中学受験プロ家庭教師 中学受験 進学塾別対策

SAPIX(サピックス)生の家庭教師活用法

SAPIX生「クラスアップアドバイス」と「指導実例」

ここでは、SAPIX生をどのようにバックアップして合格に導いたのかを訊くプロ家庭教師インタビューと、「SAPIXの〇年生には・・・」といったプロ家庭教師による学年別クラスアップのアドバイスを紹介します。

SAPIXの特徴

SAPIXは、難関校に照準を合わせたカリキュラムを武器に、御三家を中心とする難関中学に対して圧倒的な合格実績をあげています。難関校合格を目指す生徒にとって、その授業レベルや授業スピードは、非常に洗練されたカリキュラムであると言えるでしょう。また『マンスリーテスト』『組分けテスト』の結果で行われるクラス替えの頻度もまた、大手進学塾の中でトップクラスです。

SAPIXのクラスアップアドバイス

  • 4年生のポイント

    ・算数と国語の基礎学力を身につける
    ・家庭学習(塾の復習)のやり方を身につける
    ・テストの受け方を身につける

    4年生は中学受験の基礎学力を身につける重要な時期であり、この学年で学習する内容は、5年生以降の学習の土台となります。まだ週2回の授業で余裕のあるこの学年で、毎回の授業を確実に理解・定着させる家庭学習スタイルを身につけておく必要があります。

    授業内容を家庭学習でしっかり身に着け、理解が不十分な単元を残さないようにしましょう。『マンスリーテスト』や『組分けテスト』に関しては、テストの受け方・時間配分などを身につけることを意識して臨みましょう。

  • 5年生のポイント

    ・家庭学習(塾の宿題)が作業にならないようにする
    ・基礎事項において苦手単元を作らないようにする
    ・マンスリーテスト対策を重視する

    5年生から週3回授業となり、学習内容の難化・学習量の増加が本格的に始まります。それに伴う宿題の量も4年生時とは比較になりません。宿題が解答欄を埋めること自体が目的の単なる「作業」に変わってしまわないよう気をつけましょう。

    5年生時の学習は、基礎事項の理解・定着が最優先となります。その際重要なのが宿題の取捨選択です。優先事項を明確にして、とにかく基礎事項において苦手単元を作らないようにすることが大切です。

    クラスアップを目指すには、特に『マンスリーテスト』に重点をおいた対策を取りましょう。

  • 6年生のポイント

    ・各種授業を通じて実戦力を鍛える
    ・各種テストを利用して弱点分野の掌握と克服を図る
    ・志望校を踏まえた上で学習内容の優先順位をつける

    6年生からは、授業内容は入試に即した実戦的なものに変わります。また平常授業に加えて、土曜には志望校別の対策授業が始まり、9月以降には日曜に『難関校SS特訓』もスタートします。

    入試に近いレベルの授業や各種テストで明確になった弱点分野は、リアルタイムで解決していくのが理想的ですが、その全てを確実にこなすことが難しいのであれば、志望校の入試傾向を踏まえた上で学習内容の優先順位をつけて、確実に一歩一歩解決していくことが重要です。全てをこなそうとして定着度が曖昧なままにしてしまうよりも、頻出分野を確実に押さえ、定着させていく学習が合格への近道となります。

    6年生の中盤以降は、クラスアップそのものを目的とするより、志望校合格に必要な学習を優先しましょう。

SAPIX生の指導実例

SAPIXのテキスト情報

算数

テキストの特徴

メインテキストの「デイリーサピックス」、演習用副教材の「デイリーサポート」、計算と一行問題から成る「基礎トレ」が基本の3点セットです。
「デイリーサピックス」は典型問題をコンパクトにまとめたもので、作図や解法の理解における教科書とも言えます。
それに対し「デイリーサポート」は基本の復習から様々なタイプの発展問題まで幅広くカバーしていて量も多い問題集で、実質的にこれが最重要の教材です。多くのページで裏表全く同じ問題が印刷されていて、復習に重点が置かれています。
「基礎トレ」は計算と基本問題を速く正確に解く練習で、毎日1ページずつ取り組むことを前提としています。
これに6年になると土曜特訓やSS等の教材が加わります。

効果的利用法と注意点

「デイリーサピックス」を踏まえつつ「デイリーサポート」の問題をより多く解くことが日々の目標です。
類題を多く解く中で定着とスピードアップが図れ、更には細かなコツも身につきます。中学受験においては各単元に実に多種多様な問題が存在する為、一つでも多くの問題を既習にすることが有利であることは間違いありません。
ただその一方で、過度な反復演習や、その時々の理解を超えた問題に時間を費やすことは賢明ではありません。量を求め過ぎて「問題文精読→丁寧な整理や作図→しっかりとした式と筆算」といったプロセスをないがしろにしているケースは実際多く見られます。
既習を増やすことが初見に強い知性につながってこそ真の学習ですから、問題の取捨選択については是非自分に合ったペースを見つけて下さい。
「基礎トレ」も同様の理由により「毎日コツコツ」から「時々まとめて」、「いっそ省略」まで、柔軟に変えることも必要です。

国語

テキストの特徴

メインテキストである「デイリーサピックス」には「A」と「B」の2冊があります。
「A」は長文読解2題と知識問題・漢字で構成されていて、オールインワン型の教材です。
対する「B」は長文読解1題に対し多くの記述問題が用意されており、記述演習用の難関校向け教材です。
それぞれの長文読解は実際の入試過去問を使用している為、他塾に比べても完成度の高い教材となっています。

効果的利用法と注意点

「デイリーサピックス」の「A」をまんべんなく、「B」は設問を選んで、というのが基本形です。
ただ土曜特訓などで教材が増えると全ての長文読解に取り組むことが時間的にも難しくなってきます。長文読解では必ずしも問題を解かずとも、長文を読むだけでも一定の学習効果がありますし、記述問題では模範解答を読んだり写したりすることも効果的です。

塾概要

塾名

SAPIX 小学部

会社名

株式会社日本入試センター

設立

1978年(昭和53年)4月

教育理念

現代に求められている正しい思考力と判断力、豊かな想像力と表現力を発揮できる人間を育成すること。

コース(クラス)

αクラス(α1が最上)とアルファベットクラス(Aが最下)に分かれ、いずれも校舎の規模によって設置数が異なる。クラスの昇降は主に「マンスリーテスト」と「組分けテスト」により決定。

校舎一覧

首都圏・関西圏を中心に40校舎以上

主な合格実績

2016年実績:筑駒86名、開成251名、桜蔭163名etc.

所在地

東京都渋谷区代々木1−28−14

SAPIX対策で家庭教師を
お考えの皆様へ

成績が伸び悩んでいる、勉強に時間をかけているが成果が出ない、宿題がこなせていない・・・
SAPIX生を多数担当し、つまづきやすいポイントや、その解決方法などを熟知したプロ教師をご紹介させていただきます。

SAPIX対策のプロ家庭教師なら
リーダーズブレイン
クラスアップや志望校合格を
サポートします

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。