容に関して両年度に共通していたのは「見解論述」だけだったということになる。

大学受験を成功に導く過ごし方とは

インタビュー=大学受験、「最後の一年」の賢い過ごし方とは?

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。
高校生活最後の一年の過ごし方は、合否を分ける重要なポイント。志望校合格を勝ち取るためには、どのように一年を過ごせばいいのか…ぜひ参考にしてください。

早稲田大学への受験を控えている保護者様へ

早稲田大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な大学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な早稲田大学に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた大学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

早稲田大学

早稲田大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。