医大・医学部受験プロ家庭教師 日本大学
医大・医学部受験専門プロ家庭教師が語る

日本大学
入試対策と勉強法

すぐに役立つ!科目別対策と勉強法

日本大学の英語対策と勉強法

試験時間:
75分
満点:
100点

1次試験
文法・語法・語彙を問う空所補充問題、語句整序問題、短い会話文の読解、長文読解問題などが例年のN方式の問題構成となっています。

2次試験
読解問題3題の出題となっています。A方式では75分で4題の読解問題であったものが、60分3題となったという形です。これまでのA方式の問題と傾向や難易度も同程度であるため、これまでの対策と大きく変わったわけではないといえるでしょう。

日本大学の数学対策と勉強法

試験時間:
75分
満点:
100点

小問集合となっている第1問においては、様々な分野の出題に対して準備をしておく必要があります。2021年の問題では、第1問の(1)で「絶対値を含む2次不等式」、(2)で「正弦定理に関する問題」、(3)で「分散の計算」、(4)で「指数関数の最小値」、(5)で「複素数の最大値」、の各分野からの出題がありました。第2問では「確率」、第3問では「円・放物線・直線を含む図形間の距離の最小値」、第4問では「3次元における図形間の距離の範囲や正弦値の範囲」、第5問では「数列の和・微分・極限に関する問題」、第6問では「放物線と無理関数を含む図形における、面積や回転体の体積の計算」が出題されています。出題範囲は、極めて多岐にわたっているという印象です。

日本大学の物理対策と勉強法

試験時間:
(2科目)120分
満点:
(2科目)200点

2021年も全問マークシート方式となっています。ここ数年間、マークシート方式で定着しています。2019年、2017年は大問4題で「力学」、「熱力学」、「波動」、「電磁気」と定番の範囲が出題されています。その他は大問5題で「原子」も出題されています。ほとんどの年では大問5題なので「原子」の分野もでています。熱力学では気体の状態変化、波動では「音波」、力学では「物体の運動」に関する出題が目立ちます。

日本大学の化学対策と勉強法

試験時間:
(2科目)120分
満点:
(2科目)200点

この大学の問題は、幅広い分野からの出題がなされているという印象です。 2021年の問題では、第1問で「物質の構成と化学結合」、第2問で「酸と塩基」、第3問で「酸化還元反応」、第4問で「化学平衡」、第5問で「無機物質」、第6問で「有機化合物の構造と反応」、第7問で「合成高分子」、の各分野からの出題がありました。 全体的にみて難易度は様々と考えられますが、知識問題、実験に関する問題、計算問題、のようにほぼすべての出題パターンが含まれています。出題範囲はまんべんなく多岐にわたっていますので、苦手な分野を作らないことが重要という印象です。

日本大学の生物対策と勉強法

試験時間:
(2科目)120分
満点:
(2科目)200点

全学部共通だけあって、全分野の知識が満遍なく問われています。つまり、医学部入試に多い発生、代謝、分子遺伝学に関わる応用的な考察・計算問題の比重が小さい一方、どちらかと言えば軽視されがちな生態系、進化に関する問題も比較的出題されるのが特徴です。

日本大学への受験を控えている保護者様へ

日本大学の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な医大・医学部受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な日本大学に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた医大・医学部受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

日本大学

日本大学受験対策 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。