中学受験プロ家庭教師 駒場東邦中学校の傾向と対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

駒場東邦中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

駒場東邦中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

受験の攻略ポイント

東京の男子最難関校の1つ。どの科目も、標準的な問題が解けるということは最低条件として、それらを土台とした高レベルの「思考力」と、それらの知識を正確に記述する「表現力」をみがいておこう。

算数 数論と図形の分野は出題頻度が高く、逆に特殊算はあまり出題されない。相応の対策が必須。
国語 「小説」大問1題という出題形式で一貫。「配点」の3~4割を占める「説明記述設問」の対策は必須。
社会 本校らしい「一筋縄ではいかない問題」の対策として、「多角的思考」を身につけることが重要。
理科 「実験観察問題」は、なぜその答えになるのか、理解を進めつつ勉強をしてきたかどうかがポイント。

社会の攻略ポイント

最新年度
試験時間:
40分
満点:
80点

「地理」「歴史」「公民」「時事」と全ての単元から出題される。2022年度は加えて「思考問題」があった。大問はなく、「ひとつのテーマについてのリード文(会話文)」などに関連してさまざまな小問がある「総合形式問題」が本校の基本スタイル(本年度は「リード文」)。

単元別の配点比率は、近年揺れ動いている(要注意だ)。かつては基本的には「地理」と「歴史」がメインだったが、昨年度は「歴史」が圧倒的に多くなり、「地理」の影が一気に薄くなった。本年度は「歴史」が約40%で「地理」は25%、次いで「公民」と「思考問題」がともに約15%、「時事」は5%。小問数は10程度で解答数が20強(本年度は小問が昨年度と同じ9で、解答数は22)。解答形式は「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」「複数完全解答」等あり)、「事項等記述」(「漢字」等の指定あり)、「説明記述」(例年10問弱、近年はやや減少傾向で本年度は昨年度同様で6問)。「地図」「地形図」「統計資料」「歴史史料」「図版」「絵図」「写真」などからの出題が例年ある(本年度は「地形図」が未出)。他校ではあまり類を見ない問題もあるので要注意だ。特に「統計資料の読み取り」では難易度の高いものがある。新たな大学入試制度で重視される「思考力・判断力・表現力」を意識した問題が一昨年度初めて出された。昨年度は未出だったが、本年度復活した(やはり、対策が不可欠だ)。いずれにしても、「思考力・処理能力の高さ」と同時に「スピード」も求められる。80点満点。試験時間は40分。

2022年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
「総合」(「地理」「歴史」「公民」「時事」、「思考問題」) 標準 40分

国語の攻略ポイント

最新年度
試験時間:
60分
満点:
120点

「小説」の大問1題という出題形式で一貫している(2022年度も同じ)。
小問数は12~15問程度(本年度は3年続けての13問)。

その中で「漢字の書きとり」(例年全15問)、「総合的知識問題(国語常識含む)」も出題される。文章量は7000~10000字ほど(本年度は昨年度減少した反動か? 一気に増加して約9200字。近年、増減が激しいので要注意)。「設問内容」は、「選択肢」(「不適切」「複数解答」などあり)、「抜き出し」、「空所補充記述」、「語句記述」、「説明記述」等と多彩だ。本年度は「選択肢」(「不適切」、「総合的知識問題」あり)、「説明記述」、「漢字の書きとり」。そうした中で本校の合否を左右するのはやはり、例年「配点」の3~4割超を占める「説明記述設問」(本年度は昨年度同様に5問で、なんと全配点の4割半)。しかも、「字数制限」が厳しいことも大きな特色だ。「20字~140字程度」まで、毎年さまざまな「字数指定」がある(本年度は「40字~130字」)。そのような範囲内で、「必要な要素」をいかに「過不足なく」まとめていけるかが勝負となる。本校の入試担当者も「記述は丁寧に採点している」と明言しているので、「細部」までのこだわりが求められていることを肝に銘じておくこと。120点満点。試験時間は60分。

2022年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
「小説の読解」(「漢字の書きとり」と、「選択肢」6問、「説明記述」5問) 標準 60分

理科の攻略ポイント

最新年度
試験時間:
40分
満点:
80点

物理・化学・生物・地学の4分野から出題された。昨年は無かった大問1問目の小問集合が今年は復活した。小問集合以外は各分野から大問1題で合わせて大問5題の構成。

基本知識を問う問題から思考力を問う問題まで多様だが、まずは各分野において確実な知識をしっかり身につけることが最優先である。

2022年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集合 標準 7分
【大問2】化学 重そうの性質と中和 標準 8分
【大問3】生物 水中の生物と食物連鎖 やや難 8分
【大問4】地学 川の流れの働き 標準 8分
【大問5】物理 電流と発熱 やや難 9分

算数の攻略ポイント

最新年度
試験時間:
60分
満点:
120点

駒場東邦といえば、数論と図形。これは2大テーマといってよい。それほどこれらの分野は出題頻度が高く重要である。逆に、いわゆる特殊算はあまり出題されていない。

また、理由を説明させる問題や、作図をさせる問題が出題される場合があるのも本校の特徴である。

2022年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集合 やや難 14~24分
【大問2】平面図形 やや難 9分
【大問3】論理と調べ上げ 17~27分
【大問4】立体図形 やや難 10分

駒場東邦中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子さまのレベルやご希望にあわせて指導します。プロならではのノウハウでさまざまな課題を解決して志望校合格に導いてきました。

熱心な指導をいただいた事から、子供もやる気を起こし学習する事ができました。
又、各点数が悪くても、励ましをもらった事により、次へのテストに向かうことが出来ました。

N君の保護者様

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて指導経験7年以上の中学受験専門プロ家庭教師です

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。

学校 駒場東邦中学校
偏差値 2021予測偏差値63(四谷大塚80%)・60(サピックス80%)
併願校 1月入試では渋谷教育学園幕張中市川中、2月は筑波大駒場中聖光学院中海城中浅野中栄光学園中早稲田中・が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低60%はクリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、日能研・四谷大塚・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 東大東工大一橋大を始めとした国立大に50%、早稲田大慶應義塾大上智大に100%以上、MARCHに30%が合格している。また、毎年卒業生の5割程度が上記大学の進学を目指して大学進学浪人を選択している。
その他 高校での募集を行わない完全中高一貫校。首都圏トップクラスの進学校で、東邦大学への推薦制度があるが、卒業生のほぼ全員が有名国私立大学へ進学している。
基本情報 所在地 〒154-0001東京都世田谷区池尻4-5-1
最寄駅 京王井の頭線「駒場東大前駅」徒歩10分・東急田園都市線「池尻大橋駅」徒歩10分
連絡先 ℡:03-3466-8221
沿革 昭和32年開校。
駒場東邦中学校

駒場東邦中学校 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。