中学受験プロ家庭教師 横浜共立学園中学校の傾向と対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

横浜共立学園中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

横浜共立学園中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、A方式

受験の攻略ポイント

神奈川県の女子難関校。どの科目も、標準的な問題を難なく解けるようになるとともに、各科目それぞれ、横浜協立学園の傾向に合わせた対策を十分にとっておこう。

算数 難問が少なく典型的な問題が中心であるが、試験時間はやや短いため、素早く正確な「処理能力」が求められる。
国語 「説明記述問題」は、まとめ方に「要領」が必要なものが多いため、対策が必須。
社会 時間と解答数を考え合わせると、相当な「スピード」と「処理能力」の高さが求められる。
理科 細かい知識より思考力を重点的に評価しようとする傾向のため、物事に筋道を立てて考える習慣を養っておく必要あり。

算数の攻略ポイント

試験時間:
45分
満点:
100点

本校では、平面図形、立体図形、割合、速さに関する問題がよく出題される。大型問題での出題分野に偏りが見られるので、これらの分野はシッカリ押さえておきたい。ただし、B方式の出題傾向・レベルは、A方式とは異なるので注意が必要である。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と一行問題 標準 11分
【大問2】やり取りに関する問題 標準 7分
【大問3】流水算 標準 6分
【大問4】平面図形 標準 7分
【大問5】立体図形 標準 9分

社会の攻略ポイント

試験時間:
40分
満点:
100点

※本校は例年、2回の試験が実施されているが、ここは全て「A方式」についての説明。
「地理」「歴史」「公民」の3単元、そして「時事」からも出題される。

大問は例年4題(2020年度も同)。「3単元各対応(一部他単元の混在があり得る)」3題と「単元融合型総合形式」1題(本年度も同)。全解答数は50程度(本年度は昨年度と同じ48)。単元別配点比率では、「歴史」が主流(本年度は4割)で、以下、「地理」(同3割強)・「公民」(同3割弱)と続き、「時事」はわずかだ。設問では、「リード文」や「単一テーマ」についての「説明文」、それに関するさまざまな「地図」「地形図」「統計資料」「歴史史料」「写真」「図版」などからの各単元に対応した「小問」が並ぶ(本年度は「統計資料」「歴史史料」「地形図」は未出)。解答形式は、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」「複数完全解答」等あり)、「事項・人名・地名等記述」(「漢字等指定」あり)、「年代整序」、「説明記述」(例年数問程度。本年度は2問)などだ。最大の特徴は、「平易な問題」の中に突然「超難問」が現れること(本年度は昨年度同様で、特に「歴史」)。「設問」にも一筋縄ではいかない「クセ」があり、一瞬、気が動転してしまう可能性がある。時間と解答数を考え合わせると、相当な「スピード」と「処理能力」の高さが求められる。100点満点。試験時間は40分。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】「総合」(「地理」「歴史」「公民」。「説明記述」あり) 標準 13分
【大問2「歴史」(「年代整序」「時期特定」あり) やや難 11分
【大問3】「地理」(「自然地名記述」あり) 8分
【大問4】「公民」(「時事問題」1題あり) やや難 8分

理科の攻略ポイント

試験時間:
40分
満点:
100点

大問数は5題で、試験時間は40分で100点満点、例年通りであった。例年、合格者の平均点は6割程度であるが、今年度はやや易化して約7割であった。

適語を答える問題、記号選択問題、計算問題が中心であるが、簡単な記述問題や図を描く問題も見られた。試験時間の40分に対して問題数がやや多いので、できる問題から解答用紙を埋めていくことを心がけて欲しい。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】化学 燃焼 標準 9分
【大問2】生物 生物総合 標準 9分
【大問3】地学 風・湿度 標準 9分
【大問4】物理 物体の運動 標準 9分
【大問5】小問集合 4分

国語の攻略ポイント

試験時間:
45分
満点:
100点

※本校は例年、2回の試験が実施されているが、ここは全て「A方式」についての説明。
「小説」(あるいは「随筆」)、「論説文」(あるいは「説明文」)、「漢字問題」、各1題の大問3題という出題形式が定着している(2020年度も同)。解答数は35前後(本年度は昨年度と同じで34。)。

文章量は5000~6000字程度(本年度は約5400字)。
「解答形式」は、「選択肢」(「複数完全解答」などあり)、「空所補充」、「抜き出し」、「事項記述」(一昨年度久々に出題されたが、本年度は未出)、「説明記述」(例年5~7問程度。本年度は一気に減少して2問)、「総合的知識問題」など。本校の特徴は、「説明記述問題」にある。「記述すべき内容」がつかめても、いざまとめようとするとうまくいかない。まとめ方に「要領」が必要なものが多いのだ。尚、近年増加傾向にある「抜き出し問題」、本年度も9問もある(要注意)。そして、他校に比べて「時間」が短いことにも要配慮(「50分」の学校が多い)。いずれにしても、本校に備えた「万全の対策」が必要になる。100点満点。試験時間は多くの学校より短い45分。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】「漢字の読み書き」(「読み」3問・「書き取り」5問) 標準 2分
【大問二】「小説の読解」(「説明記述」あり) 標準 23分
【大問三】「論説文の読解」(「説明記述」「総合的知識問題」あり) 標準 20分

横浜共立学園中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子さまのレベルやご希望にあわせて指導します。プロならではのノウハウでさまざまな課題を解決して志望校合格に導いてきました。

先生は子供の苦手単元や、間違えた問題でも、どこまで理解出来ているかをしっかり見て下さり、答えが出せず困っている時にもゆっくり丁寧に教えて下さいました。娘に大切な解説は毎回メモにしてファイルを作っていただき、活用してどんどん実力をつけていきました。いつも笑いの絶えない授業や、安心させる言葉をかけていただいて、娘も私も自信をもって志望校を受験することが出来ました。感謝しかありません。本当にありがとうございました。

Nさんの保護者様

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて指導経験7年以上の中学受験専門プロ家庭教師です

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。

学校 横浜共立学園中学校
偏差値 2020予測偏差値 A 57(四谷大塚80%)・ B 56(サピックス80%)
併願校 慶應義塾湘南藤沢中渋谷教育学園渋谷中洗足学園中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低65%はクリアしよう。出身塾別で見ると、日能研が多く、四谷大塚・サピックス・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 横浜国立大・横浜市立大・東大を始めとした国立大に10%、早稲田大慶應義塾大上智大に90%以上、MARCHに110%が合格している。
その他 高校での募集を行わない完全中高一貫校。神奈川の女子御三家のひとつ。キリスト教に基づく教育方針となっている。
基本情報 所在地 〒231-8662 神奈川県横浜市中区山手町212
最寄駅 JR「石川町駅」徒歩10分・JR「保土ヶ谷駅」「桜木町駅」よりバス地蔵坂上1分
連絡先 045-641-3785
沿革 明治4年開校。
横浜共立学園中学校

横浜共立学園中学校 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。