江戸川学園取手中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

江戸川学園取手中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

江戸川学園取手中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

茨城の共学難関校。どの科目も、極端な難問・奇問は少ない。全分野満遍なく基本事項の習得をした上で、江戸川学園取手の傾向に合わせた対策を十分に取る必要あり。

算数 問題そのものの難易度よりも、試験時間と問題数に慣れておくための対策が必要。
国語 「要約記述問題」と「抜き出し問題」の対策が必須。
社会 基本的な問題の中にいきなり現れる難問を、どのように処理していくことが出来るかどうかがポイント。
理科 4分野からまんべんなく出題される。実験や観察に関する文章やデータや図から解答する形式に慣れる必要あり。

2020年度大学入試を意識した出題

新しい傾向の出題が見られました

江戸川学園取手中学校では2018年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

・2018年度 国語【大問三】

本年度新機軸として出題されたのが、「図表」が付された「読解問題」。大問全体を通して6つの図表があり、その読み取りまで求められている。しかしあくまでも国語の試験なので、図表を読み取った後に文脈に沿った回答をしなければならない。まさに「思考力・判断力・表現力」を問うている問題だ。今後もこのような傾向は続くと想定されるため、新たな「攻略法」へ向けての対策が求められる。中高一貫校で出題されるような、いわゆる「適正問題」等でトレーニングすると良いだろう。

算数の攻略ポイント

  • 試験時間:60分
  • 満点:150点

基本的な計算問題も含め、かたよることなくいろんな分野から出題されている。テスト時間も60分と長めなので問題数も多く、そこがこの学校の特徴となっている。そういうこともあり、分量に圧倒されないよう長く集中力が保てるように勉強を進めていけるといいだろう。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算問題・式の展開・角度 6分
【大問2】割合(還元算) 標準 6分
【大問3】平面図形(平行移動) 標準 6分
【大問4】ニュートン算 標準 6分
【大問5】立体図形(切断) 標準 6分
【大問6】数の性質(分数) やや難 10分
【大問7】つるかめ算・場合の数 12分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:60分
  • 満点:150点

※本校では例年3回の入試が実施されているが、ここでは全て「第1回入試」の説明とする。

「小説」「随筆」「論説文」「説明文」、いずれかの大問3題が基本(2018年度は、「小説」と「論説文」2題)。「漢字」を含む「総合的知識問題」は「小問」扱い。文章量は8000~9000字程度(本年度は約8500字)。解答数は40弱(本年度は38)。「設問形式」は、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「本文合致」、「説明記述」(例年1問。本年度も同)など。
本校の特徴は大きく2つだ。先ずは何といっても「100字ほど」の「要約」などの「長文説明記述問題」。例年、設問の最後に待ち構えている難関。 本年度は「80~100字以内」での「本文要約」で、「キーワードを3語用いる」という定番の「条件」が課されている。他に「説明記述問題」はほぼなく(本年度は1問あり)、本校志望者は誰もがここにターゲットを絞り、「準備万端」で臨むはず。それだけに落とせない「鬼門」となっている。
もうひとつは、「抜き出し問題」や「空所補充問題」の多さだ。例年、全解答数の3~4割以上を占める(本年度は一気に増えて6割強)。
尚、本年度は、「論説文」に6つもの「図表(統計グラフ含む)」が付されている大問があり、その「読み取り」も問われている。本校としては初めての出題内容で、明らかに2020年度から実施される「新大学入試制度」を意識していると考えられる。こうした傾向は無論、来年度以降も要注意だ。

150点満点。試験時間は60分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】「小説の読解」(「総合的知識問題」あり) 標準 17分
【大問二】「論説文の読解」(「総合的知識問題」あり) 標準 19分
【大問三】「論説文の読解」(新機軸の「図表」添付、「長文記述」あり) 24分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

※本校では例年3回の入試が実施されているが、ここでは全て「第1回入試」の説明とする。

「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問は例年6~8題だったが、昨年度は減少して4題となり、2018年度は5題(大問数が揺れ動いている。要注意)。各大問は各単元対応が基本だが、他の単元が混在する場合もある(本年度も同)。
配点比率では、「歴史」が大きく(本年度はほぼ4割)、「地理」(同3割強)、「公民」(同3割弱)の順で、「時事」はほんのわずかだ。
全解答数は近年50ほどだったが、一昨年度以降「説明記述」が増加したため一気に減少し、本年度もその傾向が続き40。出題形式は、「リード文」や「単一テーマについての説明文」などに関連して、「地図」「地形図」「統計資料」「写真」「年表」「歴史史料」等についての各単元に応じた「小問」が並ぶというもの。
解答形式は、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」「複数完全解答」あり)、「事項記述」(「空所補充」あり。ほぼ「漢字指定」)、「整序問題」、「説明記述」(本年度は作年度よりさらに増えて6問)など。時おり「地図記号」などの「書き込み問題」もある。
本校の特徴は、平易で基礎的な問題が並ぶ中に、突然、「深知り知識」が求められる「難問」が現れるということだ。そこで一瞬戸惑い、ペースが乱れて思考が止まってしまう可能性がある。また、「世界地理」も頻出だ(本年度は出題なし)。要注意。

100点満点。試験時間は40分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】「地理」(「説明記述」あり) 11分
【大問2】「歴史」(「説明記述」あり) やや難 11分
【大問3】「歴史」(「年代整序」「説明記述」あり) やや難 5分
【大問4】「公民」(「歴史」2問、「説明記述」あり) 8分
【大問5】「公民」(「時事」1問、「説明記述」あり) やや難 5分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

生物・物理・地学・化学の4分野から出題されている。ここ数年の出題傾向を見ても、4分野からまんべんなく出題されている。
ここ数年、各分野から2単元ずつ出題されているので、合計8単元からの出題となる。多くの単元から出題されるので、まずはまんべんなく学習し、苦手単元を作らないことが大切である。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地学分野 標準 10分
【大問2】物理分野 標準 10分
【大問3】生物分野 標準 10分
【大問4】化学分野 標準 10分

中学受験専門プロ家庭教師が江戸川学園取手中学校合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績を誇るリーダーズブレインが紹介する教師陣は、これまで多くの中学受験生を志望校合格に導いてきた中学受験専門のプロ教師に限定しています。プロたちは、積み重ねた指導経験から体得した入試問題分析力と、進学塾のカリキュラムに精通しているが故に導き出せる効率的な学習方法、そして豊富な合格実績に裏付けられた学習プランの策定力をもって「合格までの最短距離」を示します。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師陣

リーダーズブレインがプロと認定した教師陣は、プロ教師界でトップの実力を持つ選び抜かれたプロ家庭教師です。それは、トッププロ教師がプロを選び出す採用システムによって可能となります。30年以上にわたって構築し続けてきたトッププロ講師による妥協のない採用システムは、合格率約5%の厳しい採用基準となっています。また、この採用システムは、指導経験7年以上の現役プロ教師だけをエントリーの対象者としています。
リーダーズブレインは、皆様がプロ家庭教師に求めるクオリティをお届けいたします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

教師対談インタビュー -プロの視点で語る受験への取り組み方

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 江戸川学園取手中学校
偏差値 2018予測偏差値 男53/女55(四谷大塚80%)
併願校 1月入試では 芝浦工大柏中国府台女子学院中、2月は本郷中・巣鴨中大妻中立教池袋中、専修大松戸が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低55%はクリアしよう。出身塾別で見ると、四谷大塚が多く、SAPIX・日能研・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 筑波大・千葉大・東大を始めとした国立大に2割、早稲田大慶應義塾大上智大に3割強、MARCHに5割が合格している。
その他 茨城県有数の進学校。国公立大の医学部をめざす医科コースが高1から設置される。
基本情報 所在地 〒302-0025 茨城県取手市西1-37-1
最寄駅 JR「取手」徒歩25分またはバス「江戸川学園前」・つくばエクスプレス「守谷」よりスクールバス
連絡先 ℡:0297-74-8771
沿革 昭和62年開校
  • 江戸川学園取手中学校

  • 江戸川学園取手中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ