頌栄女子学院中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

頌栄女子学院中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

頌栄女子学院中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

東京の女子難関校。どの科目も、基礎事項をしっかり習得した上で、算数と国語は、設問の意図に合わせて的確に記述する「表現力」、理科と社会は、早く正確に解答する「処理能力」を養っておこう。

算数 式や考え方を記述する問題が一部あり。また試験本番では、得点しやすい問題を見つける力が必要。
国語 設問内容は、「説明記述」「選択肢」「抜き出し」「空所補充」等と多彩。「自由作文問題」は対策が必須。
社会 「時事問題を切り口とした総合的な問題」では、あらゆる知識を結びつける「柔軟性」が求められる。
理科 「物理」「化学」の大問で、難問が含まれていることあり、それらを後回しにする「判断力」が必要。

2020年度大学入試を意識した出題

新しい傾向の出題が見られました

頌栄女子学院中学校では2018年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

 

・2018年社会【大問1】[問6][問7]

選択肢問題と内容説明記述問題に新機軸の傾向が見られた。時事問題に絡めた「個人情報の拡散の惧れ」「個人情報の忘れられる権利」に関しての設問。与えられた情報から「思考」し、「判断」して適切な選択肢を選ぶ、または自分の言葉で「表現」する。当校のHPに「毎日の世界中の出来事に目を向けて、新聞やテレビで伝えられることがこれまで学んできたこととどのようなつながりを持つのか、自ら考える習慣も大切」とあるように、普段から「思考力・判断力・表現力」を磨く練習を積んでおきたい。公立中高一貫校で出題される「適正問題」で対策をするのも良いだろう。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 100点

推理と論理、規則性、食塩水、数の性質に関する問題は頻出である。平面図形では、角度に関する問題が特に多い。その他、等積変形・等積移動に関する問題、図形の移動に関する問題も比較的多い。
本校では、日本語で説明する問題が出題されることがあるので注意したい。

2020年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集合 標準 19分
【大問2】立体図形 やや難 3分
【大問3】平均 5分
【大問4】平面図形 標準 4分
【大問5】食塩水 やや難 9分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 100点

※本校は例年2回の試験が実施されているが、ここでは「第一回試験」についての説明。
2019年度まで、「論説文」(説明文)と「小説」の大問2題という出題形式が定着していたが、本年度は「漢字問題」が大問として独立して3題になった(新傾向か? 要注意。文章内容は「説明文」と「小説」)。「総合的知識問題」は小問扱い。総文字数は7000~8000字程度(本年度は約7100字(ただし、昨年度は1万字超だったので心すること)。「設問内容」は、「説明記述」(例年数問。本年度は6問)、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「脱文挿入」などと多彩(本年度は「脱文挿入」未出)。ここ7年連続で「自由作文問題」(「字数指定」なし、「150~200字ほど」の解答欄)が出題されている(本年度は昨年度同様に「論説文(説明文)」での出題)。本校での「自由作文問題」は定着し、大きな特徴となったといえる。「国語力の根幹をなすものは客観的読解力と必要十分な日本語表現力」(本校HPより)だということを意識して、確実な「本校対策」が必要だ。また、「入学試験は、大人の文章を読むための基礎力確認テスト」(同)と位置づけられていることも認識しておきたい。100点満点。試験時間は40分。「説明記述」「自由作文」を含めた解答数を考えると(本年度は40)、圧倒的な「時間との戦い」になる。

2020年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】「漢字の書きとり」(全5問) 2分
【大問二】「説明文の読解」(「長文自由作文」あり) 標準 20分
【大問三】「小説の読解」(「説明記述」あり) 標準 18分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 100点

※本校は例年2回の試験が実施されているが、ここでは「第1回試験」についての説明。
「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題され、また、各単元とは直接結びつかない「考察問題」もある(2020年度も同)。大問は例年3~4題(本年度は3題。近年では2017年度のみ2題だった)。各大問は、「単元別問題」(1部他単元混在の場合もある)と単元をまたいだ「総合問題」というパターンが多い。本年度は、「総合問題」・「地理」(1部他単元の混在あり)・「歴史」(同)。単元別配点比率では、近年は「地理」「歴史」がメインだったが、本年度は「歴史」が断然トップで5割強、「地理」は2割強、「公民」と「考察問題」等がともに1割前後で、「時事」はわずか。ここ数年配点比率が流動的なので要注意だ。全解答数は例年の60前後からここ数年減少傾向で、本年度は40。解答形式は、「リード文」などや「説明文」に関しての「事項等記述」、「選択肢」、「説明記述」(5~10問ほど。本年度は5問で「考察説明記述」もあり)。特徴としては、本校が出題を明言している「時事問題を切り口とした総合的な問題」(本校HPより)と「思考力や記述力、また、図表や資料等から必要な情報を読み取る能力を特に重視」しているということ(同)。「あらゆる知識」を結びつける柔軟性が求められる。出題内容は多様で、「地図」「地形図」「統計資料」「歴史史料」「写真」「図版」等々からの問題がある(本年度は、「歴史史料」未出)。時間と解答数を考えると、「スピード」と「思考力・処理能力の高さ」が必要不可欠となる。100点満点。試験時間は40分。

2020年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】「歴史」(「地理」の混在あり) 標準 20分
【大問2】「総合」(「地理」「歴史」「公民」「時事」、「考察問題」等) 標準 10分
【大問3】]「地理」(「歴史」「考察問題」の混在あり) 10分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 100点

「生物分野」…「生物の特徴」が出題された。その前2年間は「人体」だったのでやはり全般に基本的知識が必要である。ただし、難しいことはあまり問われない。
「地学分野」…「天体」が多く出題された来たが本年度も「恒星の特徴」に関する問題でその傾向に準じた。話題としてブラックホールの話が提供されているがほとんどの設問とは関係なかった。
「物理分野」…「レンズ」「電流」「ばね」「ふりこ」「ものの運動」など1つの単元に絞って出題される。本年度は「電流」で、豆電球ではなく家電製品に関する問題だった。本年度では最も特色が現れた大問と言えよう。
「化学分野」…入試頻出の「水溶液の判別」と「中和」が出た。どちらも基本な設問が多かったものの後半の計算問題では手を焼いたに違いない。

2020年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】化学(水溶液の性質 ・中和) 標準 10分
【大問2】生物(植物・動物の特徴) 標準 10分
【大問3】地学(恒星の特徴・ブラックホール) 標準 10分
【大問4】物理(電流と電圧) 標準 10分

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて中学受験専門のプロ家庭教師です。

上位5.8%のトッププロ家庭教師

リーダーズブレインは指導経験7年以上の現役プロ教師の中から、わずか上位5.8%のトッププロを厳選しています。
みなさまがプロ家庭教師にもとめるクオリティをお届けします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

頌栄女子学院中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子さまのレベルやご希望にあわせて指導します。プロならではのノウハウでさまざまな課題を解決して志望校合格に導いてきました。

授業の度に、娘の表情が明るく穏やかになるのが印象的でした。短期間のうちに苦手箇所を洗い出して改善してくださった上に、気性の激しい娘の性格をよくコントロールして下さいました。中井先生がいなかったら、中学受験を納得のいく形で終えることはできなかったと思います。ありがとうございました。

S.Kさんの保護者様

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

プロに聞く!教師対談インタビュー

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。 

学校概要

学校 頌栄女子学院中学校
偏差値 2020予測偏差値60(四谷大塚80%)・50(サピックス80%)
併願校 1月は市川中、2月は洗足学園中白百合学園中鷗友学園中豊島岡女子中渋谷教育学園渋谷中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低55%はクリアしよう。出身塾別で見ると、日能研が多く、サピックス・四谷大塚・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 東大東工大一橋大を始めとした国立大に15%、早稲田大慶應義塾大上智大に115%、MARCHに100%以上が合格している。
その他 高校での募集を行わない完全中高一貫校。「頌栄」とは神の栄光をほめたたえる、という意味で、キリスト教精神を教育の基盤としている。
基本情報 所在地 〒108-0071 東京都港区白金台2-26-5
最寄駅 都営浅草線「高輪台」徒歩1分・JR/東急池上線「五反田」徒歩10分・南北線「白金台」徒歩10分
連絡先 ℡:03-3441-2005
沿革 明治17年開校。
  • 頌栄女子学院中学校

  • 頌栄女子学院中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

  • オンラインでプロ家庭教師

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ