中学受験専門プロ家庭教師が語る

栄東中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

栄東中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、東大選抜Ⅰ

受験の攻略ポイント

埼玉の共学難関校。どの科目も、男子難関進学校水準のレベルにあり、標準的な問題が解けるということは最低条件として、栄東の傾向に合わせた対策を十分に取る必要あり。

算数 難問が多いため、どの設問まで自分は追究できるかという、ボーダーラインを冷静に判断することが求められる。
国語 「5択」以上の紛らわしい「選択肢設問」と、全分野から細部にわたって出題される「総合的知識問題」は対策が必須。
社会 「設問形態」が複雑に混在しており解答数も多いので、「設問形態」を正確に理解し判断することが求められる。
理科 考えさせる問題が入っているが、まずは理科の知識習得と典型的な計算問題をこなしていくことが大切。

2020年度大学入試を意識した出題

新しい傾向の出題が見られました

栄東中学校では2018年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

・2018年度 国語【大問三】[問七] 

生物学に関する説明文を読み、自分の身の回りにある『天然自然のもの』と思われているが、実際はそうとは言い切れないものを例に挙げ、説明させるという「自由記述」の問題が出された(本文中での例はカイコ)。「思考力・判断力・表現力」を問われる新機軸の問題は今後も出題が予想されるため、日々の生活の中で何か気づいたこと、気に留めたことを自分の言葉で表現できるような練習を積んでおくと良いだろう。公立中高一貫校で出題される「適正問題」等で対策をするのも有効である。

・2018年度 社会【大問1】[問4]

「Think globally, act locally.(地球規模で考え、地域で行動せよ)」について、「環境問題以外の世界の様々な問題を1つあげ、私たち個人や地域がどのような活動ができるか」自分の考えを述べる自由説明記述の出題があった。まさに受験者のアクティブラーニングの資質を問うている設問。「時事問題」で習得したことや、各メディアで知った「世界で起きていること」を自らの「身近な活動」と結びつけて考え、意見をまとめられるような練習をしておきたい。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:150点

はじめの【大問1】は小問を集めたものであり、さまざまな分野の標準的な問題が出題されている。【大問2】以降は標準以上の難易度をもつ大問であるとともに、作図や説明を書かせる設問もあり、過去問を中心に対策をしてきた受験生にとっては意表を突くものだったろう。ただし、問題全般の難易度は明らかに低下している。

「速さの問題」…【大問2】に出題。条件がこみ入っており、よく整理してから問題に取り組みたい。最後には、解答とともに考え方を記す設問もあった。
「平面図形」…【大問3】に出題。こちらもいろいろな知識が試され、最後には説明を求められる設問もあった。
他にも、場合の数・立体図形などは頻出の内容だ。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集(年齢算・分数・規則性・平面図形と比・食塩水・場合の数) 標準 15分
【大問2】速さ やや難 8分
【大問3】平面図形 標準 8分
【大問4】立体図形(影の問題・相似) 10分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:150点

※本校は2018年度、「東大クラス選抜Ⅰ・Ⅱ」「難関大クラス選抜A・B」、計4回の試験が実施されたが、ここでは全て「東大クラス選抜Ⅰ」についての説明。尚、昨年度まであった「東大クラス選抜Ⅲ」は実施されていない(来年度の要項は2018年5月現在未発表なので要注意)。
「論説文」(あるいは「説明文」「随筆」)と「小説」、「漢字」を含む「総合的知識問題」、それぞれ各1題の大問3題という2014年度からの出題形式が変更され、本年度は「総合的知識問題」が2題となり、「説明文」と「小説」を合わせ大問4題となった(来年度以降の動向も気にかかる)。
解答数は40~50ほど(本年度は一気に減少して33)。文章量は7000~8000字程度(本年度は昨年度より3000字ほども増加して約9200字。近年、増減の揺れ幅が大きく、この点も注意を要する)。
「設問形式」は、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「正誤判別」「本文合致」、「説明記述」(例年5問程度。本年度は6問)などと多彩。
本校の特徴は「選択肢設問」と「総合的知識問題」にある。前者は「5択」以上の「紛らわしい選択肢」が並び、後者は必出の「文法」など「あらゆる分野」からの出題だ。万全の「対策」が求められる。150点満点。試験時間は50分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】総合的知識問題(「語句特定」後の「漢字書きとり」) やや難 3分
【大問二】総合的知識問題(「文法」「慣用表現等意味・用法」) 4分
【大問三】説明文の読解(「具体例の自由説明記述」あり) やや難 21分
【大問四】小説の読解(「説明記述」あり) 標準 22分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:75点

※本校は2018年度、「東大クラス選抜Ⅰ・Ⅱ」「難関大クラス選抜A・B」、計4回の試験が実施されたが、ここでは全て「東大クラス選抜Ⅰ」についての説明。尚、昨年度まであった「東大クラス選抜Ⅲ」は実施されていない(来年度の要項は2018年5月現在未発表なので要注意)。
「地理」「歴史」「公民」、全ての単元から出題される(「時事」はほんのわずか。2018年度は昨年度同様1問)。大問数は例年3題(本年度も同)。それぞれ3単元対応が基本。
全解答数は例年50程度だったが、ここ数年は40ほど(本年度は38)。単元別の配点比率は、「歴史」「地理」がともに4割前後で(本年度は40%と39%)。「公民」は2割ほど(本年度は19%)。
解答形式は、「リード文」や「単一テーマについての説明文」、「地図」「地形図」「統計資料」「年表」「歴史史料」「写真」等に関しての、「選択肢」、「事項(人名)記述」(「漢字指定」多し)、「説明記述」(例年数問。本年度は2問だが、新機軸の「自由説明記述」が出題されているので要注目)など。
本校の最大の特徴は、「選択肢設問」にある。「不適切」「組み合わせ」「複数完全解答」「整序」などが目まぐるしく混在している。よほど冷静に対処しないと混乱してしまう。「思考力・処理能力の高さ」と「高度なスピード能力」が求められる。試験時間は75点満点。40分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理(「世界地理」「自由説明記述」あり) やや難 18分
【大問2】歴史(「年代(位置)整序」「説明記述」あり) 標準 17分
【大問3】公民(「時事」1問あり) 5分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:75点

理科の4分野(物理、化学、生物、地学)のすべてから出題される。小学生の理科単元の資料を読解し、物事をしっかりと考える力が問われている。また、物理・化学分野では、高度な計算力も求められているので、演習量を確保しておきたい。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】物理分野(てこ) 生物分野(人体のしくみ) 12分
【大問2】化学分野(ものの溶け方 機体の性質) 12分
【大問3】生物分野(生物の分類 生命と環境) 8分
【大問4】地学分野(天候) 8分

中学受験専門プロ家庭教師が栄東中学校合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績を誇るリーダーズブレインが紹介する教師陣は、これまで多くの中学受験生を志望校合格に導いてきた中学受験専門のプロ教師に限定しています。プロたちは、積み重ねた指導経験から体得した入試問題分析力と、進学塾のカリキュラムに精通しているが故に導き出せる効率的な学習方法、そして豊富な合格実績に裏付けられた学習プランの策定力をもって「合格までの最短距離」を示します。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師陣

リーダーズブレインがプロと認定した教師陣は、プロ教師界でトップの実力を持つ選び抜かれたプロ家庭教師です。それは、トッププロ教師がプロを選び出す採用システムによって可能となります。30年以上にわたって構築し続けてきたトッププロ講師による妥協のない採用システムは、合格率約5%の厳しい採用基準となっています。また、この採用システムは、指導経験7年以上の現役プロ教師だけをエントリーの対象者としています。
リーダーズブレインは、皆様がプロ家庭教師に求めるクオリティをお届けいたします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

教師対談インタビュー -プロの視点で語る受験への取り組み方

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 栄東中学校
偏差値 2018予測偏差値(難関大A) 男57/女58(四谷大塚80%)・(東大Ⅰ)男61/女61(サピックス80%)
併願校 1月入試では浦和明の星中、2月は海城中早稲田中武蔵中女子学院中豊島岡女子中雙葉中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低55%はクリアしよう。出身塾別で見ると、日能研が多く、サピックス・四谷大塚・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 埼玉大・千葉大・東大を始めとした国立大に2割、早稲田大慶應義塾大上智大に6割、MARCHに7割が合格している。近年ではMARCHの伸びが止まり、国公立・早慶上智の実績が上がっている。
その他 中1から東大クラスと難関大クラスに分かれる。(成績によりクラスの移動が可能)中3からは医学部コースも設置される。高入生とは3年間別クラスとなる。
基本情報 所在地 〒337-0054 埼玉県さいたま市見沼区砂町2-77
最寄駅 JR「東大宮」徒歩8分
連絡先 ℡:048-666-9200
沿革 平成4年開校。
  • 栄東高等学校

  • 栄東中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ