中学受験専門プロ家庭教師が語る

海城中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

海城中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。

お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

東京の男子難関校。どの科目も、「思考力」や「表現力」を求められる難問が出題されるが、やはり勝負を分けるのは、典型的な問題をしっかり取れるかどうかである。

算数 ひねりのある問題や「発想力」の必要な問題も出題されているので、解ける問題を確実に解いていくことが重要。
国語 選択式問題への取り組みは、合否を大きく左右する。記述問題は、条件の設け方の特徴を確実におさえておきたい。
社会 知識問題を速やかに解き、記述問題に多くの時間を残すことが必要。
理科 考えさせる問題も入っているが、頻出の知識を固め、典型的な計算問題をできるようにしておくことが優先。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:120点

本校では、出題分野にあまり偏りがないが、立体図形、平面図形、規則性、数の性質、割合、速さは、シッカリ押さえておきたい。各分野別に見ると、ある程度の傾向が見られる。詳しくは、「攻略のための学習法」で説明することにする。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と一行問題 標準 7分
【大問2】速さ 標準 5分
【大問3】数の性質 標準 6分
【大問4】図形の移動 標準 10分
【大問5】場合の数 標準 11分
【大問6】立体図形 やや難 10分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:120点

計7000~9000字ほどもある本文と、各選択肢の文も長いことが特徴的である。使われる素材文は受験生の年齢を考慮した読みやすいものが多い。選択肢問題が多いので十分な練習を。80~100字超ほどの記述問題が2問ほど出題されるのが通例なので、類似問題で字数にまとめる感覚をつかんでおこう。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】小説の読解 やや難 27分
【大問二】論説文の読解 やや難 23分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:45分
  • 満点:80点

1500~2000字程度のリード文と資料を読み、100~200字で解答をまとめるという長文記述対策が必要な点は例年通りである。それ以外の知識を問う問題については、難問ではないが細かい知識や、また世界地理なども出題されているので、歴史・地理・政治経済・時事のどの分野でも抜けが無いよう丁寧に学習しておきたい。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】各分野の問題 標準 15分
【大問2】記述問題 30分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:45分
  • 満点:80点

物理、化学、生物、地学の各分野を中心とする大問が1つずつ、全4問出題されているが、どの分野も発展的な問題が中心で、考察力や思考力が要求されるほか、知識についても基礎よりは一歩踏み込んだレベルのものが問われる傾向にある。

物理分野は問題集で見られるような浮力の計算問題が中心だったので、応用レベルまでの習熟が十分であれば得点しやすかったはずである。

化学分野は知識問題のみだが、実験装置に関する描図や説明を求める問題で差がつきやすい。

生物、地学分野は考察問題の比重が大きかったが、記述に関しては概ね答えの方向を見当付けられるはずである。

海城中の入試問題は記述を求められる設問が多いので、こうした問題で確実に得点できるように、苦手意識を払拭しておくことが重要である。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】物理分野:浮力 やや難 13分
【大問2】化学分野:水溶液の性質 やや難 11分
【大問3】生物分野:植生 やや難 11分
【大問4】地学分野:大気と日食 やや難 10分

中学受験専門プロ家庭教師が海城中学校合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績を誇るリーダーズブレインが紹介する教師陣は、これまで多くの中学受験生を志望校合格に導いてきた中学受験専門のプロ教師に限定しています。プロたちは、積み重ねた指導経験から体得した入試問題分析力と、進学塾のカリキュラムに精通しているが故に導き出せる効率的な学習方法、そして豊富な合格実績に裏付けられた学習プランの策定力をもって「合格までの最短距離」を示します。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師陣

リーダーズブレインがプロと認定した教師陣は、プロ教師界でトップの実力を持つ選び抜かれたプロ家庭教師です。それは、トッププロ教師がプロを選び出す採用システムによって可能となります。30年以上にわたって構築し続けてきたトッププロ講師による妥協のない採用システムは、合格率約5%の厳しい採用基準となっています。また、この採用システムは、指導経験7年以上の現役プロ教師だけをエントリーの対象者としています。
リーダーズブレインは、皆様がプロ家庭教師に求めるクオリティをお届けいたします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

海城中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子様のレベルやご希望に合わせた最適な指導を提供いたします。塾との併用や家庭教師のみご利用、受験直前ラストスパート、苦手強化成績アップ、生徒一人ひとりの性格や向き不向きを踏まえた勉強法指導など様々な悩みをプロならではのノウハウで解決し合格に導きます。
海城中学校に合格した生徒やその保護者様の声を、ホームページ上でご紹介しています。是非一読ください。

いつも、ていねいでにこやかに対応してくださいました。子供は楽しくて仕方がない様子でした。どん底状態の国語の成績も少しずつですが、アップしていきました。何よりも良かったことは、長文を読むことや書くことが苦痛ではなくなったことでした。テストの結果が悪くて落ち込んでいる時も先生に会えばすぐに元気になってしまいました。メンタル面でも大変、お世話になりました。

Y.T君の保護者様

国・算・理・社 4教科の苦手な分野を指導してくれたことや、志望校の過去問の社会の記述問題について的確な指導だったことが良かったです。
先生の支えのおかげで合格することができました。誠にありがとうございました。

T.S君の保護者様

教師対談インタビュー -プロの視点で語る受験への取り組み方

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 海城中学校
偏差値 2018年予測偏差値63(四谷大塚80%)・56(サピックス80%)
併願校 1月入試では渋谷教育学園幕張中市川中栄東中、2月は栄光学園中渋谷教育学園渋谷中聖光学院中芝中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低60%はクリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、四谷大塚・早稲田アカデミー・日能研が続いている。リーダーズブレインの生徒も同様の塾生が多い。
進学実績 東大東工大一橋大を始めとした国立大に3割以上、早稲田大慶應義塾大上智大に9割、MARCHに5割が合格している。また、毎年卒業生の4割程度が上記大学の進学を目指して大学進学浪人を選択している。
その他 2011年度より高校募集を停止し、完全中高一貫教育を実施
基本情報 所在地 〒169-0072 東京都新宿区大久保3−6−1
最寄駅 JR「新大久保」より徒歩5分、「大久保」より徒歩10分、副都心線「西早稲田」より徒歩8分
連絡先 ℡:03-3209-5880
沿革 明治24年開校。
  • 海城中学校

  • 海城中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ