中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

慶應義塾中等部 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2020年度「慶應義塾中等部の社会」
攻略のための学習方法

スライド式学習

慶應義塾中等部合格に向けては、「地理」「歴史」「公民」の「知識」を確実に押さえておくことが重要。「基礎的事項」は無論、特に「地理」「歴史」では相当細かな「知識」や「深い理解」も求められるので、テキストの「注」や「囲み説明」等もチェックしなくてはいけない。そして、確実に定着させておきたい。

だが、人は忘れるものだ。時が経てば経つほど忘れる。実はここに落とし穴がある。基本的に、定着させるために「暗記」が最重要となる「社会」では、各単元をいつ学習したのか、その時期が問題となる。塾では通常、本格的な受験勉強が始まる5年になってから、「地理」⇒「歴史」⇒「公民」と単元消化していき、6年の夏休み前には終える。

その後は「復習」となるが、そのメインは圧倒的に定着すべき事項の多い「歴史」にならざるを得ない。そのまま、秋から冬となり「過去問演習」と続いていく。6年で学習した「公民」はまだしも、「地理」はどうだろうか? 実質的に1年以上の空白が生じてしまう。それはまずい。前述のように慶應義塾中等部では「地理」「歴史」単元に含まれる全分野から多数出題される。

そこで、独自の「復習」が必要となる。塾での学習とはずらして(スライドさせて)、まだ時間的に若干の余裕がある5年の冬休みやその後の春休みを利用して徹底的に「地理」の「復習」をしておくことが勝利につながる。「重要事項チェック問題集」のようなものを活用してもいい。さらに、その後も定期的に「地理」の理解を深めるような学習をこつそり続けておくことで、ライバルに差をつけておきたい。

いもづる式学習

定着すべき「暗記事項」はそれぞれ単独(要は「一問一答方式」)で定着させておいてもほとんど意味がない。バラバラに覚えているだけでは、自分が覚えた通りに問われなければ結びつかないし、関連問題にも答えられないからだ。

そこで重要となるのが「いもづる式学習法」。「点」で覚えているものを「線」で結び、さらには「面」をも理解するには不可欠の学習だ。1つの「暗記事項」を確認する際、それに関連すると思われる「事項」を次から次へと思いつく限り引き出していく。単元も無視する。もし「言葉」としては覚えていても内容があいまいになっているものがあれば、すぐに確認しておく(ついでにここでも「復習」できる)。

また、それらは「線」で結びついているはずなので、どのように結びつくのかを確認していく。その上で、それらが結びつく背景(=「面」)をも理解するようにする。このようにして改めて暗記し定着させた「事項」はどのような問われ方をしても「線」で結びつけて答えられることになる。さらに、単元もまたいでいるので、慶應義塾中等部で最近見られる「単元融合問題」にも対応できるようになる。

手づくり式学習

特に「歴史」単元の「復習」で必要となる。塾での「歴史」の学習は普通、「政治史」を軸とした「通史」として「時代別」「時代順」になっている。だが、慶應義塾中等部に限らず上位校の入試問題ではそうした単純なものはない。特定の切り口での「分野史」が多いし、必ずしも「時代別」「時代順」ではなく様々な時間軸で出題される。

それらに対応するために必要なのが「手づくり年表」だ。「政治史」「社会経済史」「外交史」「文化史」「人物史」等の「分野史」別の「年表」を作成しながら復習する。その際、「原始」~「現代」という長い時間軸にする。当然、「重要事項」だけしか記入できないが、それでいい。「関連事項」を頭に思い浮かべるようにすれば、「いもづる式学習」にもなる。さらに、その「年表」には「世紀」と「日本の時代名」「中国の王朝名」を対応させて記入しておきたい。「世紀」と「時代」がすぐに結びつかないと答えられない問題が多いからだ。「年表づくり」を楽しみながらやってみよう。

細部へのこだわり式学習

慶應義塾中等部で必ず出題されるといってもいい「ハイレベルな知識問題」(特に「地理」「歴史」に多い)や「設問文の内容を組み合わせて考える問題」。これらを考えるに当たって最も重要なことは、「設問内容」や「条件」をいかに正確に読み取るかということだ(それらは「ヒント」になっていることが多い)。「リード文」や「設問文」に示されていることに基づいて「考えるヒント」を見つけ出す。そのためには、とにかく「細部」にこだわって読み取ることが必要となる。

無論、トレーニングが欠かせない。「過去問」や「演習問題」等を用いて、各事項の細かな「意味」「統計資料の数字」や「関連事項」と「設問文の内容」等の全てを材料として、そこから何が導き出せるのかを確認する訓練をするのだ。導き出せることについては、問題集やテキストの「解説」に示されているので活用すること。

こうした「細部へのこだわり学習」をつづけることで、次第に「リード文」や「設問文」に示された着目すべき「手がかり」が自然と浮かび上がるようになる。後は自分の「知識」と結びつけて考えればいい。

意識継続式学習

どのような状況でも、常に何かを「意識」しながら学習することが重要だ。漫然と机に向っていても単なる時間の無駄だ。その時々、何を目的としてどのような学習(たとえば、上記の「○○式学習」)をしているのか、具体的に「意識」し続けていることが大切。

そうして何かを「意識」することが継続できるようになったら、次は同時にいくつものことを「意識」しながら学習したい。慶應義塾中等部の入試本番ではたった25分という制限時間の中で、様々な「設問条件」をクリアして答えなくてはいけないのだ。だからこそ、「設問」を正しく理解しているか? 「条件」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」しながら学習する必要がある。

当然、「時間」も「意識」すること。入試では見直しの時間はないと思った方がいい。常にそれらの「意識」を継続しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ。さらに、何度も指摘しているが、「慶應ボーイ・ガール」になるための「大人の常識」も「意識」すること。

2020年度「慶應義塾中等部の社会」の
攻略ポイント

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】「時事」「歴史」(「祝日」について。「説明記述」あり) やや難 2.5分
【大問2】「公民」(「日本国憲法」について) 標準 2.5分
【大問3】「歴史」(「外交史」。「年代整序」あり) 8分
【大問4】「地理」(「世界地理」、「説明記述」あり) 12分

特徴と時間配分

大問は「時事」「歴史」。「2020年の『国民の祝日』」についての「リード文」からの出題。

小問は2問(解答数も2)、「選択肢」(「空所補充」、「組み合わせ」)、「説明記述」(「10~30字」指定)。

 

大問は「公民」。「日本国憲法」からの出題。

小問は2問(解答数4)、「選択肢」(「空所補充」、「組み合わせ」)、「事項記述」(「空所補充」、「漢字指定」)。

 

大問は「歴史」。「たくさんの国々との交流の歴史」に関する「リード文」からの出題。

小問は7問(解答数11)、「選択肢」(「不適切」、「組み合わせ」、「年代整序整序」、「時期特定」あり)、「人名・国名記述」(「空所補充」、「漢字指定」あり)。

 

大問は「地理」(「世界地理」含む)。「持続可能な社会の実現」に関連する出題。

小問は4問(解答数14)、「選択肢」(「位置特定」、「正誤判別」)、「事項記述」(「空所補充」、「10字以内」指定)、「説明記述」(「40~80字」指定)。

時間配分は、「説明記述」に6分ほど、その他は2分で3問を解くというハイペース。無論、メリハリのある「戦術」が求められる。

 

【大問1】「時事」「歴史」(「祝日」について。「説明記述」あり)

  • 難度:やや難
  • 時間配分:2.5分

「改元」「東京オリンピック・パラリンピック開催」という「時事ネタ」を切り口として、「これまでとは異なる2020年の『国民の祝日』」についての「リード文」からの出題。「時事」「歴史」単元。「時事問題」は当然押さえているだろうが、「国民の祝日」となると意外に抜け落ちているかもしれない。やや難解な大問だ。確認する。

 

[問1] 「空所補充の組み合わせ選択肢設問」(4択)。「時事」単元。「リード文」中の空所( ア )~( エ )に「当てはまる祝日」の「正しい組み合わせ」を答える。

先ずは「2020年からは2月23日が( ア )となります」⇒これは分かるはず。現在の天皇の誕生日=「天皇誕生日」だ。この段階で選択肢は(3)(4)に絞られる。だが、問題はここから。2020年に限っての「祝日」の日程で、「オリンピックの開会式前日の7月23日が( イ )、開会式当日の24日が( ウ )、閉会式翌日の8月10日は( エ )となる」、候補は「海の日」「山の日」「オリンピックの日」「スポーツの日」だ。正確に特定できる諸君はいないだろうが、「海の日」は例年「7月(の第3月曜日)」だということを思い出したい。そこから( イ )=「海の日」と決められれば、「答え」は(3)だと特定できる。ちなみに、( ウ )=「スポーツの日」、( エ )=「山の日」(例年は8月11日)だ。尚、「スポーツの日」は2019年までの「体育の日」(例年は10月の第2月曜日)が名称変更した。「時事問題」は細部まで確実に定着させること。

<時間配分目安:1分弱>

 

[問2] 「理由説明記述設問」(「10~30字」指定)。「歴史」単元。「1966年から1999年まで、10月10日は『体育の日』という祝日だった」が、「なぜその日が祝日だったのか」、「10字以上30字以内」で「理由」を説明する。

「体育の日」の由来、これは知っていて当然のこと。前回の「東京オリンピック開会式の日」にちなむものだ。したがって、たとえば、「1964年開催の東京オリンピックの開会式が10月10日だったから。」(28字)といった「答え」になる。

「東京オリンピック・パラリンピック開催」が2021年に延期されたので、来年度に向けて、前回の「東京オリンピック」に関連する事項はしっかりと確認しておくこと。

<時間配分目安:1分半>

【大問2】「公民」(「日本国憲法」について)

  • 難度:標準
  • 時間配分:2.5分

「日本国憲法の条文」に関する出題。「公民」の「政治分野」の基本だ。

[問1]は「憲法改正」を定めた「第96条」の「空所補充記述設問」、定番中の定番なので本校志望者は「全問正解」が必須。

[問2]は類例のないとてもユニークな問題だ。検討しておく。

 

[問2] 「グラフ中の項目特定の組み合わせ選択肢設問」(6択)。「公民」単元。「日本国憲法の条文全103条は11の章に分けられ、『天皇』や『戦争の放棄』などの見出しがつけられている」が、示されている円グラフ(見出し別に条文の数を表したもの)の中の項目(ア)~(エ)に「当てはまる見出し」の「正しい組み合わせ」を答える。

何とも趣向の変わった設問で、戸惑うことは必至だ。が、そこは冷静に考えたい。「項目」の候補は、「国民の権利及び義務」「国会」「内閣」「内閣」「天皇」「戦争の放棄」だ。要は、それぞれの内容に関する条文がどれほどあるかということ。

候補の中では、「基本的人権」などを規定した「国民の権利及び義務」の条文数が最も多いと分かるはずだ。「条文数31」の(ア)になる。この段階で選択肢は(1)~(3)に絞り込める。

候補で残っているのは、「国会」「内閣」「天皇」、であれば、「条文数8」で一番少ない(エ)=「天皇」だと特定したい。これで、「答え」は(1)だと決定できる。

ちなみに、( イ )「条文数24」=「国会」、( ウ )「条文数11」=「内閣」になっている。

本問のような出題内容は稀有だが、「日本国憲法」そのものは本校に限らず必出なので、細部まで「条文」を定着させておくことが肝要。

<時間配分目安:1分弱>

【大問3】「歴史」(「外交史」。「年代整序」あり)

  • 難度:
  • 時間配分:8分
  • ★必答問題

「日本と諸外国との交流の歴史」に関する「リード文」からの出題。「弥生時代」~「明治時代」の「歴史」、主に「外交史」が問われている大問。基礎的事項ばかりなので、一気呵成に「全問正解」といきたい。ただ、お約束の「福沢諭吉先生」に関する1問だけが若干紛らわしい。それだけをチェックしたい。

 

[問7(2)] 「下線部についての時期特定選択肢設問」(4択)。「リード」中の下線部⑦「日本は、自国にとって不利な条約を列強との間に結んだ」について、「日米修好通商条約の締結」より「前のできごと」を答える。

本条約締結が「幕末」の「1858年(6月)」ということは誰もが定着すべき年代だ。

各選択肢は、

 

(1)「福沢諭吉が江戸に蘭学塾を開く」・

(2)「福沢諭吉が大阪の適塾で学ぶ」・

(3)「福沢諭吉が『学問のすゝめ』を著す」・

(4)「福沢諭吉が咸臨丸で渡米する」。

 

(3)は「明治時代」なのだから即「消去」だと分かる。次に、「咸臨丸での渡米」だが、「日米修好通商条約の批准書交換」のために、「勝海舟」らとともに初の太平洋横断をしたことを思い出したい。ということは「条約締結」の「後」になる(1860年)。よって、(4)も「消去」。

で、残りだが、知っていれば問題ないが、定着していなかったとしても、「塾」で「学ぶ」と「塾」を「開く」であれは、前者が「前」なのは至極当然のことだ。したがって、「答え」は(2)だと類推できるはずだ。

ちなみに、「緒方洪庵」の「適塾」に入門したのは「1855年」で、「日米修好通商条約締結」直後の「1858年10月」に「蘭学塾」を開いている。尚、本校では「福沢諭吉先生」に関する問題は必出だ。本校志望者は「福沢諭吉」の「個人史」について、的確に押さえるべしと心得よ。

<時間配分目安:1分弱>

【大問4】「地理」(「世界地理」、「説明記述」あり)

  • 難度:
  • 時間配分:12分

「持続可能な社会の実現に向けて」というテーマに関して調査した、「自然と共生した日本の伝統的農業」と「いま世界で起こっている環境問題」に関連する出題。「地理」単元ではあるが、馴染みの薄い内容について問われているものがあり、難解な大問だ。以下、2つの「設問」を考察してみたい。

 

[問1] 「位置特定の選択肢設問」(全4問/6択)。示されている説明文(あ)~(え)の「伝統的農業」が「行われている地域」を「地図中」の(1)~(6)の中から答える。尚、「説明文」中の空所(     )には、添えられている「語群」(うめ・桑・しいたけ・タンチョウ・茶・トキ・りんご)のいずれかがあてはまる。

「空所補充」が「問い」ではなくて「ヒント」になっている。面白い出題形式だ。それぞれの「説明文」の「空所」および「キーワード」で位置特定をしていく。

(あ)「特別天然記念物の(     )との共生」

⇒「地図」には「北海道」は含まれていないので、「語群」の中で空所にあてはまるのは「トキ」だと特定できるはず

⇒「トキ」といえば「佐渡島」⇒「答え」は(2)

 

(い)「周りの草地からススキなどを刈(か)り取って(     )畑に敷く『(     )草場農法』」

⇒「○○畑」なので、「語群」では「桑」か「茶」のはずだが、……? 分からなくて当然だ。「捨て問」で構わない

⇒「茶」があてはまる

⇒したがって、「答え」は「静岡県の牧ノ原」を示す(3)

 

(う)「一年を通して降水量が少なく」

⇒「地図」の中で「降水量が少ない」といえるのは「瀬戸内海」に面した「大分県国東半島」にあたる(5)だけだ。

ちなみに、空所部は「特産の(     )栽培」

⇒「しいたけ栽培」だ。知らなかった諸君は覚えておきたい。

 

(え)「質の高い(     )の実や備長炭を生産」⇒「備長炭」で一発特定したいが、無理なら「○○の実」で「語群」の「うめ」を特定する⇒「地図」の中で「うめ」であれば「和歌山県」しかない

⇒「答え」は(4)

⇒尚、「備長炭」は江戸時代に「紀州の備中屋長左衛門」が作り始めた。

時間配分を考慮して、「捨て問」の判断を下すことも重要だ。

<時間配分目安:全問で2分>

 

[問4(2)] 「写真読み取り空所補充説明記述設問」(「40~80字」指定)。示されている「写真」(「持続可能な社会の実現に向けて」のフランスの取り組みを紹介したもの)に添えられている「説明文」中の空所        2     には、「どのような取り組みが当てはまるか」を「40字以上80字以内」で説明する。

「説明文」」の内容は「日本でも持続可能な社会の実現に向けて、      1     への対策が必要です。写真のように        2      ことが有効だと考えます」となっている。また、被写体の説明として「手前にはトラム(路面電車)の駅やバスの停留所、奥には駐車場が見えています(フランスのストラスブール)」と記されている。これらの情報から、「パークアンドライド」と結びつけられるかどうかがポイントだ。「自動車を駅や停留所周辺の駐車場に停めて(パーク)、公共の電車やバスに乗り換えてもらう(ライド)ことで、自動車利用を抑制するための方策」のことだ。日本や世界各国でその取り組みが行われていることは知っているはずだ。      1     には「環境問題」があてはまると指定されている。「自動車利用を抑制する」ということは、「地球温暖化問題」がふさわしいと分かる([問4(1)]の「答え」)。

そして、        2      では「取り組みの内容」を説明することになる。「パークアンドライド」と「地球温暖化問題」とを結びつけて説明したい。たとえば、「できるだけ二酸化炭素の排出量を減らして地球温暖化の進行を防ぐために、自動車を駅や停留所周辺の駐車場に停めて公共の電車やバスに乗り換えてもらい、自動車利用を減らす」(80字。ここでの「空所補充」では「句点」は不要)といった「答え」になる。

「設問」から可能な限りの「情報」を読み取って、「自らの知識」とつなげて考えていくことが肝要。

<時間配分目安:4分強>

攻略のポイント

●「新大学入試制度」を意識した「思考力・判断力・表現力」を問う設問が2年続けて出題されていたが、本年度は未出だった。だが、それに近い「考察」が必要な問題はあった。来年度以降に向けて、決して対策を怠ってはいけない。「公立中高一貫校」で出題されるいわゆる「適性問題」についての対策などを試みることが、ひとつの方法になる。

●「試験時間」が最大のポイントで、「戦術」は不可欠。基本は「取れる問題を確実に押さえる」こと。瞬時に「捨て問」を判別し、次の問題に立ち向かうべきだ。配点はほぼ各1~2点(「説明記述」が2点)、8割程度と推定される合格ライン(非公表)を考えると、「捨て問」があっても構わない。難易度から判断しても「基礎的知識」で合格ラインは十分対応可能だ。

●慶應義塾が求めている「教養人」としての備えもすること。「大人の一般常識」が問われる。塾のテキストでは扱われていないものが出題されるので「対策」といっても難しいが、そうした出題があるということを日頃から「意識」しておきたい。その上で、「新聞」や「テレビのニュース」は必ずチェックし、気になったことがあったらすぐに確認することを怠ってはならない。そして、周りの「大人たちの会話」にも「参加」するように心がけたい。

「統計資料」も必出なので、必ず最新版で確認しておくこと。テキストとしては「日本のすがた」(矢野恒太記念会編集)が分かりやすくてオススメだ。

慶應義塾中等部の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸び

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。