中学受験専門プロ家庭教師が語る

洗足学園中学校 社会入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2020年度「洗足学園中学校の社会」攻略のための学習方法

スライド式学習

「洗足の社会対策」では当然、「地理」「歴史」「公民」全単元・全分野、「時事問題」の「知識」を確実に定着させることが最優先となる。

「基礎的事項」はもちろん、細部にわたる「深知り知識」や「背景の理解」も求められるので、テキストの「注」や「囲み説明」等のチェックも忘れてはいけない。

完璧な「知識定着」が欠かせないのだが、悲しいかな人は忘れるもの。時が経てば経つほど忘れる。ここに落とし穴がある。基本的に「暗記」が最重要となる「社会」では、各単元をいつ学習し定着させたのか、その時期が問題となる。

塾では通常、本格的な受験勉強が始まる5年生になってから、「地理」⇒「歴史」⇒「公民」と単元消化していき、6年生の夏休み前には終える。その後は「復習」となるが、メインは圧倒的に定着すべき事項の多い「歴史」にならざるを得ない。

そのまま、秋から冬となり「過去問演習」と続いていく。6年生で学習した「公民」はまだしも、「地理」はどうだろうか? 実質的に1年以上の空白が生じてしまう。それはまずい。「地理」での「深知り知識」が求められる洗足ではなおさら。

そこで、独自の「復習」が必要となる。塾での学習時期とはずらして(スライドさせて)、まだ時間的に若干の余裕がある5年生の冬休みやその後の春休みを利用して徹底的に「地理」の「復習」をしておく。「重要事項チェック問題集」のようなものを活用するといい。

さらに、その後も定期的に「地理」の理解を深めるような学習をこっそりと続けておくことで、ライバルに差をつけておきたい。

いもづる式学習

全単元・全分野に共通だが、「暗記事項」はそれぞれ単独で(要は単なる「一問一答方式」)定着させていても無意味だ。バラバラに覚えているだけでは、自分が覚えた通りに問われなければ結びつかないし、関連問題にも答えられない。ましてや、洗足らしい「難問」など絶対に無理だ。

そこで重要となるのが「いもづる式学習法」

「点」で覚えているものを「線」で結び、さらには「面」をも理解するには不可欠の学習法だ。1つの「暗記事項」を確認する際、それに関連すると思われる「事項」を次から次へと思いつく限り引き出していく。単元も無視する。

もし「言葉」としては覚えていても「内容」があいまいになっているものがあれば、すぐに確認しておく(ここでも「復習」できる)。また、それらは「線」で結びついているはずなので、どのように結びつくのかを確認していく。その上で、それらが結びつく背景(=「面」)をも理解するようにする。

このようにして改めて暗記し定着させた「事項」はどのような問われ方をしても、「線」で結びつけて答えられることになる。無論、洗足で求められる「多角的思考」にも「いもづる式学習法」は力を発揮する。

手づくり式学習

特に「歴史」単元の「復習」で必要となる。塾での「歴史」の学習は通常、「政治史」を軸とした「通史」として「時代別」「時代順」になっている。しかし、洗足などの上位校ではそんな単純な出題はない。特定の切り口での「分野史」が多いし、必ずしも「時代別」「時代順」ではなく様々な時間軸で出題される。

それらに対応するために必要なのが「手づくり年表」だ。「政治史」「社会経済史」「外交史」「文化史」「人物史」等の「分野史」別の「年表」を作成しながら復習する。

その際、「原始」~「現代」という長い時間軸にする。当然、「重要事項」だけしか記入できないが、それでいい。「関連事項」を頭に思い浮かべるようにすれば、「いもづる式学習」にもなる。

さらに、その「年表」には「西暦」だけでなく、「世紀」と「日本の時代名」「中国の王朝名」も対応させて記入しておきたい。「西暦」と「世紀」や「時代」がすぐに結びつかないと答えられない問題が多いからだ。「年表づくり」を楽しみながらやってみよう。

細部へのこだわり式学習

「問題解説」でも触れたとおり、「洗足対策」で欠かせないのが「細部へのこだわり」だ。

「多角的思考」をするに当たっての前提は無論、それぞれの「要素」をいかに正確に読み取るかということ。そこから「考えるヒント」を見つけ出す。そのためには「細部」にこだわって読み取ることが必要となる。

当然、トレーニングが欠かせない。過去問や練習問題等を用いて、各「要素」の細かな「意味」「資料の数字」や「関連事項」などを全て材料として、そこから何が導き出せるのかを確認する練習をしなくてはいけない。導き出せることについては、過去問や問題集の「解説」に示されているはずなので活用する。

こうした「細部へのこだわり学習」を続けることで、次第に様々な「要素」から着目すべき「手がかり」が自然と浮かび上がるようになる。後は自分の「知識」とつなげて考えればいい。

意識継続式学習

どのような場合であっても、常に何かを「意識」しながら学習することが重要だ。漫然と机に向っていても無駄だ。その時々、何を目的としてどのような学習(たとえば、上記の「○○式学習」)をしているのか、具体的に「意識」し続けていることが大切。

そうして何かを「意識」することが継続できるようになったら、次は同時にいくつものことを「意識」しながら学習したい。

洗足の入試本番では60分という制限時間(「理科」との合計)の中で、様々な「要素」を考え「条件」をクリアして答えなくてはならない。

だからこそ、「設問形態」を正しく理解しているか? 「要素」は全て確認したか? 「細部へのこだわり」や「他の設問」との「関連」は大丈夫か? 「条件」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」しながら学習する必要がある。

入試では見直しの時間はないと思った方がいい。常にそれらの「意識」を継続しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ。

2020年度「洗足学園中学校の社会」特徴と時間配分と攻略ポイント

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理(「時事問題」の「説明記述」1問あり) やや難 10分
【大問2】歴史(「年代整序」「説明記述」あり) 標準 10分
【大問3】公民(「時事的要素」「説明記述」あり) 標準 10分

特徴と時間配分

大問は「地理」(「時事問題」1問あり)。「形状」だけが示されている4つの「県」の「地図」に関連した出題。小問は全8問(解答数10)、「選択肢」(「複数完全解答」あり)、「自然地名記述」(漢字指定)、「説明記述」(「字数指定」なし1問)。大問は「歴史」。「島根県の歴史に関連するリード文」からの出題。小問は全10問(解答数10)、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」、「年代整序」あり)、「事項・人名記述」(漢字指定)、「説明記述」(「字数指定」なし1問)。大問は「公民」(「時事的要素」あり)。「『日本の世帯数の将来推計』に関する毎日小学生新聞の記事」からの出題。小問は全8問(解答数11)、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」「複数完全解答」あり)、「事項記述」(「空所補充」、漢字指定)、「説明記述」(「字数指定」なし1問)。時間配分としては、「説明記述」は各2分ほど、その他は1問を1分弱で解くペース。

【大問1】地理(「時事問題」の「説明記述」1問あり)

 

「形状」の輪郭(りんかく)および一部の地理的要素のみが記された4つの「県」の「地図」(それぞれの縮尺は同一ではない)に関連した出題。「産業」「地形」などの「地理」の基礎的知識が、「統計資料」、「雨温図」等で問われている。全体的にオーソドックスな出題だが、1問ある「時事問題」の「説明記述」は要注意だ。以下、いくつかの「設問」を確認してみよう。
※尚、「都道府県」の「形状」判別は本校に限らず「地理」の定番だ。当然しっかりと定着しているはずで、本問では、[地図1]=「長野県」・[地図2]=「山梨県」・[地図3]=「静岡県」・[地図4]=「千葉県」だと即決できなくてはいけない。あやしいものがあった諸君は要復習だ。

[問3] 「統計資料読み取り選択肢設問」(4択)。示されている[資料]は、[地図1]~[地図4]の各県の「面積」・「人口密度」・「農業生産額」・「製造品出荷額等」を示している。[資料]中の(A)~(D)の中で[地図4]のものを答える。[資料]の各項目はなじみの深いものばかりだ。4県にあてはめて判別していきたい。「面積」が最大の(D)=[地図1]の「長野県」、最小の(A)=[地図2]の「山梨県」はすぐに決定できるはず。残りでは、「農業生産額」が(C)の倍以上ある(B)が[地図4]の「千葉県」=「答え」だと判別できる。(C)は[地図3]の「静岡県」になる。ちなみに、「千葉県」の「農業生産額」は「北海道」「鹿児島県」「茨城県」に次いで全国4位だ。尚、本問のような「統計資料読み取り設問」では、なじみのある項目で絞り込んでいくことが肝要だ。
<時間配分目安:30秒>

[問4] 「地図に関連する条件付き内容説明記述設問」(「字数指定」なし、2つの「30字ほど」の解答欄)。「時事」単元。[地図1]中の地点(ア)の「軽井沢町」では2019年6月に「G20」が開催され、「海洋プラスチック問題」に関する共同声明が採択されたが、「海洋プラスチックごみが増えることでどのような問題が生じると考えられるか」を説明する。「条件」は「異なる観点からふたつ説明する」こと。「海洋プラスチックごみ」はここ数年の典型的な「時事問題」なので、誰もが知っているはずだが、どこまで内容を多面的に理解しているかが問われている。「プラスチックごみ」→「海洋に流出」→「マイクロプラスチック」へ変化→「海洋生物」の体内へ→さらには「人間」の体内へも→「生態系」に悪影響でもある→「海洋環境」が悪化し、経済的な損失にもなる……。こうした内容を「ふたつ」の観点からまとめていきたい。たとえば、「マイクロプラスチックへ変化し、海洋の生態系に悪影響を与える。」(30字)・「海洋環境が悪化することで、漁業などでの経済的損失が生まれる。」(30字)といった「答え」だ。尚、「時事ネタ」は受験前年のみではなく、過去数年分を確認しておきたい。
<時間配分目安:2分強>

[問7] 「地図についての雨温図判別選択肢設問」(4択)。[地図3]中の地点(エ)はこの県の「県庁所在地」だが、示されている4つの「雨温図」中からこの都市のものを答える。本校では定番の「雨温図」の問題。[地図3]は「静岡県」なので、「静岡市」のものを選ぶことになる。「太平洋側の気候」だということは誰でも知っているはず。「夏に降水量が多い」ことが特徴なので、選択肢は(C)か(D)になる。両者の「月別平均気温」に着目すると、(D)は1年を通して「15度」を下回っていない。日本の6つの「気候区分」でその特徴があるのは「南西諸島の気候」のみだということは知っていなくてはいけない。よって、「答え」は(C)になる。たかが「雨温図」と侮ってはいけない。やはり、微妙な「違い」でも判別できるように鍛錬しておくことが肝要だ。
<時間配分目安:1分>

【大問2】歴史(「年代整序」「説明記述」あり)

「かつて、石見国・出雲国・隠岐国の3つに分けられていた島根県の歴史にまつわるさまざまなことに関連するリード文」からの出題。「弥生時代」から「現在」までの多種多様な「歴史的事項」が問われている。本校では例年、「歴史単元」に難解な問題が多い。本年度もなじみが薄いものがある。しっかりと考えていきたい。それらを含めて検討してみる。

[問1] 「下線部についての条件付き内容説明記述設問」(「字数指定」なし、「60字ほど」の解答欄)。「リード文」中の下線部(ア)「日明貿易」の「仕組み」について説明する。「条件」は「『倭寇』と『勘合』という語句を用いて説明する」こと。「日明貿易」=「勘合貿易」ということは基礎的定着事項。そして、「勘合(符)」が「合い札」だということも知っているはずだ。では、「倭寇」とどのように結びつくのか? その点が問われることになる。室町時代前半、海禁政策(民間人の海上交易を禁止する政策)をとる明は、密貿易を行っている「倭寇船」に対する取り締まりを幕府に求めてきて、それに応じる形で「朝貢貿易」として3代将軍足利義満が始めたのが「日明貿易」だ。つまり、「倭寇船」と正式な貿易船とを区別するために「勘合(符)」を用いたわけだ。そうしたことを「過不足なく」まとめていけばいい。たとえば、「明の求めに応じて、密貿易を行っている倭寇の船と区別して正式な貿易船だということを証明する勘合という合い札を用いる仕組み。」(60字)といった「答え」になる。「歴史的事項」については、名称やその内容を定着させることはもちろんだが、「背景」をも理解しておく必要があると心得よ。
<時間配分目安:2分>

[問3] 「下線部についての統計資料読み取り説明の組み合わせ選択肢設問」(6択)。「リード文」中の下線部(ウ)の「金貨」について示されている[資料](江戸時代に流通した小判における金の含有量と含有率)の中の「(X)~(Z)と、それぞれの小判や当時の状況を説明した①~③」の「組み合わせ」として「正しいもの」を答える。本問の「資料」はほとんどの諸君にとって初見に違ない。「大学入試レベル」のものなので当然だ。なので、解けない→諦める? ではない。「私が知らない」⇒「誰も知らない」⇒「知らなくても解ける」と考えよ。どこかに「手がかり・ヒント」があるはず。「江戸時代の小判」・「金の含有率」⇒「質の悪い小判」⇒「5代将軍徳川綱吉」と思いつかなくてはいけない。よって、最初に「金含有率」が一気に下がっている(X)が②の説明と結びつくので、選択肢は(C)か(D)に絞られる。そして、(X)の後で「金含有率」が元に戻っている(Y)=「新井白石」の「正徳の治」だと分かるはずだ。したがって、「答え」は(C)だ。尚、「組み合わせ選択肢」では自分の分かりやすい項目で、選択肢を一気に絞り込むことが肝要だ。
<時間配分目安:1分強>

[問9] 「下線部に関連する人名記述設問」(漢字指定)。「リード文」中の下線部(ケ)の「後醍醐天皇」の「呼びかけに応じて鎌倉を攻め、幕府を滅ぼした人物」を、「姓名ともに漢字」で答える。「鎌倉幕府打倒」といえば「後醍醐天皇」+「足利尊氏」と結びつくはずだが、それだけでは答えられない小問だ。「楠木正成」と「新田義貞」の働きについても押さえておく必要がある。そして、直接的に「鎌倉攻め」を実行したのは後者だ。したがって、「答え」は「新田義貞」になる。本校では一歩進めた「深知り知識」が求められることもあると認識せよ。
<時間配分目安:30秒>

[問10] 「下線部に関連する年代整序選択肢設問」(6択)。「リード文」中の下線部(コ)「東京オリンピック」を記念して「2019年に東京オリンピック記念貨幣が発行された」ことに関連して示されている「記念貨幣①~③」について、「発行された順に正しく並べたもの」を答える。それぞれの「記念貨幣」の「キーワード」から「時期」を特定していく。①「沖縄復帰20周年記念貨幣」⇒「沖縄復帰」は「1972年」ということは必須定着事項=「20周年」なので「1992年」発行。②「日本万国博覧会記念貨幣」⇒いわゆる「大坂万博」は「1970年開催」ということは知っているはず=「1970年」発行。③「内閣制度創始100周年記念貨幣」⇒「内閣制度」は「1885年」からということは知らなくてはいけない=「100周年」なので「1985年」発行。したがって、②→③→①の「順」なので、「答え」は(D)になる。「年代整序」は「うろ覚えの年代」で整序するのではなく、「流れ」や「キーワード」を確認し、特定していくことが重要だ。
<時間配分目安:1分弱>

【大問3】公民(「時事的要素」「説明記述」あり)

国立社会保障・人口問題研究所が2019年4月に発表した「日本の世帯数の将来推計」に関連しての、2019年4月24日付の「毎日小学生新聞の記事の抜粋(ばっすい)」からの出題。「公民」(「時事的要素」あり)に関しての基本的知識が「事項記述」や「説明記述」等で問われている。以下、何問かを考えてみたい。

[問3(3)] 「下線部に関する条件付き理由説明記述設問」(「字数指定」なし、「60字ほど」の解答欄)。「新聞記事」中の下線部(ウ)「現在の社会の仕組み」に関して、「2019年3月2日に2019年度予算案が衆議院本会議で可決され参議院に送られたことにより、予算は年度内に成立することになった」が、「なぜ年度内に成立することとなったのか」を説明する。「条件」は「憲法の規定に沿って説明する」こと。尚、「年度」とは「4月1日から翌年3月31日までの1年間」を指す。「なぜ予算が年度内に成立するか?」、そんなことは知らない! 果たしてそうだろうか? 「条件」に「憲法の規定」とある。そこから「予算」についての「衆議院の優越」と結びつけられるはずだ。「予算の議決において衆議院と参議院が異なる議決をし、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、または参議院が衆議院の可決した予算を受け取った後、国会休会中の期間を除いて三十日以内に議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決となる」(日本国憲法第60条)という規定は知っているはずだ。「年度内」は「3月31日」まで、「3月2日に参議院に送られた」のだから間に合うわけだ。こうした内容をまとめていけばいい。たとえば、「かりに参議院が30日以内に予算案を議決しない場合でも、衆議院の議決が国会の議決となるので、3月31日までには可決されるから。」(60字)といった「答え」だ。「問題文」の「条件」=「手がかり・ヒント」だと心得よ。
<時間配分目安:1分半>

[問5] 「下線部に関連する事項記述設問」。「新聞記事」中の下線部(オ)「各地域で独自に行われている見守り活動など」に関連して、「地方公共団体の事業には、納税者が、住んでいる地方公共団体ではなく、別の地方公共団体を選んで寄附する制度を活用して実施されているものもある」が、「税金の使われ方を考えるきっかけにもなっているこの制度」を答える。なにやら問題文が異常に長く紛らわしくて、なんのこっち? となりかねない。ここは冷静に読み解きたい。要は、「納税者が居住地とは別の地方公共団体を選んで寄附する制度」は何かということだ。無論、知っているはずだ。「答え」は「ふるさと納税」。「ふるさとなど好きな地方公共団体を選んで一定額以上の寄附をすると、居住地で納める住民税や所得税が安くなり、寄附した地方公共団体からは特産品などがもらえる」というものだ。尚、「設問」そのものを的確に読み解くことが大前提だと心得よ。
<時間配分目安:1分>

[問8] 「下線部に関する空所補充の語句記述設問」(全2問。ともに「漢字指定」)。「新聞記事」中の下線部(ク)「結婚」に関して、示されている「日本国憲法第24条」の条文中の「空欄にあてはまる語句」を「漢字」で答える。空所前後は、「①婚姻は、 X の合意のみに基いて成立し、……。②……法律は、 Y の尊厳と X の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」となっている。 X =「両性」が「答え」だと即決できなくてはいけない。では、 Y はどうか? 「答え」は「個人」だ。「日本国憲法」では、家族に関して「家」や「男性」が中心ではなく、「個人の尊厳」と「両性の本質的平等」が重要だと規定されている。尚、本校に限らず、「日本国憲法の条文」は頻出事項だ。重要な条文については正確に定着させ、その内容も理解しておくことが肝要。
<時間配分目安:全問で1分強>

攻略のポイント

求められているのは「あと一歩の深知り知識」。無論、「完全定着」が望ましいが、「知識」には限りがある。そこで「攻略ポイント」となるのが、「細部へのこだわり」と「知らない問題」への「対応策」だ。いかに「細部」に着目して「判断」できるか、いかに「知っていること」に結びつけられるかということだ。必ず、どこかに「手がかり」「ヒント」が隠されていると心得よ。「リード文」、「設問文」や「設問条件」、「設問どうしの関連」等々と「自らの知識」を多角的に結びつけて考察することで絶対に解くことができる。「合格ライン」は6割半ほど(過去6年間の4科目合計の「合格最低得点率」67.3%、本年度は65.4%、「社会」の「本年度受験者平均得点率」は64.3%)。「深知り知識問題」への対応ミスによる「失点」は絶対に避けたい。

「理科と合わせて60分」という「特殊な制限時間」にも十分な注意が必要だ。「理科」も含めて、先ず全大問を概観した上で「時間配分」を決めるという「戦術」が求められる。そして、「解答数」と「時間」を考え合わせて、「取れる問題を確実に押さえる」ことが重要になる。逆にいえば「取れそうにない問題は潔く捨てる」という覚悟も求められる。もちろん「単純ミス」は絶対にしてはいけない。

●「地理」では「地図」「地形図」「統計資料」「模式図」「写真」等、「歴史」では「年表」「歴史史料(「図版」含む)」「人物写真」などがよく出題されるので、確実に覚え、常にチェックしておくこと。もちろん、「統計資料」は必ず最新版を使いたい。テキストとしては「日本のすがた」(矢野恒太記念会編集)が分かりやすくてオススメだ。

洗足学園中学校トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

  • オンラインでプロ家庭教師

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ