西武学園文理中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

西武学園文理中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

西武学園文理中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

埼玉の共学難関校。どの科目も標準的な問題が多い。すべての分野の基本事項をまんべんなく習得した上で、西武学園文理中学の傾向に合わせた対策を十分にしておこう。

算数 前半と後半で難易度に大幅な差がある。標準的な問題の演習を重ね、前半部分で確実に得点しておきたい。
国語 読むスピードが必須。選択肢問題と書き抜き問題が多いため慣れておきたい。
社会 全範囲から幅広く問われる場合と、あるテーマに沿った範囲で問われる場合があるため、穴を作らない学習が大切。
理科 スピードよりも正確さを。まんべんなく基礎力を固めた上で、標準的な計算問題もこなしておきたい。

2020年度大学入試を意識した出題

新しい傾向の出題が見られました

西武学園文理中学校では2018年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

 

・2018年度社会 【大問5】問4

現代社会分野において記述式の問が出題されるパターンが多かったが、本年度は論述タイプの問題になっている。小学生には経験したことがない「働く」という行為について、自分なりに考察し、意見をまとめて表現できるかを問われている。このような新機軸の問題に対しては、社会の知識をつけるだけでなく、日頃から自分の意見をまとめたり、知人・友人と意見の交換をしたりして様々な意見に触れてみたりすることが対策や良い勉強になるだろう。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 100点

【大問1】の計算問題からはじまり【大問6】まで、前半は標準的なレベルの問題が並び、後半はかなり難しい問題まで、偏った分野などは特に見当たらないもののなかなか手応えのあるテストになっている。合格点までを考えると、それほど目新しい問題があるわけではないので、手元にある問題集をまんべんなくこなすことで合格ラインへの目星は立つだろう。
あえて分野を特定するなら、図形の問題には注意しておきたい。大問のうち、半数近くをしめることがある。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算問題 6分
【大問2】小問集 10分
【大問3】円とおうぎ形 標準 8分
【大問4】周期算 6分
【大問5】図形上の点の移動 やや難 8分
【大問6】水槽グラフ やや難 8分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 100点

論説文と小説の読解が毎年出されている。言葉の知識と漢字も一定数の出題がある。
文量が8000~10000字ほどと多めなので、読むスピードはつけておきたい。選択肢は五択であるが、ひとつひとつの文は短いので文量はかさばらない。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】論説的随筆文の読解 やや難 20分
【大問2】小説の読解 標準 21分
【大問3】四字熟語 標準 3分
【大問4】慣用句 やや難 3分
【大問5】漢字の読み書き 標準 3分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間: 60分
  • 満点: 60点

地理・歴史・政治経済・現代社会と各分野から出題がある。全範囲から幅広く訊かれる場合と、あるテーマに沿った範囲で問われる場合とがある。苦手な分野から出題されると失点が大きくなってしまう恐れがあるので、全般的に穴を作らないように学習しよう。
記述問題は論説タイプもあるので、類似問題で練習を。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理分野 標準 6分
【大問2】地理分野 やや難 3分
【大問3】歴史分野 やや難 9分
【大問4】政治経済分野 標準 4分
【大問5】現代社会分野 やや難 8分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間: 社会とあわせて60分
  • 満点: 60点

大問は4つあり、4つの分野(物理・化学・生物・地理)から1問ずつ出されている。
形式としては、前半の2問が物理・化学、後半の2問が生物・地学なので、得意・不得意はあるとしても、問題の難易度は前半の方が高くなっている。
知識力と計算力を兼ね備えて挑みたい前半と知識量によって勝負できる後半に分かれるので、どの分野もまんべんなく力をつけておきたい。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】電流 5
【大問2】金属の燃焼 5
【大問3】植物(蒸散の実験) 5
【大問4】化石と地層 標準 5

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて中学受験専門のプロ家庭教師です。

上位5.8%のトッププロ家庭教師

リーダーズブレインは指導経験7年以上の現役プロ教師の中から、わずか上位5.8%のトッププロを厳選しています。
みなさまがプロ家庭教師にもとめるクオリティをお届けします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

教師対談インタビュー -プロの視点で語る受験への取り組み方

教師対談インタビュー
-プロの視点で語る受験への取り組み方

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師が豊富な経験をもとに語りあいます。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師が豊富な経験をもとに語りあいます。

どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 西武学園文理中学校
偏差値 2018予測偏差値39(四谷大塚80%)・39(サピックス80%)
併願校 1月入試では星野学園中・埼玉栄中・西武台新座中、2月は順天・淑徳巣鴨・大宮開成中が多く見られる。
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低52%はクリアしよう。出身塾別で見ると、四谷大塚が多く、日能研・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 西武文理大学への優先入学制度の他、早稲田上智東京理科大の指定校推薦もあり。17年度は443名の卒業生のうち、72.5%が4年制大学へ進学しており、25.5%が上位校への進学を目指し大学浪人を選択している。
その他 海外も含めた多彩なステージで活躍できるレディー&ジェントルマンの育成を目指す。特別選抜クラス、中高一貫進学コースに加え、中2からはグローバルコースも選択することが可能。
基本情報 所在地 〒350-1336 埼玉県狭山市柏原新田 311-1
最寄駅 西武新宿線「新狭山駅」北口、西武池袋線「稲荷山公園駅」、JR埼京線・東武東上線「川越駅」、JR八高線・西武池袋線「東飯能駅」、東武東上線「鶴ヶ島駅」よりスクールバス(約8~25分)
連絡先 ℡:04-2954-4080
沿革 1993年開校。
  • タイトルなし

  • 西武学園文理中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ