立教新座中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

立教新座中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

立教新座中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

立教系列の男子校。科目によって難易度の差があるため、標準的な問題が解けるということは最低条件として、立教新座の傾向に合わせた対策をしっかりしておこう。

算数 中~高程度の難易度を持つ問題に多く触れ、ねばり強く問題を解く力を身につける必要あり。
国語 難解な設問も含まれるが、基礎的な設問が多くを占めるため、ケアレスミスをしないことが必須。
社会 地理・歴史・政治経済の3分野から偏り無く出題される。試験時間が少ないので、解く速さは必須。
理科 典型的な問題が多いため、4分野(物理・化学・生物・地学)偏りなく知識を吸収することが大事。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 100点

・図形(平面図形・立体図形・図形の回転移動など)…本年度もここ数年の傾向をふまえて図形の出題が非常に目立った。
大問1(4)(5)・大問2・大問3とテストのおよそ半分が図形の問題であることから最優先で克服しておきたい分野であることは間違いない。
ただし、最難問は大問1(5)で、他の設問は男子上位校の中では平均的な難易度である。

・速さの問題…昨年度に続き、本年度は大問5として再度出題された。最後の大問ではあったが内容は割とオーソドックスで解きやすく、「新座の速さは標準的」の一例を示した。
 前述通り、ここ数年間は「図形中心にテスト問題が転換した」といってよく、過去問を何年分も解いていくと、かつての「数の性質・場合の数」中心だった古い年度の問題には違和感を抱くかもしれない。これからもやはり「図形分野が最重要」だ。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算・分数・食塩水・面積・立体図形 標準 15分
【大問2】平面図形 標準 8分
【大問3】立体図形 標準 8分
【大問4】周期算 やや難 9分
【大問5】速さと比 やや難 10分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 100点

物語文1問と説明的文章1問の計2問の長文読解を中心に構成されている。素材文の字数は7000~9000字ほど。過去には10000字を超える年度もあった。文章量が多いため書き抜き問題の難度が上がる傾向があり、長文での練習を積んでおきたい。
年度により難しさにばらつきもあるので、なるべく多くの過去問で試験の特徴に慣れておくことが大事である。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】論説文の読解 標準 30分
【大問2】小説の読解 やや難 20分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間: 30分
  • 満点: 50点

地理・歴史・政治経済の3分野から偏り無く出題されている。分量も3分野ほぼ同じである。用語記入の問題が多いが、記号選択が多い年度もあった。

例年、統計や地図を用いた問題や1~2行の短文記述が出されている。2017年度では見られなかったが、最新年度では復活している。
日本地図を良く頭にいれておくとしっかり答えられる問題が多いので、学習の際に地図帳はぜひ活用したい。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理分野 標準 11分
【大問2】歴史分野 やや難 11分
【大問3】政治経済・現代社会分野 やや難 8分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間: 30分
  • 満点: 50点

生物・化学・地学・物理の各分野について1つずつ、計4つの大問構成となっている。

第4問の物理分野は滅多に目にしない立体の回路図の捉え方が分からなければ(2)以降が丸々答えられず、制限時間が短い中、最後に配置されていることもあって、ほとんどの受験生にとっては事実上捨て問題であると考えられる。
また、化学と地学では説明的文章から知識の応用や科学的現象の理解を問う従来の形式ではなく、ゲームや対話の形式を用いた新傾向の問題が見られた。
化学では物質の性質に関する標準的な知識があれば答えは導けるが、複数の処理結果の比較作業が必要となり、判断の手際が問われる。
また、地学は冒頭と最後の設問が正解しづらく、地球温暖化に関する知識を問う他の問題での得点が鍵になる。
一方、生物分野は絵で描かれた生物についての分類や生態を問う内容であり、立教新座では度々出題される。このタイプの出題では比較的細かい知識が問われる傾向にあり、知らなければ即失点につながる場合が多い。

第1問〜3問においては、「答えられる問題」での取りこぼしが致命的になると肝に銘じよう。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】セキツイ動物の分類と生態 やや難 7分
【大問2】物質の性質 9分
【大問3】地球温暖化 やや難 5分
【大問4】電流と回路 9分

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて中学受験専門のプロ家庭教師です。

上位5.8%のトッププロ家庭教師

リーダーズブレインは指導経験7年以上の現役プロ教師の中から、わずか上位5.8%のトッププロを厳選しています。
みなさまがプロ家庭教師にもとめるクオリティをお届けします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

立教新座中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子さまのレベルやご希望にあわせて指導します。プロならではのノウハウでさまざまな課題を解決して志望校合格に導いてきました。

結果的に、受験した学校は全て合格させていただきました。親の目から見ても、みるみると力を付けていくのが解り、過去問の点数もどんどん良くなりました。何よりも、子供の性格を理解し、それに応じた勉強をしていただいた事に感謝しております。

S.M君の保護者様

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

プロに聞く!教師対談インタビュー

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。 

学校概要

学校 立教新座中学校
偏差値 2019予測偏差値60(四谷大塚80%)・51(サピックス80%)
併願校 早稲田実業中早稲田中武蔵中市川中早稲田大学高等学院中・本郷中・桐朋中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低50%はクリアしよう。出身塾別で見ると、四谷大塚が多く、日能研・早稲田アカデミー・サピックスが続いている。
進学実績 約80%の生徒が立教大学へ推薦で進学している。また、東大東工大を始めとした国立大学に5%、早稲田大慶應義塾大上智大に20%、MARCHに15%が合格している。
その他 キリスト教に基づいた教育を行っている男子校。大学受験に対応する他大学進学クラスが高2から設置されている。
基本情報 所在地 〒352-8523 埼玉県新座市北野1-2-25
最寄駅 東武東上線「志木」徒歩12分・JR「新座」徒歩25分(スクールバスあり)
連絡先 ℡:048-471-2323
沿革 平成12年開校。
  • 立教新座中学校

  • 立教新座中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ